【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

BeYonD 編集部

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった
前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連を完封勝ちで交わしたグルービーCが、小気味良いパスワークと運動量で華麗に交わしていく。

試合序盤に重戦車小田島(3年=國學院久我山)が左サイドのドリブル突破から先制点を沈めるとその後も前半のうちに、87番中司、7番山本(共に3年=國學院久我山)がゴールを奪い、久我山トリオのゴールでグルービーBを万事休すへ追い込む。

後半へ入っても危なげない試合展開で相手を寄せ付けず、そのまま3-0で同チーム対決を制し、3年ぶりの明治王座に返り咲いた。

この試合のBMOMとして選んだのは、決勝点を決めたエース小田島ではなく、追加点を決めた中司、山本でもなく、
主将としてチームをまとめ上げたMF 40番竹井(3年=水戸商)だ。

img_0056

近年の不安定な成績の中で、昨年の好成績を引き継ぐプレッシャーは小さいものではないが、
先の新関東カップで準優勝、学内戦ではグルービーから2チームを決勝戦に進出させるという結果を出した。

まずは大会を通じて、チームの成長が一番大きかったと竹井は語った。
「大会を通じて、守備面が大きく成長したと思う。そこが勝利の1番の要因です」

実際に予選リーグでは歯車が噛み合わず危うい場面が多かったが、準決勝、決勝では相手の攻撃を封殺し、結果チームは大会無失点優勝を成し遂げた。
「準決勝では相手にハプニングもあったんですけど、まぁうまくいい感じにやれました。決勝は、やりづらかったですけど、グルービーでやれてとにかく楽しかったです。それに尽きます」

続いて自身のプレーについて振り返ってもらうと「本当に周りに助けてもらってばかりでした」と、謙虚に語った。

彼のプレーは華麗なドリブルや、強烈なシュートなど目立つプレーでは決してなかった。
しかし、正確なファーストタッチと確かなパスセンス、広い視野を存分に活かし、チーム全体に落ち着きとリズムを与え、常にチームの中央に君臨した。ディフェンスからの楔となり、確実に周りの選手にボールを散らして、攻撃のスタートとなる姿は我々が思い描く“THE ボランチ”ではないだろうか。

最後に今後の目標を語ってもらった。「取り敢えず今後一か月休養します」
そして、「その後はアットホームカップ、リーグ戦とタイトル総ナメします。稲穂さん、アットホームカップいなくて残念です。優勝させてもらいます」と、自信満々に語った。

img_0057

今回のインタビューを通じて、竹井の甘いマスクに騙されていたが、非常に口下手であることが発覚した。
試合中も大きな声でチームを鼓舞するタイプではなかったが、堅実なプレーでチームを率いた。
静かなキャプテンとして残りのビックタイトルに向けて、サークル界の勢力図をひっくり返すチームを作り上げることができるのか。

今後の竹井の活躍に大きく期待だ。

明治大学 Groovy kidsのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.31

【BMOM48】大寺泰楽(2年=滝川)”早理の起爆剤”が勝利を手繰り寄せる!!

5月27日新関東カップ2017  3回戦、早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)は2部上位枠として3回戦から参戦した慶應キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)と対戦した。 ”早…

read more 高橋佑輔
コラム 2023.10.09

サッカーマガジンカップ オープン大会2023 大会総括

9月8日から12日にかけて行われた『第41回サッカーマガジンカップ オープン大会 2023(以下:マガハイ)』は中央大学サッカー同好会A(以下:中央サカ同)の優勝で幕を閉じた。 株式会社毎日コム…

read more 柴田尋生
コラム 2023.05.28

【マネの想いvol.7】”「楽しむこと」を1番に”

本当に久しぶりの更新となりました!第7弾マネの想いを語ってくれたのは、学内戦、稲穂カップ連覇と勢いが止まらない 中央大学サッカー同好会 3年 竹中莉夏さん ー中央大学サッカー同好…

read more 五石有以子
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.04.01

【フットサル新歓記事vol.4】早稲田大学編(足猿キッカーズ、小手指FC、The Words、FC FALTA)

フットサルでも大好評の新歓企画! 満を持して紹介するのは、サッカー同様フットサルでも最多数を誇る「早稲田大学」です!! 早稲田大学からはFFCカレッジフットサルリーグに計4チーム参入しています…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.28

【BMOM126】菅原弦人(2年=駒澤大高) 快速ストライカーが攻守に渡って躍動!!

5月19日(日)矢田部サッカー場で行われた新関東カップ2回戦、中央大学サッカー同好会(以下、中大サカ同)と駒澤大学サッカー同好会(以下、駒澤サカ同)の一戦が行われた。 前評判では先日の稲穂フェスタで…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-