【マガハイビヨンド企画】人気ユニ総選挙結果発表!

関谷 朱音

2023年9月8日から9月12日まで、長野県菅平高原にて第41回サッカーマガジンカップが開催されました。

まず、参加した選手・マネージャーの皆さん本当にお疲れ様でした✨

5日間という日程の中で、サッカーだけでなく様々な行動を共にし、チームの絆がより一層深まったことかと思います。

さて、BeYonD編集部ではこのマガハイ期間を利用し、「サークル人気ユニ総選挙企画」を行いました!

各サークルどういった部分にこだわりを持ってユニを作ったのか、推しポイントと共に企画を行いました。

今回は、その投票結果上位5チームを発表したいと思います!

 

第1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

54票(25.1%)

投票数の4分の1を占め、圧倒的な票数で1位に輝いたのは慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

黒に金色の文字で強いリコタイをあらわしているこのユニは、他チームから見ても「色の組み合わせがかっこいい」「デザインもシンプルなのに存在感がある」と多くの票を集めました✨中には、「ユニの色に使われる黒は王者のような威圧感を示し、黄色は百獣の王、ライオンを想像させる。そう、まさにそのようなチームの代名詞がリコタイである。」というコメントもあり、まさにリコタイを象徴させるユニホームが見事1位に輝きました!

 

第2位 早稲田大学HUMAN F.C/立教大学サッカー愛好会

32票(14.8%)

続いて、同率2位の票を集めたのは早稲田大学HUMAN F.C立教大学サッカー愛好会

どちらも新関東リーグ1部に所属する強豪チームで、チームメンバーの多さからも2位という票数を集めました✨

HUMAN F.Cにユニホームの特徴は、昨年の蛍光ユニとは大きく印象を変えた紺のホームユニです!去年と同様、沢山の人の印象に残るように全身1色で統一されています☺︎ また、HUMANのユニは代々先輩と色が被らないようにしていて、その中でプレマネみんなに似合う青が選ばれました🔷Ⓜ️🔵 細かい模様が入っていたり、字がゴールドだったりかっこいいデザインになっています!

例年と違って新しいHUMANな感じがする」「ヴァンフォーレ甲府に似ていたから」という意見などから、多くの票を獲得しました⚽️

 

立教大学サッカー愛好会のユニは、黒をベースに赤色が入ってるところがポイントです! 今までの立愛は黒ユニがなかったので、過去と被らないよう新しい色に挑戦しました! みんなで並ぶと一体感があり強そうですよね?! 今年はこのユニを来て一致団結しています!

1位の慶應リコタイと同様、黒ユニがかっこいいと多くの票を集めました!同チームは大会を通してベスト4という好成績を収めており、一体感のあるユニがピッチでも輝いていました💫

 

第4位 中央大学体同連フースバルクラブ

26票(12%)

4位にランクインしたのは、中央大学体同連フースバルクラブ。

フランス代表をイメージした紺白赤のトリコロールカラーを採用しており、フォントカラーには特注ゴールドを使用。パンツにもロゴを入れ、実際のフランス代表と同じフォントも使うなど、細部にもこだわり尽くしたユニホーム。 今シーズン、全国のサッカーサークルの中で1番かっこいいと言われるほど最高にcoolなデザインとなっております。このスタイリッシュでイケてるユニフォームを着たくて入った1年生もたくさんいるらしいです!

細部までこだわり抜いて作られた中央大学フースバルのユニホーム。「他チームで着られるユニがあるなら、絶対フースのユニです」「エムバペになれそう」などと、そのデザインに多くの票が集まりました🇫🇷

 

 

第5位 慶應義塾大学キッカーズ

25票(11.6%)

4位と僅か1票差で5位にランクインしたのが、慶應義塾大学キッカーズ!

慶應キッカーズは、隔年での青と白のユニホームが伝統でしたが、今年はその伝統を大幅に変え、ブラジル代表を彷彿とさせる黄色ユニが特徴でした🇧🇷

実際、「ブラジル代表に似ていて目を引いた」「色合いが目立つため」などの理由が多く、ピッチにいても大きく目立つ新たなキッカーズのユニホームに注目が集まりました!

 

 

いかがでしたか?ユニホームは各チーム毎にこだわりやデザインも全く異なり、見ているだけでもそれぞれのチームのカラーを感じることができて面白いですよね!

今回の企画を行うにあたり、情報提供に協力してくれた各サークルのマネージャーの方々、投票してくれた皆さんに改めて感謝いたします。

BeYonDでは、これからもこうした企画を行いたいと考えています!乞うご期待を!

 

 

 

 

 

 

慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部のチームページ 早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ 慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ

Written by

関谷 朱音

akane

Keywords

Recommend

コラム 2019.04.15

【選考直結!?面接対策!?】4月24日就活イベント開催決定!

  こんにちは!   就活解禁から1ヶ月が過ぎました、、、 みなさん、いかがお過ごしでしょうか   人によっては、内定を貰い就活の終盤を迎…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.14

【BeYonD History vol.4】頼れる前会長、小川雄矢

BeYonD History一年ぶりの復活です!! BeYonD History vol.1とBeYonD History vol.2、 BeYonD History vol.3もぜひ見てみて…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.06

新人戦2年生大会 予選ダイジェスト「第5グループ〜第7グループ」

第5グループ 1位通過をしたのは勝ち点4の慶應義塾大学リコタイ無駄な人生選抜。2位通過は同じく勝ち点4の明治大学生田サッカー部蹴友会。3位は中央大学MAPLE。グループ5の1位2位はイエロー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.13

【チーム特集】早稲田大学 A.C.Campione

今回は【インスタ企画 良い写いいね大会】において、 見事1099いいねを獲得して第3グループ優勝を果たした「早稲田大学AC.Campione」に独占インタビューを行いました! キラ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.20

【新関東カップ2018MVP】選ばれたのはこの男…!?

例年の新関東カップは早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が三連覇を果たしていて、今年も早稲田稲穂が四連覇目を果たすかと思われていた。 この前人未到の四連覇を打ち壊し、優勝したのが中央大学体同連フ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.31

【新入生必見!同好会チームガイドvol.6】明治大学編その2

今回は明治大学の続編です! 前編の4チームとはまた違った雰囲気を持つ4チームを取り上げていきます 明治大学の新入生は是非、このチームガイドを参考に、1つでも多くの新歓に足を運んでほしいと思います!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.24

【BMOM27】藤林拓哉(2年=比叡山) とにかく明るい藤林が圧倒的な活躍でHUMAN F.Cを早稲田の頂点に導く

早稲田大学学内戦決勝戦では、圧倒的な得点力で勝ち上がってきたHUMAN F.Cと、優勝候補である稲穂キッカーズを準決勝で倒した早稲田理工サッカー部が相見えた。   この決勝戦でも…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.08.30

【9月27日(金)開催】BeYonD’ Dining サッカーサークル限定就活meet up!!

みなさんこんにちは!   夏はいかがお過ごしでしょうか?   海、BBQ、旅行、飲み会など夏を最高に満喫するとともに、来るマガジン杯・リーグ戦に向けてモチベ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-