【あの人たちが対談vol.1】カップ戦準決勝で対戦したグルービーとHUMANが対談!

BeYonD 編集部

“あの人と対談”という新企画を始めました!あの人と対談したいなどのご要望があれば是非ご連絡ください!マガ杯の決勝戦などマネ対談などなどやっていけるといいですね!

今春に行われた新関東カップの準決勝明治大学グル―ビーキッズ(以下グル―ビー)早稲田大学F.C.HUMAN(以下HUMAN)というカードは、2-1 でグルービーが勝利した。その対戦カードの代表同士による夢の対談を行った。

グル―ビーからは竹井(3年=水戸商業)と大塚(3年=清水東)、

HUMANからは緒方(3年=加治木)とお笑い芸人藤林(3年=比叡山)による対談。

img_5495

試合前について

グル―ビー

「まず昨年度も準決勝で対戦し負けていたので、選手たちのモチベーションは高かった。なにより準々決勝で青理にいい形で勝てていて、勝つイメージがしっかりとあり、勢いが尋常じゃなかった。HUMANについては、前線の藤林を注意しろとDF ラインに強く声をかけていた。」

 

HUMAN

「準々決勝でフースバルと対戦し、そこが大きな山場だと思っていた。そこに向けてモチベーションを上げていたので、そこで勝ってしまい”優勝した感”はあった。(笑いの渦)その中でのグル―ビー戦であって、グル―ビーの4年生が就活で戻ってきてない情報を聞き、いけるんじゃないかという雰囲気だった」

 

高いモチベーションであったグル―ビーに対し、HUMANは少し燃え尽きた印象を受けた。この話を聞き竹井は「いけると思われていたHUMANに勝てて、すげー嬉しい」と冗談交じりのコメントをした。

 

要注意人物について

グル―ビー

「やっぱり藤林かな。早稲田カップで得点王になっていて、強いからすごく怖かった。HUMANは前の藤林や菰原にロングボールを蹴ってくるというイメージだった。それに対してDFリーダー坂上と1年生の安藤にしっかりと対応するよう言っていた」

 

HUMAN

小田島かな。練習でも小田島対策はしていた。藤林は昨年からマッチアップしており、がっつり抑えていた。藤林は小田島にはいいイメージがあったが、案の定小田島にやられた。あとグル―ビーのガヤは飲み込まれる感じがあって恐れていた」

 

前半について

グル―ビー

「前半ずっと押し込まれていて本当によくなかったから、勝てる気がしなかった。その中で20分くらいに坂上がハンドしてPKを与えてしまい、失点して終わったと思った。でもすぐに今度はこっちがPKをもらい同点に追いついた。このPKを小田島に託し、小田島を乗らせようって意図があった。その思い通りに調子づいてくれて、逆転のゴールを突き刺してくれた。結果的によかったけど、失点した時は本当に焦った」

 

HUMAN

「始まってからずっと押し込んでいて、いつか点が入るだろうなって雰囲気だった。それで20分に先制することができて、このままズルズル勝てるのかなと思っていた。でもそんな簡単にはいかず、まさかの前半のうちに逆転されてしまった。得意の応援が禁止されていて、勢いもつかずに前半が終わった」

img_6437

ハーフタイムについて

グル―ビー

「逆転できていたので非常に勢いがある雰囲気であった。みんな活気に満ち溢れていて、この勢いのまま圧倒していこうという前向きな雰囲気だった」

 

HUMAN

「過密日程でみんな疲労を感じていた。その中での逆転されてしまう展開で、ハーフタイムは重い雰囲気だった。緒方と藤林はどう盛り上げればいいのか試行錯誤していたという。藤林本人も前半で足を痛めていて、いつもの藤林ではなかった」

 

後半について

グルービー

「正直後半のことはそれほど覚えていません。いい展開に持ち込めたことは言える」

 

HUMAN

「お互いチャンスを作りながら、時間だけが過ぎていった。グル―ビーの思い通りにさせられてしまったのかと思う。特にHUMAN自体の運動量が落ちていたところに10番の山中がかなり厄介だった。プレスをかけても外されて、前線にいいボールを供給されていた。でもいつか追いつけるだろうと思っていたら、試合が終わり負けてしまった」

img_6438

活躍した選手について

グル―ビー

坂上と安藤かな。彼らを中心に2点目を決められないよう踏ん張ってくれたDFラインを評価したい。本当に集中を切らさずに我慢してくれたのは、勝利に大きく貢献した。小田島は2点取ってくれたがいつも通りの活躍なので、特に言うことはない」

 

HUMAN

「得点を決めた菰原は藤林の相方のように思われがちだが、しっかりと点を決めるいい選手。彼にも注目してほしい。そろそろ怒ってしまいます」

 

明治大学 Groovy kidsのチームページ 早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.09

【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズ

こんにちは、BeYonD編集部です。 今回は関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する関西強豪サークル、同志社大学三ツ葉キッカーズにインタビューさせていただきました!! 三ツ葉代…

read more 渋井颯太
コラム 2021.10.17

【新関東リーグ2021・1部第2節マッチハイライト】絶対に負けられないこの戦いを勝ち抜いたのは!?

大雨、強風でかなり気温も低く最悪の天候で行われた第2節。開幕戦と連戦で疲労も溜まっているが、激戦が繰り広げられたその結果がこちら!   早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.20

【注目の1年生紹介記事vol.3】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部と中央大学MAPLEの注目の1年生を紹介!

こんにちは!BeYonD編集部です。 前回に引き続き、注目の1年生紹介第三弾! 今回は、「慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部」と「中央大学MAPLE」の2チームから、それぞれ注目の1年生を紹…

read more 高橋茉央
コラム 2017.01.10

【マネの想いvol.3】”プレーヤーと共に新しいチームへ”

3年マネージャー特集 第二弾 法政大学工体連サッカー部 田村瞭奈さん 「プレイヤーと共に、新しい工体連を作り上げた唯一の3マネ」 −法政大学工体連サッカー部(以下工体連)に入ったき…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.24

【新関東FL2部A】ベストイレブン

  【優勝】 明治大学体同連生田サッカー部   【得点王】 6得点 明治体同連生田サッカー部77番 吉崎光(2年=八千代) &nbs…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.27

美女マネ特集2023!

[avatar /] お疲れ様です。ついにサークルの集大成である新関東リーグが始まるので、いつも支えてくれるマネージャー特集の記事を書こうと思います! 「支えてくれてありがとう 美女マネージャ…

read more 夏果山崎
コラム 2017.06.22

【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。 今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイント…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-