【新関東カップ2019 決勝】七夕の決勝戦を制したのは立教愛好会!

遠藤瞭介

RESULTS

新関東カップ2019 決勝

青山学院大学
理工サッカー部
0-1
立教大学
サッカー愛好会

7月7日(日)、埼玉スタジアム2○○2第4グラウンドにて新関東カップ2019の決勝戦が行われた。

優勝の栄冠を懸け戦ったのは昨年の王者、中央大学フースバルクラブを破った青山学院大学理工サッカー部(以下、青山理工)と、毎年コンスタントに結果を残し続ける新関東屈指の強豪、立教大学サッカー愛好会(以下、立教愛好会)だ。

%e9%9d%92%e7%90%86%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a1%e3%83%b3

(青山理工スタメン)

%e7%ab%8b%e6%84%9b%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a1%e3%83%b3

(立教愛好会スタメン)

当日はあいにくの雨、そして時折強風が吹きつけるような悪天候ではあったが、令和最初の王者を決める一戦の幕が上がった。

前半

立教愛好会ボールでキックオフ

立ち上がりは両チームとも激しいプレッシングで主導権を奪い合う。
青山理工は立て続けにFKを獲得し、セットプレーでゴールに迫る。
対する立教愛好会はセットプレーを弾き返した後のカウンターでチャンスを伺う。

6分、立教愛好会は右サイドで10番山本彩斗(3年=ヴィッセル神戸)から4番岡田(3年=新島)へと繋いでクロス。流れたボールを拾った23番岡村(2年=藤枝東)がゴールライン付近まで切り込んで折り返すが惜しくもクリアされる。
続けて7分、青山理工のセットプレーを防いでカウンターを発動。左サイドを抜け出した24番清水(2年=八千代)がクロスを供給するも合わない。
更に9分、右からのCKをファーで5番後藤(3年=八千代)がヘディングシュート。弾かれたボールを自ら再びシュートするもバーの上に外れる。

決まらないもののゴールの匂いが漂う立教愛好会は徐々にポゼッションを高めていく。
しかし青山理工もしっかりDFラインをコントロールし好きにさせない。
スピーディーな展開が続く中、ついに均衡が破れる。

18分、クリアボールを拾った立教愛好会8番石井(3年=日大習志野)が左サイドを駆け上がる23番岡村に捌く。勢いに乗ってドリブルを開始しキレのある切り返しからグラウンダーのクロスを上げる。そこに走り込んだ11番赤間(3年=八千代)が右足で完璧に合わせ先制点を奪取。立教愛好会ベンチが歓喜に沸いた。

しかし、青山理工も黙ってはいない。

26分、10番堀(3年=希望ヶ丘)のフィードに9番内田(3年=日野台)が左サイドを抜け出してマイナスに折り返し、待ち構えていた4番木越(4年=東北学院)がシュートを放つ。
29分、大きなサイドチェンジから右サイドを駆け上がった5番高橋(3年=淑徳)がクロス。精度の高いこのボールに再び4番木越が合わせるがここは立教愛好会GK85番山本浩也(3年=東大和南)がビッグセーブ。ゴールに鍵をかける。
ここから青山理工は立て続けにCKを獲得し攻め立てるが、ゴールを割ることはできない。

立教愛好会が1点リードで前半終了。

後半

青山理工ボールでキックオフ

最初のシュートは立教愛好会。
3分、10番山本(彩)が遠めから積極的にシュートを放つ。
後半はこの男が立教愛好会の攻撃を牽引していた。
続く4分、左サイドでボールをカットしそのまま自分で持ち込んでシュート。これは右に外れるが存分に怖さを見せていた。

なんとしても同点に追いつきたい青山理工は10分、10番堀が左サイドを抜け出して折り返したボールがDFにリフレクトしてゴールへ。しかしここも85番山本(浩)が素早い反応を見せてセーブする。
さらに15分、今度は右サイドを15番望月(1年=杉並FC)が抜け出してクロスを試みるがここはDFが2人がかりでブロック。高い集中力で決定機を作らせない。
青山理工最大のチャンスは19分、左サイドから攻め立てこぼれたボールがペナルティエリア中央に構えていた5番高橋に渡る。フリーでシュートを放つも力んだのかバーの上へ外れてしまう。ゴール裏の観客席からも思わず声が漏れる。

青山理工が押す展開が続くが、立教愛好会は高い集中力でゴールを死守。さらに攻撃陣もポゼッションを試みる青山理工DFラインに積極的にプレッシャーをかけに行く。

30分、立教愛好会はFKからのカウンターで10番山本(彩)が抜け出しGKと一対一。これは左に外れダメ押しとはならなかった。

このまま試合は終了し0-1で立教愛好会が優勝を勝ち取った。

両チーム共に集中力がとても高く、全員がハードワークしていた非常に良い試合だった。
どちらが勝ってもおかしくない内容だったが、誰かが短冊に書いたであろう「立教愛好会の優勝」という願いが、もしかすると叶ったのかもしれない。
令和最初の栄冠は、立教愛好会の手に渡った。
新関東カップの歴史に新たな1ページが刻まれたのだ。

%e7%ab%8b%e6%84%9b%e6%ad%93%e5%96%9c

青山学院大学
理工サッカー部の詳細を見る
立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る

Written by

遠藤瞭介

r.endo

Keywords

Recommend

試合情報 2018.10.30

【新関東リーグ2018 1部・第4節】波崎に応援歌が鳴り響いた!早稲田稲穂vs立教愛好会 伝統の対決はいかに?

新関東リーグ2018 1部・第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-2
立教大学
サッカー愛好会
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2018 1部・第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】日大理工が前線のフィジカルを活かして東大駒場を退ける。

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
試合情報 2016.11.29

【全国大学同好会サッカー選手権大会】法政学団連が劇的な決勝点で準決勝進出を決める!

全国大学同好会サッカー選手権大会予選リーグ

法政大学
学団連サッカー部
1-0
京都産業大学
ONZE
read more BeYonD 編集部

全国大学同好会サッカー選手権大会予選リーグ

法政大学
学団連サッカー部
1-0
京都産業大学
ONZE
試合情報 2017.02.08

【新人戦2年生大会・決勝】慶應リコタイが圧倒的な力を見せ、頂点へ

新人戦2年生大会 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
3-0
法政大学 Irish
read more 古平 翔太

新人戦2年生大会 決勝

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
3-0
法政大学 Irish
試合情報 2017.10.29

【新関東リーグ2017・1部第3節】マガジン杯決勝の再戦!勝つのは王者稲穂か?3連勝を狙う明治体同連か?

新関東リーグ2017・1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-1
明治大学
体同連サッカー部
read more 大塚朝史

新関東リーグ2017・1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-1
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.11.12

【新関東1部第6節】絶好調のHUMANが競り勝つ

新関東1部第6節

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-1
立教大学
サッカー愛好会
read more 浅川大樹

新関東1部第6節

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.05.27

【新関東カップ2017 4回戦】前年度王者に死角なし!圧倒的な個の能力を披露した稲穂キッカーズが連覇に向け好発進!

新関東カップ2017 4回戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
日本大学
法学部サッカー部
read more 古平 翔太

新関東カップ2017 4回戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
4-0
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】早稲田稲穂と明治体同連の激闘は稲穂に軍配!!

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2019.05.14

【稲穂フェスタ2019・決勝】主催チームの意地!空中戦から主導権を握った稲穂がカップ戦にむけて弾みをつける!

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 齋藤優

稲穂フェスタ2019決勝戦

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.06.02

【新関東カップ2017 4回戦】日大理工が粘るも立教愛好会が1部の貫録を見せつけ4回戦突破!

新関東カップ2017 4回戦

日本大学
理工学部サッカー部
1-4
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 4回戦

日本大学
理工学部サッカー部
1-4
立教大学
サッカー愛好会

-PICKUP CIRCLE-