【マガハイビヨンド企画】人気ユニ総選挙結果発表!

関谷 朱音

2023年9月8日から9月12日まで、長野県菅平高原にて第41回サッカーマガジンカップが開催されました。

まず、参加した選手・マネージャーの皆さん本当にお疲れ様でした✨

5日間という日程の中で、サッカーだけでなく様々な行動を共にし、チームの絆がより一層深まったことかと思います。

さて、BeYonD編集部ではこのマガハイ期間を利用し、「サークル人気ユニ総選挙企画」を行いました!

各サークルどういった部分にこだわりを持ってユニを作ったのか、推しポイントと共に企画を行いました。

今回は、その投票結果上位5チームを発表したいと思います!

 

第1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

54票(25.1%)

投票数の4分の1を占め、圧倒的な票数で1位に輝いたのは慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

黒に金色の文字で強いリコタイをあらわしているこのユニは、他チームから見ても「色の組み合わせがかっこいい」「デザインもシンプルなのに存在感がある」と多くの票を集めました✨中には、「ユニの色に使われる黒は王者のような威圧感を示し、黄色は百獣の王、ライオンを想像させる。そう、まさにそのようなチームの代名詞がリコタイである。」というコメントもあり、まさにリコタイを象徴させるユニホームが見事1位に輝きました!

 

第2位 早稲田大学HUMAN F.C/立教大学サッカー愛好会

32票(14.8%)

続いて、同率2位の票を集めたのは早稲田大学HUMAN F.C立教大学サッカー愛好会

どちらも新関東リーグ1部に所属する強豪チームで、チームメンバーの多さからも2位という票数を集めました✨

HUMAN F.Cにユニホームの特徴は、昨年の蛍光ユニとは大きく印象を変えた紺のホームユニです!去年と同様、沢山の人の印象に残るように全身1色で統一されています☺︎ また、HUMANのユニは代々先輩と色が被らないようにしていて、その中でプレマネみんなに似合う青が選ばれました🔷Ⓜ️🔵 細かい模様が入っていたり、字がゴールドだったりかっこいいデザインになっています!

例年と違って新しいHUMANな感じがする」「ヴァンフォーレ甲府に似ていたから」という意見などから、多くの票を獲得しました⚽️

 

立教大学サッカー愛好会のユニは、黒をベースに赤色が入ってるところがポイントです! 今までの立愛は黒ユニがなかったので、過去と被らないよう新しい色に挑戦しました! みんなで並ぶと一体感があり強そうですよね?! 今年はこのユニを来て一致団結しています!

1位の慶應リコタイと同様、黒ユニがかっこいいと多くの票を集めました!同チームは大会を通してベスト4という好成績を収めており、一体感のあるユニがピッチでも輝いていました💫

 

第4位 中央大学体同連フースバルクラブ

26票(12%)

4位にランクインしたのは、中央大学体同連フースバルクラブ。

フランス代表をイメージした紺白赤のトリコロールカラーを採用しており、フォントカラーには特注ゴールドを使用。パンツにもロゴを入れ、実際のフランス代表と同じフォントも使うなど、細部にもこだわり尽くしたユニホーム。 今シーズン、全国のサッカーサークルの中で1番かっこいいと言われるほど最高にcoolなデザインとなっております。このスタイリッシュでイケてるユニフォームを着たくて入った1年生もたくさんいるらしいです!

細部までこだわり抜いて作られた中央大学フースバルのユニホーム。「他チームで着られるユニがあるなら、絶対フースのユニです」「エムバペになれそう」などと、そのデザインに多くの票が集まりました🇫🇷

 

 

第5位 慶應義塾大学キッカーズ

25票(11.6%)

4位と僅か1票差で5位にランクインしたのが、慶應義塾大学キッカーズ!

慶應キッカーズは、隔年での青と白のユニホームが伝統でしたが、今年はその伝統を大幅に変え、ブラジル代表を彷彿とさせる黄色ユニが特徴でした🇧🇷

実際、「ブラジル代表に似ていて目を引いた」「色合いが目立つため」などの理由が多く、ピッチにいても大きく目立つ新たなキッカーズのユニホームに注目が集まりました!

 

 

いかがでしたか?ユニホームは各チーム毎にこだわりやデザインも全く異なり、見ているだけでもそれぞれのチームのカラーを感じることができて面白いですよね!

今回の企画を行うにあたり、情報提供に協力してくれた各サークルのマネージャーの方々、投票してくれた皆さんに改めて感謝いたします。

BeYonDでは、これからもこうした企画を行いたいと考えています!乞うご期待を!

 

 

 

 

 

 

慶應義塾大学 理工学部体育会サッカー部のチームページ 早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ 立教大学 サッカー愛好会のチームページ 中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ 慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ

Written by

関谷 朱音

akane

Keywords

Recommend

コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2024.04.11

【新歓記事vol.4】新入生必見‼️立教大学のサッカーサークルを比較してみました!

新歓記事vol.4!!今回は、【立教大学編】です✨ 立教のサッカーサークルといえば!FC立教(通称:F立)と、立教サッカー愛好会(通称:立愛)ですよね🎶 そんな2大サークルの代表者にアンケートに答…

read more 竹中莉夏
コラム 2017.06.03

【エントリー受付中】1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1~

1回生フットサル選手権大会 ~WHO IS NO.1 ~ 大阪無敗のMDホワイト、無限の得点パターンを持つ・京都 Panternや兵庫の魅せまくるfutsal集団 GRANDGE というチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.27

【新歓記事2021】vol.3 慶應義塾大学サッカーサークル その1

2021年新歓記事第3弾では、慶應義塾大学の4つのサークルを紹介します! 慶應生限定のチームもインカレのチームも、どちらも魅力たっぷりなので必見です!!✨    …

read more 田中菜々美
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.10

【イケメンプレーヤー特集】 サッカーサークル所属の国宝イケメン3人との対談

こんにちはbeyond編集部の森・山田です!     今回はbeyondの新しい企画として、サッカーサークルに所属しながら、現在各大学で行われているミスコンに出場…

read more 山田大晴

-PICKUP CIRCLE-