【新関東FL2部自動昇格戦】マッチプレビュー 最高峰の舞台”新関東1部”へ昇格するのは

BeYonD 編集部

先週19日に、最終節を消化した新関東FL2部。各ブロック1位のみが1部昇格の道を許された狭き門をくぐり抜けたのはAブロックからは慶應義塾大学キッカーズFC(以下慶應キッカーズ)、Bブロックからは大方の予想を覆した明治大学Esperanza(以下明治エスペ)。

明日25日にこの2チームによる自動昇格戦がZOZOパークにて行われる。
BeYond編集部からこの大きな一戦の見どころを紹介したいと思う。

慶應義塾大学キッカーズ
慶應キッカーズは、同ブロックに同じ大学との対戦、慶應ダービーを2度繰り広げた。
慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部との上位対決では激しい打ち合いを見せ、壮絶な打ち合いの結果3-3のドローで勝ち点1を分け合った。
その後、慶應キッカーズは慶應義塾大学エルフに引き分けるものの安定した試合展開を見せて、5勝2分の勝ち点17を獲得し1位でリーグを終えた。
慶應キッカーズの注目選手はトップ下のルーキー川島(1年=東京ヴェルディユース)だ。
1年生ながらトリッキーなパスでアシストを量産し、破壊力抜群の慶應キッカーズの前線で大きな存在感を示している。
また、守備面ではDFリーダー小林(3年=暁星)が明治エスペのロングボールやカウンターをどれだけ食い止められるかが勝負の鍵となるだろう。

7971ef58-9514-475a-877f-37efc7e21098

明治大学Esperanza
明治エスペは、同ブロックに昨年度1部降格組の早稲田大学HUMAN F.C.と中央大学サッカー同好会という本命の2チームを退けて勝ち上がった。
堅い守備を武器に5節まで全勝。
6節では早稲田大学HUMAN F.C.にリードを許していたものの、キャプテン髙坂(3年=本郷)の劇的同点弾で価値ある勝ち点1を獲得。
最終節では中央大学サッカー同好会に1-0と勝利し、終始首位を守り続けリーグを終えた。
明治エスペは、攻撃陣の核となるFWの田口(3年=川口北)に大きな期待が集まる。
堅い守備からのカウンターの中心には1人で打開する力を持っている田口がいる。相手DFを田口がどこまでかき乱せるか注目だ。

2219d5cb-9397-4e7a-82eb-f87ed06828b3

自動昇格戦の試合展開は、自力で勝る慶應キッカーズが押し込む展開であると予想される。
キャプテンFWの斉藤綱太(3年=渋谷幕張)と副キャプテンSHの斉藤剛也の斉藤コンビが明治エスペゴールに脅威を振るうだろう。
長身の斉藤綱太と対人するのが明治エスペのキャプテンCBの髙坂(3年=本郷)だ。
高坂は競り合いに絶対的な自信を持っており、大一番早稲田大学HUMAN F.C.戦でCKから打点の高いヘディングでゴールにねじ込んだ。この2人の制空権を争う対戦が見ものだ。
今年度、新関東リーグ3部から昇格したばかりの明治エスペの波は昇格戦でも続くのだろうか。
対して能力の高い選手が揃った慶應キッカーズがその大波をさざ波に変えるのか注目だ。

慶應義塾大学 キッカーズフットボールクラブのチームページ 明治大学 ESPERANZAのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.09.08

3年ぶりの開催!マガジン杯直前記事

9/9~13までの5日間、長野県上田市菅原高原にて第40回サッカーマガジンカップ オープン大会2022、通称マガジン杯・マガ杯が開催される。 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となる今大会。全…

read more 遠藤瞭介
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM17】八木俊輔(1年) 新生TRIOSの守護神が三ツ葉の猛攻を完封

謙虚なニュースターの誕生   関西同好会リーグ最終節、同志社大学三ツ葉キッカーズと関西大学TRIOSとの一戦。春の王者TRIOSには負けられない意地があった。押される場面も少なくない…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.21

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[後編]

Jユースを選んだ理由、そして大学サッカーサークルとの出会いに迫った[前編]は楽しんで頂けたでしょうか。 まだ[前編]をお読みでない方はこちらから。 [後編]では、3年時に幹事長(鈴木)、副幹事…

read more 大田智輝
コラム 2022.11.28

【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ 前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2…

read more 片岡優汰郎
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2017.06.22

【新関東カップ2017決勝戦】マッチプレビュー

4月に始まった新関東カップ2017の2カ月に及ぶ戦いがついに今週末終わりを告げチャンピオンが決定する。 今回は見事決勝戦に駒を進めることになった2チームのこれまでの戦いぶりを振り返り、勝負のポイント…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.28

【新入生必見!同好会チームガイドvol.4】慶應義塾大学編

大好評の第一弾「早稲田大学編」に続き、第二弾はやはりこの大学。"慶應義塾大学編"です!   今回紹介するのは新関東フットボールリーグとユニオンリーグに所属するチームを筆頭に、イン…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-