【BMOM76】小川潤之助(2年=杉並FC) 同好会カテゴリ屈指のハイレベルな闘いでチームを救った守護神!!

BeYonD 編集部

新関東リーグ1部第1節最も注目となったカードは間違いなくこの一戦だろう。

現在新関東FLカップとマガジン杯で2冠を収め悲願の三冠に挑む早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と昨年度マガジン杯を制し稲穂の三冠を防いだ中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)。
近年の同好会カテゴリのタイトルを総なめにしてきた両チームの一戦は圧倒的なスピード感とその迫力で観る者を惹きつけた。

序盤フースは73番大和田(4年=水戸商)を中心としたハイプレスで稲穂のミスを誘いチャンスを得るなど稲穂を押し込む展開に。
昨年リーグ戦全勝優勝を果たした稲穂に対しフースが黒星をつけようと気迫を見せるも徐々に稲穂に決定機を作られてしまう。

そんな中圧巻のセービングでゴールを守り抜いたのが2年生でフースのゴールマウスを任されている1番小川潤之助(2年=杉並FC)だ。

41d38486-8de4-4105-82ed-cb5fc25a0c65

前半33分、稲穂47番近藤(2年=日大藤沢)のFKをフースディフェンダーがクリアを誤りポストへ直撃。
そのこぼれ球に稲穂選手が詰めゴールかと思われたが、これを小川が必死の戻りを見せゴールライン上でセーブ。
誰もがゴールかと思ったシーンだったが小川が先制点を割らせなかった。

そして、迎えた後半28分。
92番中島(1年=早大本庄)がフースディフェンスを完全に置き去りにしキーパーと1対1のビッグチャンスを迎える。
しかし、ここも小川が果敢な飛び出しでスーパーセーブ。
2失点しても仕方のないようなピンチを2度も防ぎ稲穂相手になんとか勝ち点1をもぎ取った。

 

2本のビッグセーブに目を引いたが、得意のパントキックからサイドにピンポイントで合わせ攻撃の起点にもなった小川が新関東リーグ最注目カードのBMOMだ。

 

cb45de87-d0b3-4e49-80d6-ec468b508e30

お互いに勝ち点1を分け合う試合となり次節に向けての声が飛び交う中、小川へインタビューをした。

--昨年度リーグ戦全勝優勝、今年度もすでに2冠を達成している稲穂との注目の初戦。どのような意気込みで臨んだか?
「カップ戦、マガハイと稲穂に獲られていたためリーグ戦を獲るための天王山として臨みました」

 

--自身のビッグセーブもあり勝ち点1を分け合う結果となった初戦について。
「リーグは積み重ねなので勝ちきれなくても無失点に抑えて勝ち点が取れた事が良かったなと思います」

 

--次節の意気込みは。
「これで負けられない戦いが始まったので次節からも無失点優勝目指して頑張ります」

 

名門校揃いで層の厚いフースバル。
そんなチームの中でゴールを堅実に守る小川は決して目立つ選手ではないかもしれない。
しかし、そんな彼が最後尾からチームを支えているのは間違いないだろう。
稲穂の3冠を阻止し、フースバルを悲願のリーグ制覇に導くことができるか今後も注目だ。

中央大学 体同連フースバルクラブのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.29

【サークルの起源vol.1】第一回目はサッカーよりお酒!?なあのチーム

みなさんは自分たちのサークルがどのようにできたか知っていますか? なかなか知る機会がないのではないでしょうか! なので自分が所属しているサークルのことをより知ってほしいと思いこの企画を作り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美
コラム 2017.11.04

【新関東リーグ2017・1部第4節ハイライト】混戦の残留争い!!伝統の2チームが優勝争いを繰り広げる!

【新関東リーグ2017】雨の予報もなくなり晴天を迎えた集中開催初日。今後の順位に大きく影響する2連戦の初戦が行われた。   明治大学体同連生田サッカー部 - 早稲田大学FC.GU…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM8】FW赤塚武也(3年) 相手の隙をつき決勝点を挙げる

クールなストライカー赤塚 5位の青山学院大学理工サッカー部は、3位の中央大学フースバルクラブと対戦した。結果は1-0で青理が勝利し、2位に浮上。2位浮上への値千金のゴールを決めたのが、エース10番赤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.23

【サークル × 体育会イベント】早稲田稲穂キッカーズキャプテン 中島剣士郎『実際にはサッカーに熱中する同じ大学生』

3/27(水)に大学サッカー界新たな試みとして開催された「サークル × 体育会」イベント。この日はサークルvs体育会でバチバチの試合が繰り広げられた後に、交流会が開催され、お互いのイメージや価値観を交…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.30

【新関東リーグ2021・1部第3節マッチハイライト】大波乱の連続!白星をあげたのはどこのチームか!?

10月30日鹿島ハイツにて新関東リーグ第3戦が行われた。大波乱の第3節の結果がこちら。   今節の注目カードの1つが早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学HUM…

read more 東 孝太郎

-PICKUP CIRCLE-