【新関東リーグ2017・1部最終節】スーパールーキーの劇的同点弾!王者早稲田稲穂が前人未到の三冠を成し遂げ、無敗でリーグ連覇を達成!!

古平 翔太

RESULTS

新関東リーグ1部・最終節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
青山学院大学
理工サッカー部

新関東リーグ2017も大詰めを迎えた最終節第一試合。引き分け以上で新関東リーグ連覇が決まる早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)。対するは、優勝の可能性はないものの引き分け以上で自力残留を確定させる青山学院大学理工サッカー部(以下:青山理工)。

8499dc78-8ad1-43b9-aea7-abeb296fb821

早稲田稲穂スタメン

3a98bf47-39da-4ef7-8101-310b0b4e38c1

青山理工スタメン

前半

青山理工は普段通りキーパーと両センタバークの3枚から丁寧にボールを繋いでいく。
しかし、早稲田稲穂の強力なディフェンスラインの前で効果的な縦パスを入れることはなかなかできない。

5分、早稲田稲穂が青山理工のパス回しをカットし92番中島(1年=早稲田本庄)がお得意の個人技でペナルティエリアへ侵入し、左足でファーストシュートを放つ。
早稲田稲穂はこの日も伝家の宝刀である切れ味抜群の速攻を披露し、青山理工ゴールを襲う。

すかさず青山理工も速攻で応戦。
7番古林(3年=狛江)のアウトサイドパスに11番田中(3年=都立駒場)が抜け出し、決定的な場面を迎えるかと思われたがここは4番末永(3年=都立駒場)が必死のスライディングでこのピンチを阻止する。
お互いにゴールへシンプルに向かうスピーディーな攻撃でチャンスを作り出す。

18分、早稲田稲穂が青山理工の心臓部である26番土佐林(2年=八千代)を前線の3人で囲みボールを奪取。
44番景山(2年=桐蔭)が巧みなステップから左足でクロスを入れ、選手が交錯し溢れたところを5番朴(3年=都立駒場)がフリーで左足ボレーシュートを放つも、これは青山理工キーパー3番大森(1年=岡山学芸館)が横っ飛びでキャッチし、得点は割らせない。

立て続けに早稲田稲穂にチャンスが訪れる。
青山理工がロングボールの処理を誤ったところを92番中島が掻っさらう。
キーパーと一対一を迎えるも力んだシュートはゴール上へふかしてしまい先制とはならなかった。

その後、青山理工も俊敏な動きでマークを外した7番古林がヘディングシュートを放つも、終始早稲田稲穂の圧倒的なハイプレスに苦しみ自慢のパスワークを発揮できず。
リーグ連覇をかけた早稲田稲穂がそのハイプレスとロングボールで青山理工を圧倒した前半であった。

後半

前半とは打って変わって後半は青山理工がペースを握る。
ハイプレスに苦しみ前半は前をなかなか向かせてもらえなかった64番亦野(3年=八千代)が左サイドでうまくタメを作り、チャンスまで持っていく。
そこへ前半からいい動きを続けていた7番古林が飛び込むも決定的な場面まで至らず。

スコアレスで試合が進み、徐々にフラストレーションが溜まってきた早稲田稲穂は前線の選手たちがファールを連発。
自ら流れを悪くしてしまった早稲田稲穂を再び7番古林が襲う。
10番高橋(3年=國學院久我山)の絶妙なスルーパスに抜け出しシュートまで持っていくも、またも闘将末永が必至に足を伸ばしゴールを割らせない。

そして、22分遂に均衡が破れる。
青山理工がペナルティエリア左で華麗なダイレクトパス。
ワンタッチプレーの連続から11番田中がまた抜きスルーパスを繰り出し、絶妙なタイミングで飛び出した7番古林へ。
古林はこれを落ち着いてゴールへ流し込み、待望の先制点を挙げる。
この試合再三チャンスを作り出した小さな巨人が大きな仕事をやってのけ、早稲田稲穂を窮地に陥れる。

負ければリーグ連覇が消滅する可能性のある早稲田稲穂は、前節の立教愛好会戦と同様に4番末永を前線に残し必死のパワープレー。
ここでは終わらないのが絶対王者、早稲田稲穂だ。
10番長瀬(3年=國學院久我山)と4番末永のパス交換から92番中島へ。
これを受けた中島は振り向きざまに右足を一閃。
再三チームを救ってきたスーパールーキーの強烈な1発は、ゴール右隅に突き刺さり起死回生の同点ゴール。

終盤青山理工が必死の猛攻を仕掛けるも、早稲田稲穂の強力守備陣は崩せずタイムアップ。
前線にスター選手を多く抱えながらも、全員が70分間欠かすことなくハイプレスをし続けた早稲田稲穂。
その献身的な姿勢とスーパースターの劇的なゴールで今年も無敗で新関東リーグを制し、前人未到の三冠(新関東カップ、マガジン杯、新関東リーグ)を成し遂げた。
一方、試合終盤で惜しくも追いつかれた青山理工であったが、試合終了後、キャプテン亦野が「優勝おめでとう」と悔しさを堪え相手チームを称える姿には心を打たれた。
このリーグ戦を通して選手たちは、”単なる勝ち負けだけではない大切な何か”を得ることができたのではないだろうか。

早稲田大学
稲穂キッカーズの詳細を見る
青山学院大学
理工サッカー部の詳細を見る

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

試合情報 2018.06.14

【関西同好会トーナメント2018 決勝戦】 激闘の決勝戦!龍谷キッカーズが前回大会準優勝の関大TRIOSをPKの末下し初優勝!!

関西同好会トーナメント2018 決勝戦

龍谷大学
龍谷キッカーズ
1-1
関西大学
FC. TRIOS
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント2018 決勝戦

龍谷大学
龍谷キッカーズ
1-1
関西大学
FC. TRIOS
試合情報 2019.05.31

【新関東カップ2019・3回戦】炎天下の中行われた好ゲームは慶應リコタイが競り勝つ。

練習試合

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more 狩野幹太郎

練習試合

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2016.10.24

【新関東FL1部第2節第1試合】 中央フースバルvs立教愛好会は激しい打ち合いをするも引き分け!

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】主力の負傷退場がありながらもチーム全体で盛り上げた明治ESPERANZAが混戦をものにする。

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
Sunday S.C.
0-1
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
Sunday S.C.
0-1
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2019.05.14

【稲穂フェスタ2019・決勝】主催チームの意地!空中戦から主導権を握った稲穂がカップ戦にむけて弾みをつける!

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 齋藤優

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.11.18

【関西同好会リーグ1部第6節】関西TRIOSが優勝へ望みをつなぐ

関西同好会リーグ1部第6節

関西大学
FC. TRIOS
2-0
京都大学
青城サッカークラブ
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第6節

関西大学
FC. TRIOS
2-0
京都大学
青城サッカークラブ
試合情報 2020.02.21

【中央大学学内戦2020決勝】令和初の因縁の対決!フースバルVSサッカー同好会、因縁の対決はPK戦へ!

中央大学学内戦決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
中央大学
サッカー同好会
read more 小川雄矢

中央大学学内戦決勝

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2018.10.23

【新関東リーグ2018 1部 第3節】ポゼッションvsロングボール 開幕未だ未勝利の両チームの試合の運命は!?

新関東リーグ2018 1 部・第3節

青山学院大学
理工サッカー部
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018 1 部・第3節

青山学院大学
理工サッカー部
1-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2018.10.24

【アットホームカップ2018 決勝】新関東1部・2部狩りをし続けてきた両チーム注目の一戦!

アットホームカップ

中央大学
MAPLE
0-0
東洋大学 FCゆな
read more 三木大輔

アットホームカップ

中央大学
MAPLE
0-0
東洋大学 FCゆな
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】最後はキーパーの独壇場で理科大Ⅱ部がPK戦を制す!

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

東京理科大学
II部体育会蹴球部
0-0
千葉大学
サッカー同好会

-PICKUP CIRCLE-