【新関東リーグ2022・1部・2.3節マッチハイライト】過密日程となった2日目。2連戦を物にするのはどのチームか!?

柴田尋生

第2節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 明治大学生田サッカー蹴友会

前節、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)に敗れた中央大学フースバルクラブ(以下:フース)と、明治大学groovykids(以下:グルービー)との明治ダービーを引き分けた明治大学生田サッカー蹴友会(以下:生田)の試合。試合はフースが押し込む時間が多く、生田が組織的に守る展開。フースはコーナーから4番山口輝(4=中京大中京)が頭で合わせるがクロスバー。生田も終了間際に流れを作り、猛攻を仕掛けるもフースの体を張ったディフェンスで試合はスコアレスドロー。2節終えてお互い未勝利となった。

第2節 早稲田大学HUMAN F.C. VS 早稲田大学理工サッカー部

立教サッカー愛好会(以下:立愛)に2-3の打ち合いで敗れた早稲田大学HUMAN F.C.(以下:HUMAN)と、青山学院理工サッカー部(以下:青理)に後半ロスタイム劇的ゴールで勝利し、勢いに乗る早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の試合。拮抗した展開だったが、前半33分に試合が動く。HUMAN60番梅澤周作(3=小松川)のコーナーから25番名古路立樹(2=千種)がボレーで合わせ先制。対して早理は綺麗な崩しでHUMANゴールに迫るが、後一歩が届かない。1点を守り切り、HUMANが初勝利を収めた。

第2節 早稲田大学稲穂キッカーズ VS 青山学院理工サッカー部

マガジンカップではお互いに結果を残したカード。昇格組の青理は前年度王者稲穂に食らいつく。稲穂も得意のセットプレーで青理ゴールに迫るがどちらもゴールネットを揺らすことが出来ない。膠着状態が続き、このまま試合終了かと思われた後半30分、稲穂44番田中駿也(2=県立多摩)のコーナーから4番横井創(3=早稲田実業)がヘディングで合わせ稲穂が青理のゴールをこじ開ける。劇的勝利で王者の意地を見せつけた。

第2節 明治大学Groovykids VS 立教大学立教サッカー愛好会

初勝利が欲しいグルービーと、前節HUMANに3得点で勝利し、勢いに乗る立愛の試合。前節通りの攻撃力を見せつけたい立愛だが先制したのはグルービー。前半18分、ゴール前の混戦から45番諏訪颯士(2年=鹿児島)が先制ゴール。立愛も10番高田(3年=真岡)目掛けボールを集めるが、グルービーのセンターバックがシャットアウト。後半は五分五分の展開。立愛のプレスがはまり、グルービーのパス回しをカットしていく。コーナーから立愛23番上田翔太(2年=城東)が合わせ同点。その後は立愛のペースになったが、得点は動かず1-1で試合終了。

第3節 中央大学体同連フースバルクラブ VS 立教大学立教サッカー愛好会

未だ勝ちが無いフースに対し、1勝1分の立愛とどちらも負けられない試合。フースがボールを持つ時間が長く、立愛はカウンターで応戦した試合展開。フース55番二井田樹(2=広島皆実)のコーナーキックを、1度は弾かれるもこぼれ球に反応した58番広瀬蒼雄大(2=高松商業)が左隅に強烈なボレーを差し込みフースに待望の初ゴールが生まれる。後半、試合が進むにつれ立愛のペースになっていくが、試合終了間際、途中出場のフース10番岡本共生(3=東福岡)がコーナーからのカウンターを決め切り、フースが追加点。2-0で試合終了。フースが初勝利を収めた。

第3節 早稲田大学HUMAN F.C. VS 青山学院理工サッカー部

サッカーマガジンカップ準々決勝では、PKまでもつれ込む激戦だったカード。試合は終始HUMANのペース。前半15分、HUMAN28番小山尚紀(2=静岡学園)のかかとでの華麗な落としを8番竹野豪(2=奈良)が胸トラップ、左足を振り抜きHUMANが先制。更に後半31分、途中出場の21番安岡晃(2=ZOTT WASEDA)がカウンターで持ち上がり、スルーパスに抜け出した28番小山がキーパーの股を抜き2点目。そのまま2-0で試合終了。HUMANは前日の敗戦から持ち直しこの日2連勝。一方青理は3連敗と後がない状況となった。

第3節 早稲田大学理工サッカー部 VS 明治大学生田サッカー蹴友会

1勝1敗の早理と2分の生田、理工ダービーの試合は拮抗した展開となった。前半は生田のペース。生田GK46番山田大晴(3=国士舘)が大きく蹴ったボールを19番中野耕太郎(2=國學院久我山)がディフェンスに囲まれながらもキーパーの頭上を超えるシュート。GKのアシストで生田が先制。後半は早理のペース。早理77番奥田大夢(2年=専修松戸)や10番草柳祐介(3年=静岡学園)を中心として早いパス回しと高い技術で生田ゴールに迫るが決定機を決め切ることが出来ずゲーム終了。早理はこの日痛い2連敗。対して生田は未だ負け無しとなった。

第3節 早稲田大学稲穂キッカーズ VS 明治大学Groovykids

現在2連勝と勢いに乗る首位稲穂と、2分と何としても勝利が欲しいグルービーの試合。先制したのは稲穂。前半23分、稲穂7番奥野開(3=早稲田実業)のセットプレーに4番横井が合わせる。1度弾かれるも横井がゴールに押し込み先制。グルービーは得意のパス回しと高い技術で稲穂ゴールに迫るが、稲穂の硬い守備を崩せない。1-0で試合終了。グルービーは3節を終えて勝ち点が2となった。対して3連勝の稲穂は全ての試合で1-0と堅守が光る結果となった。

Written by

柴田尋生

shibatahirooki

Keywords

Recommend

コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。 今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.15

【BMOM10】 MF今井 淳貴(3年)が2ゴールの活躍で優勝を決める

 数多くのルーティーンを持つ男 今井   早稲田大学稲穂キッカーズは第6節に、中央大学サッカー同好会と対戦した。稲穂は引き分け以上で優勝が決まるという大一番。結果は4-0で稲穂が勝利…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.10

【完全個別キャリア面談のご案内】パッションナビで自分らしい就活をしよう!

皆様こんにちは! そして新年あけましておめでとうございます! 早速ですが、BeYonDプロジェクトから完全個別キャリア面談の紹介をさせていただきます。 以前もBeYonDと共同で就活…

read more 高橋佑輔
コラム 2016.10.07

【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

突然ですが、イケメンはお好きですか? 特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね? そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。 記念すべき第1…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.09

【東西対抗戦】マッチプレビュー

同志社大学三ツ葉キッカーズ 関西代表は今年、関西同好会サッカーリーグの前身を含め、リーグ10連覇を達成した同志社大学三ツ葉キッカーズである。 1964年に創設され、52周年を迎えた三ツ葉は今年、「…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.15

【注目の1年生紹介記事vol.2】明治大学体同連サッカー部と中央大学サッカー同好会の注目の1年生を紹介!

前回に引き続き、注目の1年生紹介第二弾です!! 今回ご紹介するのは、2023年学年別ROUND2年生優勝・稲穂FESTA3位の明治大学体同連サッカー部と、中央大学学内戦優勝・稲穂FESTA優勝の中央…

read more 竹中莉夏
コラム 2021.10.31

【新関東リーグ2021・1部第4節マッチハイライト】ハロウィン決戦in鹿島 勝ち点を積み上げたチームはどこだ!?

10月31日(日)、鹿島ハイツにて新関東リーグ第4節が行われた。 未だ勝ち点で抜きん出るチームがおらず、混戦状態の新関東リーグ2021・1部。勝ち点を積み上げたチームはどこだろうか。 未だ負けが無…

read more 大田智輝
コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.17

【美女マネvol.27】現在ミスコン出場中!今回は黒いユニフォームのチームのマネを初特集!

こんにちは!   サークル生活もいよいよ終盤に入りましたね!   先輩たちが引退すればいよいよ幹部交代となります。   寂しいですね。…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.07.24

”ホットライン”〜高校時代からの信頼関係はどのようなプレーを繰り出すのか〜

サッカーにおける”ホットライン“とは何か皆さんご存知だろうか。それは長い時間をかけて構築された信頼関係が故に繰り出される”連携プレー”のことである。大学サッカーサークル界には高校時代からの信頼関係を活…

read more 中嶋 快

-PICKUP CIRCLE-