【BMOM45】伊藤道隆(2年=明大中野) 魔の左足から2アシストを記録しEAGLE撃破に貢献

BeYonD 編集部

先日5月20日に行われた新関東カップ戦2回戦、上智大学EAGLE(以下EAGLE)と明治大学BeeVoo(以下BeeVoo)の対戦。
EAGLEが先制点を上げ勢いに乗り、順調に勝利するかと思われたが、BeeVooが14番小池(3年=幕張総合)の2得点の活躍で逆転に成功した。その後、同点に追いつかれるBeeVooであったが、小林(1年=明大中野八王子)の勝ち越し弾で3-2と勝ち越しに成功し、3回戦に駒を進めた。

img_4685
そんなBeeVooの逆転劇の活躍に花を咲かせたのが、46番の伊藤道隆(2年=明大中野)だった。
ボランチの伊藤は大きな体格ながら高い技術を武器に攻撃の軸となった。
左足から繰り出される変幻自在なパスでこの日2アシストの活躍
3点目の勝ち越しゴールの場面で伊藤はスタミナが切れた雰囲気をかもし出していたが、ボールを受けるとゴール前まで持ち込み、フリーの味方へアシスト。
1試合を通して高い展開力とスルーパスのセンスが光っていた。

img_4686
伊藤は試合に対して「自分は久しぶりの試合だったので、まずは土俵際(球際)では負けずしっかりと寄り切る(勝ちきる)ことを意識して試合に入りました」と力士かと思わせるようなコメントを残した。
さらにEAGLE戦を振り返り「チームとしては先制点を取られながらも、キャプテンの池田が後半開始直後にバックパスを敵にとられピンチを招いたおかげで、チームが引き締まりなんとか勝つことができた。隠れMOMはキャプテンの池田だと私は思う」と興味深いコメントをした。
この隠れBMOMが見当違いだと感じるのは私だけだろうか。(笑)
「個人として前半は、同じボランチの”親友?いやもはや家族と呼ぶべき存在“のともき君が敵に対して熱く感情的になっていたので、気を遣い重い体に鞭を打って走ってしまったため1ヶ月ぶりに心拍数が100を超えた。後半は前半に走り過ぎたせいで、今まで20年間私の体重を支えてくれた相棒のふくらはぎが悲鳴をあげ途中交代という不甲斐ない結果になってしまった」と運動不足なサラリーマンのような事を語った。
また次週の早稲田HUMAN戦に向けて「厳しい試合になることが予想されるので、しっかりとまわし(気)を締めて試合に臨みたいと思う。来週はBeeVooのリーサルウェポンこと辻本悠馬が来るので彼の活躍に注目してもらいたい」とユニークな回答をし、次週の試合にリラックスして臨めそうだと感じさせてくれた。

明治大学 BeeVooのチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.30

【フットサル新歓記事vol.3】立教大学・青山学院大学編( RCC.univ、Diavolo S.P.F.C.、コモエスタ青山)

立教大学 RCC.univ ・自分達のサークルを一文で表すなら 遊びもフットサルも100%真剣に楽しむ!! ・大学、チーム名 立教大学 RCC.univ ・活動地域 埼玉県、東京都…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.28

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト 】遂にカップ戦開幕!!大事な初戦を勝利したチームは!?

第1グループ 新関東カップ開幕戦の第1グループ1試合目、慶應大学FC NINDO(以下:慶應NINDO)対早稲田大学Sunday FC(以下:早稲田Sunday)の試合は序盤から動く。 前半8…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.11

学生の皆さん、包装業界って知っていますか?

私たちBeYonDプロジェクトのスポンサーをして頂いている株式会社フジキカイ様からのお知らせになります!!包装業界のリーディングカンパニーであるフジキカイ様ですが、そもそも包装業界って学生にはあまり馴…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.06

【BMOM57】河瀬雄哉(3年=高松)チームを救う2連続ビッグセーブ!頼れる守護神の駆け引きが稲穂を勝利に導く!

6月3日新関東カップ2連覇中の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は同校の早稲田大学FC.GUSTAと(以下:グスタ)と対戦した。 先週の日本大学法学部サッカー部戦では、爆発的な攻撃力を披露した稲…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.13

【スパイク特集vol.1】 ~スパイクの名前にあるHGやFGって何の略?~

みなさん自分のスパイクに愛着やこだわりはありますか? デザインやメーカー、革の種類やポイントの形状、フィット感や値段など… 一足のスパイクを買うだけでも、たくさんの要素を踏まえた上で選んでいると思…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.06.03

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.7

先週の5/28(土)に開幕した新関東カップ。 今年度から予選リーグが導入され、2週間に分けて決勝トーナメント出場チーム8チームを決定する。 今週は6/4,5に予選を行うチームを紹介!! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.13

【マネの技術Vol.4】〜レンズ越しにプレを追いかるマネ達〜

7月になり、だんだん夏休みが近づいてきましたね! 夏休みは合宿にイベント、みなさんたくさんの思い出ができるのではないでしょうか。 そんな思い出を振り返るのに不可欠なのが“写真”。 プレイヤーの真…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.13

【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。 第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学…

read more 早坂
コラム 2022.08.02

【新入生特集】ラグビー花園経験者がサッカーサークルに入った理由とは

こんにちは。BeYonD編集部です!! 梅雨が明け、ますます暑さが増してくる季節かと思いますが体調を崩さず過ごせているでしょうか。そんな時期ですが、大学一年生にとってはやっとサークルに慣れてくる時期…

read more 柴田尋生

-PICKUP CIRCLE-