【BMOM111】奥本統太郎(1年=國學院久我山)大胆不敵な早稲田グスタのルーキーが試合を決めた!

高橋佑輔

10月20日、鹿島ハイツ第1グラウンドで開催された新関東リーグ2018 1部・第3節にて早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が明治大学体同連生田サッカー蹴友会を1-oで下し、2勝1分で2位に浮上した。

好調の早稲田グスタの右サイドバックとして今季躍動しているルーキー奥本統太郎(1年=國學院久我山)の一撃が決勝点となった。

fdbd8099-daf8-4c11-910e-fbaed363797a

前半20分、敵陣中央で前を向いたMF大竹晃平(3年=國學院久我山)が右サイドへラストパス。長い距離を駆け上がった奥本が右足を振り抜き、ゴール左へと突き刺した。

「アットホームカップで同じような場面があり、思いっきり上にふかしてしまったので、今回はしっかりとボールにミートすることだけを意識してシュートしました」
期待値が高かっただけに、アットホームカップ予選敗退という結果はチームとしてとても痛かった。
その悔しさをバネに優勝を目指す新関東リーグの重要な試合で、奥本の一撃は決勝点となった。

奥本の得点の後は明治生田の猛攻を受けた早稲田グスタ。
切り替えの早い相手の守備になかなか自分たちのペースに持っていくことのできない難しい展開が続いたが、集中した守備で奥本の1点を守り抜いた。

奥本は右サイドバックを本職とするが、時には左サイドでもプレーが可能なマルチだ。
丁寧なボールコントロールと、クレバーな対人の強さで弱冠1年生ながら早稲田グスタの主力を担っている。

「相手が2位だったので勝てば大きく優勝に前進、逆に負ければ一気に優勝から遠ざかる重要な戦いになるという自覚を持ってのぞみました」
と覚悟を持って臨んだ一戦。
明治生田のエース岩間稜(3年=座間)とマッチアップするシーンが多かったが、決定的な仕事をさせなかった。

「点を決めれたことは素直に嬉しいです。
しかしゴールは決めることができたものの、もっと他のプレーでチームに貢献しなければと思っています。
自分自身、実際課題が多く残る試合でした」
と振り返る奥本。
自分にベクトルを向け、守備面や早稲田グスタのポゼッションの一角としての働きにまだまだ課題を残した。

しかしたった7試合しかない新関東リーグ。
1つの敗戦が順位を大きく左右する勝負の世界で、結果を残す強さは非常に重要である。

早稲田グスタは次節、無敗で首位を走る中央大学体同連フースバルクラブと対戦する。
「優勝するには勝利が絶対。
三年生のためにも、みんなで団結して優勝したいです!」
とリーグ戦で最も重要な試合に向けて意気込む奥本。

3試合10得点と爆発する中央フースバル攻撃陣を奥本がいかに躍動するのか、彼は大一番のキーマンとなる。

425b3e63-68e2-422c-94c2-10ecb4b23564

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2021.06.08

【関東・関西サッカーサークル対談企画】東西の強豪チームが語るサークルの存在価値とは。

こんにちはBeYonD編集部です。 今回はBeYonDの新しい企画として、新関東リーグ1部に所属する早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と、関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する…

read more 山田大晴
コラム 2017.04.13

【新チーム始動インタビューvol.7】”早稲田大学HUMAN FC”

強豪ひしめく早稲田大学で毎年存在感を示し、直近の学内戦でも優勝という結果を残した早稲田大学HUMAN FC(以下HUMAN)のキャプテン緒方哲人(新3年=加治木)と幹事長の藤林拓哉(新3年=比叡山)に…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.26

【新入生必見!同好会チームガイドvol.2】早稲田大学編その2

各大学でそれぞれのチームが新歓の準備を進めている今日この頃ですが、 第2回も第1回に引き続き「早稲田大学」を特集します! 今回は、ユニオンリーグ1部で戦う6チームをピックアップしていきます…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.01

【新関東リーグ2020・1部第2節マッチハイライト】優勝のために負けられない一戦の結果は!?

11月1日、開幕戦と共に連日鹿島ハイツで行われた第2節の結果がこちら。 開幕戦を勝利で飾り、共に連勝したい中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)と慶應大学理工学部サッカー部(以下:リコタイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.24

”ホットライン”〜高校時代からの信頼関係はどのようなプレーを繰り出すのか〜

サッカーにおける”ホットライン“とは何か皆さんご存知だろうか。それは長い時間をかけて構築された信頼関係が故に繰り出される”連携プレー”のことである。大学サッカーサークル界には高校時代からの信頼関係を活…

read more 中嶋 快
コラム 2021.11.10

【イケメンプレーヤー特集】 サッカーサークル所属の国宝イケメン3人との対談

こんにちはbeyond編集部の森・山田です!     今回はbeyondの新しい企画として、サッカーサークルに所属しながら、現在各大学で行われているミスコンに出場…

read more 山田大晴
コラム 2020.05.01

【サッカー美女マネ特集vol.2】多くの美女がいる美男美女サークルから!

皆さんこんにちは!     お久しぶりです!     美女マネ特集部です!     お…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.21

【H.I.S.主催ドルトムント選手交流会&マーケティングセミナー】愛されるクラブになるためには?同好会運営へのヒントがここにある!

2017年7月、香川真司選手も所属するブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントは2年ぶりとなる日本ツアーを行いました。 ドルトムントのツアーパートナーとして旅行代理店のH.I.S.が契約を結び今回…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.19

【新関東リーグ2部フォトギャラリー】第2節・中央大学サッカー同好会vs早稲田大学HUMAN F.C

中央大学サッカー同好会 この試合柔らかいタッチで相手を翻弄。タメを作れる選手だ。後半には見事なボレーシュートを見せた鯖坂(1年=多摩大目黒)。 身長180センチオーバーから繰り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-