白金FC 〜快挙!全国大会出場の秘話に迫る〜

丸山拓海

昨年度行われた at home cup で関東大会準優勝、全国大会ベスト4の史上初の快挙の成績を収めた白金FC(以下:白F)。

そこで今回は、白Fが誇るセンターバックの粂谷直輝(3年=市立橘高校、以下:粂谷)にインタビューを行った。ロン毛がトレードマークであったが、就活の関係で一気に短髪になってしまい、その髪型については賛否両論である。そんな彼に白Fの全国大会出場の秘話に迫った。


 

全国大会を振り返ってどうだったか?

 

丸山)全国大会お疲れさまでした!大会振り返ってみてどうだった??

粂谷)全国大会を一言で振り返るとワンピースだったね。

丸山)ワンピース??(笑)つまり??

粂谷)仲間たちと1つの目標に向かって進んでいく感じのこと。仲間っていいですよね。改めてそう感じる大会だったな。あ、今大会を通してワンピースの正体が分かりました!

丸山)あ、ネタバレはしないでね。

粂谷)まぁ、結局宝物は仲間だって。今回の大会は仲間がいたから正直ここまで来れたと思う。それに気づかせてくれるサッカーって最高だよ。戦った後はもう仲間になれる、それがサッカー。全国大会楽しかったよ(笑)。

 

練習の雰囲気は?

丸山)毎週の練習の雰囲気はどんな感じ??

粂谷)本当全員が笑顔でプレーしてるって感じかな。正直ピッチ上では先輩後輩関係なく楽しくプレーしてるね。(笑)

丸山)確かにね。(笑)でも、週に一回しか練習がなくて、物足りなさは感じない??

粂谷)全然。むしろちょうどいいかな。笑
週に一回しか練習ないし、2~3時間ほどの練習量だけど、終わったら全員疲れきってる。これは体力がないんじゃなくて、本気で走ってる証拠だと思うんだ。(笑)単に練習の回数を増やすだけじゃ意味がないね。

 

今後の目標は?

丸山)今いる4年生がいなくなっちゃうのはどう思う?

粂谷)正直寂しいよ(笑)。いや、寂しいどころじゃないね(笑)。正直、あの4年生5人いなかったら全国大会には行けなかったと思うな。4年生5人がそれぞれ違う個性を持ってたし、改めて4年生にはすばらしさを感じたよ。

丸山)プレーもそうだったけど、飲み会も含めて最高だったね。(笑)

粂谷)そーなんだよ。プレー以外のところでもたくさん笑わせてもらったなぁ。(笑)

次からは3年生が4年生たちの真似しなくちゃいけないと思う。プレーで後輩たちに見せる以外にも、飲み会とかプレー以外で見せることを今後は意識していきたいかも?(笑)

丸山)今後はピッチ外での粂谷に期待だね。

粂谷)まぁ期待しておいてよ。

 

そんな粂谷は相棒の加藤直哉(3年=東京成徳高校)といつも一緒にいる。カップル並みのラブラブ度であり、相思相愛である。今後の白Fは二人が鍵を握るかもしれない。

左:加藤直哉 右:粂谷直輝

 


目覚ましい成長を見せた白Fはサッカーももちろん全力で取り組んでいるが、遊びも全力である。今回は粂谷にインタビューを行い、白Fの全国大会の秘話に迫った。彼はいつもボケをし続けているが、今回のインタビューでは熱い思いを語ってもらった。白F史上初の全国大会を成し遂げられたのは「仲間」の存在が大きく、特に4年生の力が大きい。そんな偉大な4年生が卒業し、穴を埋める必要がある。今後の粂谷に大きな期待が寄せられる。

明治学院大学 白金FCのチームページ

Written by

丸山拓海

maruyamatakumi

Keywords

Recommend

コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2021.09.10

青春をもう一度!合宿ランキング!

  連日の猛暑は何処へやら。9月がスタートし、涼しい日も増えてきて秋の訪れを感じる時期になってきましたね。 フレッシュな1年生を仲間として迎えてから少し時間が経ち、お互いのことを…

read more 木村彩歌
コラム 2022.08.29

【高校生必見!】体育会ではなく、サークルであることの意味とは?

8月17日、都内会議場にてプレイヤーズカレッジ・マネージャーズカレッジ、通称プレ・マネカレが開催された。   プレ・マネカレとは、様々な大学サッカーサークルの代表者が集まり、各サ…

read more 東 孝太郎
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.07

【新関東カップ2017】ニューヒーロー賞”中島剣士郎”(1年=早大本庄)”

稲穂キッカーズ(以下:稲穂)が圧巻の三連覇を果たし幕を閉じた新関東カップ2017。大会を通し多くの激闘が繰り広げられ、強豪チームがぶつかり合い、白熱した大会であった。4月から入学した新入生を加えた初の…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.05.31

【BMOM48】大寺泰楽(2年=滝川)”早理の起爆剤”が勝利を手繰り寄せる!!

5月27日新関東カップ2017  3回戦、早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)は2部上位枠として3回戦から参戦した慶應キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)と対戦した。 ”早…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-