【新関東リーグ2022・1部・最終節マッチハイライト】遂に最終節を迎えた1部リーグ。最後に笑うチームはどこだ!?

大田智輝

新関東リーグ2022・1部最終節は12/3,4の2日に分けて開催された。また、雷雨の影響で延期となった第6節早稲田大学HUMANFCvs早稲田大学稲穂キッカーズの試合は、12/5に開催された。

12/3 中央大学体同連フースバルクラブvs明治大学GroovyKids

立ち上がりから明治グルービーが押し込む展開となりPKを獲得。キッカーは明治グルービー6番稲田龍(4年=長崎南山)、一度は中央フースバル守護神1番小倉佑太(3年=中大横浜)が弾くも、こぼれ球を自ら詰めて、グルービーが先制。その後も明治グルービーペースで試合が進み、前半終了。
後半に入ると、明治グルービーがDFラインと相手GKの間に浮き玉のパスを出すと、中央フースバルが連携ミスによりOGをしてしまい、追加点を獲得。試合終了間際に中央フースバル44番磯辺光(2年=東福岡)のクロスに10番岡本共生(3年=東福岡)が合わせて、フースが一点返すもここで試合終了。

中央フースバル1-2明治グルービー

12/3 早稲田大学理工サッカー部vs早稲田大学稲穂キッカーズ

互いに優勝、残留がかかった絶対に負けられない一戦。立ち上がりから両者譲らない展開、互いに決定機を迎えることなく前半を終える、後半に入ると早稲田理工77番奥田大夢(2年=専修松戸)のサイド突破を中心に何度もチャンスを作るがなかなかゴールにつながらない。後半7分早稲田稲穂11番蔵田旺祐(3年=早稲田実業)がトラップミスを見逃さず、ペナルティエリア外から放ったロングシュートがゴールに吸い込まれ先制する。早稲田理工は最後まで相手の固い守備を崩すことができずそのままタイムアップ。早稲田稲穂は優勝に向け大きな勝ち点3を得て、早稲田理工は昇降格プレーオフで早稲田グスタと対戦することになった。

早稲田理工0-1早稲田稲穂

12/4 立教大学サッカー愛好会vs青山学院大学理工サッカー部

前半23分立教愛好会9番武井康樹(浜松市立)が右サイドを突破しマイナスに上げたクロスを10番高田悠生(3年=真岡)が合わせて先制点をあげる。後半15分立教愛好会23番上田翔太(2年=都立城東)の25mミドルシュートが決まり、2点のリードとなる。後半32分には立教愛好会77番高田舜(2年=駒込)のフリーキックを25番仲田一真(2年=神戸国際大附属)が頭で合わせ勝負を決める3点目を奪った。

立教愛好会3-0青山理工

12/4 早稲田大学HUMAN FCvs明治大学生田サッカー部蹴友会

互いにチャンスを作るも0-0のまま前半を終える。
後半10分早稲田ヒューマンPK獲得するも明治生田守護神山田大晴(3年=国士舘)がセーブ。後半34分早稲田ヒューマンDFの処理ミスを奪った明治生田59番水野真成(2年=検見川)がGKとの1対1を落ち着いて流し込み待望の先制点を奪った。なんとか優勝への望みを残そうと同点ゴールを狙う早稲田ヒューマンの猛攻に耐え凌ぎ試合終了。
勝利した明治生田は3位に浮上した。また勝ち点1差で2位につけていた早稲田ヒューマンが敗北したため、翌日の延期試合を前にして早稲田稲穂の優勝が確定した。

早稲田ヒューマン0-1明治生田

12/5早稲田大学稲穂キッカーズvs早稲田大学HUMAN FC(延期試合)

前日の試合結果により、2年連続優勝が決まった早稲田稲穂と、最終試合に勝利し引退を迎えたい早稲田ヒューマンの一戦。
雷雨で中断となった先週末の試合状況を引き継ぎ、早稲田ヒューマン1点リードで前半10分から試合開始となった。前半28分早稲田ヒューマン28番小山尚紀(2年=静岡学園)の右サイドからのコーナーに25番名古路立樹(2年=千種)がニアにで逸らし左サイドネットに突き刺した。後半早稲田稲穂の猛攻が続くも、早稲田ヒューマン守備陣の牙城を崩すことが出来ずこのまま試合終了となった。

早稲田稲穂0-2早稲田ヒューマン

最終節を終えた順位表

新関東リーグ2022 1部は早稲田稲穂の2連覇で幕を閉じた。優勝した早稲田稲穂は12/10同志社大学京田辺グラウンドにて関西王者同志社大学三つ葉キッカーズとの日本一決定戦に進む。
また、6位早稲田理工は12/21に早稲田FC GUSTAと入れ替え戦に挑む。そして、7位明治グルービーと8位青山理工は来季2部降格が決定した。

Written by

大田智輝

Tomoki.O

Keywords

Recommend

コラム 2019.04.24

【サークル × 体育会イベント】早稲田大学ア式蹴球部 須藤友介『サークルと体育会の見えない壁を壊す』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。先日公開させていただいたサークル側の立場からの気づきを綴った記事に引き続き、今回も「サークル × 体育会」イベ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.04.22

【チームの根vol.4】”同好会の黒子の中の黒子”中央大学サッカー同好会 長谷川拓(4年=日野台)

今年度で設立50年と深い歴史を誇る中央大学サッカー同好会(以下、同好会)。今回は、自他共に認める"ノリと勢い"のチームを陰で支え続けた、元副会長、長谷川 拓[留学中(時差13時間)]に焦点を当てた。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.06.03

【サッカー美女マネ特集vol.3】”イカした奴ら”から美女マネを紹介!

皆さんこんにちは!   美女マネ特集部です!   早速ですが、美女マネ特集を毎回見てくれてる方はこんな疑問をお持ちだと思います。   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.30

【新関東リーグ2022•2部Bブロックマッチハイライト】昇格に向けて勢いをつけるのはどのチームか!?

ついに始まった新関東リーグ! 昨年度2部に降格した中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)、早稲田大学GUSTA(以下:早稲田GUSTA)をはじめとして、大混戦が予想される2部リーグBブロック!!…

read more とーや Dしゅんぺい
コラム 2019.07.29

【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

約1年半ぶりにこの企画が復活します! “マネの想い” 大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在 また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。 様々なチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.02.22

【BMOM 140】橋爪健(1年=西武文理)中央フースバル、期待の新人エースが優勝の立役者に!

2/17(金)に日野陸上競技場で行われた中央大学学内戦の決勝戦はPKの末、中央大学体同連フースバル(以下:中央大学フース)が中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)に勝利し、中央大学No.1の栄光を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM2]FW大場駿(4年) 稲穂のインザーギ大場が2ゴールに絡む大活躍

稲穂のインザーギ 大場 第4節、勝ち点9の首位稲穂は勝ち点7と2位につけているフースバルとの天王山に2-0で勝利した。この大事な一戦でFWの97番大場 駿(4年=横河武蔵野Y)は、決勝点となる先制点…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.06

【新関東リーグ2021・1部第5節マッチハイライト】新関東リーグも遂に折り返し。勝ち点を積み上げ、優勝に近づいたチームはどこだ!?

10月16日(土)に開幕した2021年の新関東リーグも第5節で折り返しを迎え、目が離せない稀に見る大混戦となっている。   11月6日(土)、鹿島ハイツで行われた新関東リーグ第5節の結果…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-