【Premier Cup EAST in波崎】中央同好会が無失点で優勝!50期初タイトルを獲得!

BeYonD 編集部

RESULTS

Premier Cup EAST決勝戦

中央大学
サッカー同好会
3-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部

【Premier Cup EAST in波崎 決勝戦】
中央大学サッカー同好会A 3-0 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部A

スポーツマネジメント株式会社が主催する「Premier Cup EAST in波崎」条件を満たした強豪チームのみしか参加できない今大会。予選からハイレベルな戦いが繰り広げられた。また、各チーム世代交代をして、現2年生が中心の新チームで挑む初の大会でもあり、2016-2017シーズンに向け、力試しとも位置付けられる大会であった。
そんな中、決勝まで勝ち上がってきたのは、予選リーグと準々決勝・準決勝と全5試合を無失点に抑え、50期が新チームを引っ張る「中央大学サッカー同好会A」
対するは、法政大学学団連サッカー部・明治大学生田サッカー蹴友会A、中央大学体同連フースバルクラブAがいる、”死のグループ”と称された予選リーグ第6グループを1位突破し、波に乗る「慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部A」が激突。

前半

試合開始から10分間は、両者共に中盤で激しい戦いを繰り広げ、互いに一歩も譲らない時間が続く。 拮抗した状態が続き、迎えた前半16分、 中央同好会11番稲積(2年=中央杉並)が中盤から右サイドへ絶妙なスルーパスを供給。サイドを駆け上がった0番臼田(2年=多摩大目黒)のクロスは慶應リコタイDF陣に阻まれゴールラインを割り、中央同好会が右コーナーキック獲得。 コーナーに走りこんだ、臼田が頭一つ抜け出す高さからヘディング。 ボールは地面に叩きつけられると、GK草柳(2年=時習館)の手をかすめ、ゴール左隅へ。そこにいたリコタイDFがブロックするもこれはゴールインの判定。中央同好会が先制する。
その後、慶應リコタイも79番舘野(1年=下妻一)や10番蓮池(2年=錦城)を中心に丁寧にボールを繋ぎ、反撃に出るも粘り強い中央DFにブロックされてしまう。
前半23分、やや左寄りの位置で中央同好会がFKを獲得。 そのFKからペナルティエリア内の混戦に放り込まれたボールは、中央同好会55番身長185cmの白土(1年=中大杉並)が頭で合わせ。中央同好会が追加点を上げ2-0とする。慶應リコタイは、終了間際に失点を許してしまい、苦しい状況で前半を折り返す。

15578241_1329375023800467_1336563540640936010_o

後半

後半スタート直後の1分。慶應リコタイ蓮池のスルーパスに反応した、舘野がゴールするもこれはオフサイドの判定。
そのわずか4分後。スルーパスから抜け出した慶應リコタイ9番白石(2年=鎌倉学園)が強烈な右足シュートを放つも、ここまで全試合無失点のGK渡辺(2年=多摩大目黒)の正面。
後半から慶應リコタイが徐々に押し込む。しかし、中央同好会も粘り強く跳ね返し続けるという時間帯が続く。
後半10分。慶應リコタイGK草柳が飛び出した後の無人のゴールに中央同好会77番佐伯(2年=福岡舞鶴)がこぼれ球を拾いシュートを放つ。3点目かと思われるシーンだった、ここは慶應リコタイキャプテン5番井黒(2年=渋谷幕張)が体を投げ出しスーパーセーブ。このセーブを契機に 慶應リコタイが盛り返すかと思われたが、後半15分。中央同好会7番寺田(2年=桐蔭)がミドルレンジから思い切り右足一閃。ボールは慶應リコタイGK草柳の脇を抜け、ゴールへ吸い込まれる。中央同好会がダメ押しの3点目を入れる。
その後、試合は大きく動かず、大会無失点の自慢のディフェンスラインを中心に、中央同好会が3得点を守りきり試合終了。3-0と完封勝利を収めた。

 

15591578_1329374537133849_727870939205622179_o

強豪ひしめくPremier Cupを制したのは、中央大学サッカー同好会となった。キャプテン山本(2年=桐蔭)は今大会を振り返り、「まずチーム全員で掴んだ優勝だと思います。大会を通して全試合無失点というのがチーム力を表していると思います。新チーム始まってまだ間もないですが、結果が出たことで自信にも繋がりました。また、B.Cの選手も全力で応援してくれて、中大同好会らしさが感じられた大会でした」と語った。
そして、今後について、「チームとしての目標はあくまで一部昇格です。これからは驕らず謙虚に目の前の試合に勝ち続けたいです」と気を引き締めた。
中央同好会は50期の節目をPremier Cup優勝という最高のスタート。この勢いのまま中央大学学内戦も制覇することができるのか。
また、各大学の新チームの今後に注目していきたい。

中央大学
サッカー同好会の詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.10.30

【新関東リーグ2017・1部第3節】落とせない明治生田と再び波に乗りたい青山理工は勝ち点1を分け合う

新関東リーグ2017・1部第3節

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
read more 澤田結人

新関東リーグ2017・1部第3節

明治大学
生田サッカー部蹴友会
1-1
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2019.06.09

【新関東カップ2019・準々決勝】激戦必須!勢いに乗るチーム同士の対決を制したのは?

新関東カップ2019

青山学院大学
理工サッカー部
2-1
法政大学
工体連サッカー部
read more 丸山椋大

新関東カップ2019

青山学院大学
理工サッカー部
2-1
法政大学
工体連サッカー部
試合情報 2020.11.12

【新関東リーグ2020・1部第3節】連覇を狙うオレンジ軍団が無傷の3連勝!!

新関東リーグ2020・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 大田智輝

新関東リーグ2020・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】早稲田稲穂と明治体同連の激闘は稲穂に軍配!!

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2019.12.07

【新関東リーグ2019・昇格プレーオフ決勝】今シーズン最後のゲームを制した、早稲田大学HUMAN F.C.が1部復帰を決める!

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA
read more 丸山椋大

新関東リーグ2019昇格プレーオフ決勝

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-0
明治大学
ESPERANZA
試合情報 2016.12.01

【全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦】中央フースバルが全国制覇で30thの有終の美を飾る!

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
read more BeYonD 編集部

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
試合情報 2018.10.18

【新関東リーグ2018 2部A・第1節】緊張の初戦はお互いの持ち味出し合う好ゲームに!!

新関東リーグ2018 2部A・第1節

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
明治大学
Groovy kids
read more 落合陸

新関東リーグ2018 2部A・第1節

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
明治大学
Groovy kids
試合情報 2017.10.15

【新関東リーグ2017・1部第1節】第1節きっての好カード!王者稲穂に強豪フースが挑む!!

新関東リーグ2017・1部第1節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 大塚朝史

新関東リーグ2017・1部第1節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2016.10.21

【関東同好会トレセン】体育会相手に先制するも逆転負け。リーダー不在が課題か

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
read more 斉藤 耕兵

関東同好会トレセン2016強化試合

関東同好会トレセン
1-3
東京国際大学
体育会サッカー部
試合情報 2018.12.13

【東西対抗戦2018】関東王者VS関西王者 日本一はどちらの手に⁈

東西対抗戦2018

中央大学
体同連フースバルクラブ
4-2
京都産業大学
ONZE
read more 小川雄矢

東西対抗戦2018

中央大学
体同連フースバルクラブ
4-2
京都産業大学
ONZE

-PICKUP CIRCLE-