【新関東リーグ2021・1部第7節マッチハイライト】リーグ戦終盤!どのチームも落とせない一戦の行方は!?

早坂

11月13日(土)に新関東リーグ第7節が矢田部Gで行われた。結果は以下の通り。

第1試合目は、早稲田ダービー。昨シーズン優勝争いを共にした早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の試合は意外な試合展開となった。立ち上がりから早稲田グスタはチームの代名詞であるパスワークを発揮できず早稲田稲穂ペースとなった。早稲田稲穂は10番木下悠人(3年=早稲田実業)のコーナーキックを14番小森祥吾(3年=國學院久我山)がうまく合わせ先制。早稲田グスタは終始リズムを作れず、後半途中出場の早稲田稲穂36番中塚剛佑(1年=暁星)が立て続けに2得点をあげ、試合終了。昨季王者の早稲田グスタは3失点を喫し今節も勝利を挙げることができなかった。

2試合目は、前節待望の勝ち点3を掴み取り調子を上げている早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と残留には勝利が必要な中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の試合は、開始早々スコアが動いた。早稲田理工99番草柳祐介が鮮やかなフリーキック弾で先制。このまま早稲田理工が主導権を握る闘いとなったが、後半になると中央サカ同が持ち前の勢いで攻め続ける展開が続いた。しかし、あと一歩のところで決めることができず試合終了。今節の敗戦で中央サカ同は自力での残留がなくなってしまった。

3試合目は、早稲田大学HUMAN FC(以下:早稲田ヒューマン)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の試合は、両者残留をかけた闘いという事もあり白熱した試合運びとなった。前半、両チームともチャンスを作るも得点には繋げることができず、一歩も引かない姿勢を見せた。試合が動いたのは後半。ゴール前の混戦から早稲田ヒューマン33番冨岡直希(1年=虎姫)が右足を振り抜いた豪快なミドルシュート。クロスバーにあたりそのままゴールに吸い込まれた。試合終盤には明治体同連が猛攻を仕掛けるも寺澤悠大(3年=桐蔭学園)が好セーブ。最後まで隙を見せないヒューマンが逃げ切り試合終了。

4試合目は、優勝争い圏内の立教サッカー愛好会(以下:立教愛好会)と例年優勝候補の一角であるが今年は成績が振るわない中央大学フースバルクラブ(以下:中央フース)の試合。前半、両者様子見のような堅い試合の入り。この均衡を破ったのは立教愛好会。00番河崎零士(3年=日大三高)の横パスから77番高田悠生(2年=真岡)が華麗なループシュート。これが中央フースゴールに吸い込まれ立愛が先制。その後、両チームの攻防は激しさを増すが堅い守備陣に阻まれスコアは動かず試合終了。

残り2節となった新関東リーグ2021。今季は4チームが降格してしまうという事もあり、残留争いが激しさを増している。どのチームも勝ち点が拮抗しているので今後も目が離せない。

早稲田稲穂 3-0 早稲田グスタ
早稲田理工 1-0 中央サカ同
中央ヒューマン 1-0 明治体同連
立教愛好会  1-0 中央フース

Written by

早坂

早坂千紘

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.24

【BeYonDフットサル部門発足決定】立ち上げメンバーをご紹介!!

こんにちは!! 突然ですが、、、! この度、『BeYonDフットサル部門』が立ち上がることが決定しました!! サッカー同好会カテゴリーだけではなく、 フットサル同好会カテゴリーの情…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.08

【BMOM97】大木優(1年=慶應志木)が2アシストの活躍!立教愛好会撃破の立役者に!

[06.02 新関東カップ 2018 準々決勝  慶應e.l.f. 3 - 0 立教愛好会 ZOZO PARK HONDA FOOTBALL] 3回戦で同じ慶應大学で1部所属の慶…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.07.16

【BeYonD History vol.2】”サッカー同好会を胸張って語れる場所にしたい”高橋佑輔

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく新企画BeYonD Historyvo.1はもう読んでいただけましたでしょうか?vol.2はvol.1に登場した"真面目老害"の古平…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.11

【ユニフォーム特集 puma編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.16

【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。 優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.10.20

サークル内の恋愛事情!カップル記事

こんにちは、BeYonD編集部です🌻 新入生も各サークルに入って半年が過ぎ、大会を通して絆も深まったのではないでしょうか!   そこで今回は、どのサークルにも存在するであろ…

read more 松本 瑠風

-PICKUP CIRCLE-