【前代未聞のサッカー大会】サークルの楽しさが詰まった”GUSTA CUP”が2年ぶりに開催!

東 孝太郎

6月17/18日、茨城県神栖市「サッカータウン波崎」にて、第二回GUSTA CUPが開催された。

 

GUSTA CUPとは、関東の強豪サークルである早稲田大学FC.GUSTAが主催となり、一昨年に第一回大会が開催された大会で、今回で二度目の開催となる。

歴史の浅い大会だが、この大会は他の大会と比べ一風変わっている。

サッカー大会の多くはサッカーの実力を競うものだが、この大会はそれだけではない。

サッカー以外に、綱引きなどのレクリエーション大会も開催されるのだ。

レクリエーション大会には、普段試合に出場できない選手、マネージャーなども参加し、全員が輝ける環境が用意されている。

試合に出場する選手だけでなく、出場しない選手、そしてマネージャーまでも巻き込んだ前代未聞の大会だ。

まさに「サッカーの強さ×楽しさ」を体現するような大会である。

 

第二回である今大会は9サークル、約20チームが参加した。

[大会出場チーム一覧]

・早稲田大学FC .GUSTA

・早稲田大学ヌ式蹴球部(早稲田大学FC .GUSTA 4年生OBチーム)

・早稲田大学A.C.Campione

・中央大学Countrys

・中央大学F.C.Cent.Fiesta

・駒澤大学サッカー同好会

・上智大学FC.LEXSUS

・上智大学サッカー愛好会EAGLE

・NEO関東(新関東リーグ所属の4年生選抜チーム)

 

 

初日に3〜4チームのリーグ戦を行い、上位チームが決勝トーナメントに進出する方式で優勝を争った。

各チーム死闘を繰り広げ決勝に進んだのは、上智大学サッカー愛好会EAGLE Aと駒澤大学サッカー同好会 D。

前後半では決着がつかず、PK戦の末に上智大学サッカー愛好会EAGLE Aが見事優勝を果たした。

優勝した上智大学サッカー愛好会EAGLE Aから雨宮 悠記が大会MVPに、中野 獅童が新人王に輝いた。

また大会得点王には6ゴールを挙げた、早稲田大学FC.GUSTAの角能 俊介が選ばれた。

 

大会1日目の終盤には、レクリエーション大会が開催され、綱引きが行われた。

各チーム一致団結し、互いに励まし合うなど活気に満ちた空間で、サッカーでは見られない盛り上がりとマネージャー達の輝く姿は、サークルならではの楽しさを表現していた。

綱引き大会は中央大学F.C.Cent.Fiestaが圧倒的な力強さと団結力で優勝した。

 

他にも大会を盛り上げるべく、大会前からInstagramにて各チームの投稿のいいね数を競う「いいね大会」や、各チームの中で最もチームを活気付けた人に贈られる「盛り上げMVP」など、他の大会では見られない工夫が施されていた。

 

 

今大会主催を務めた早稲田大学FC.GUSTA代表の原田 龍二は、今大会の意義を以下のように語る。

「この大会の一番の意義は、新入生がサークルサッカー、加入したサークルに馴染んでもらうということです。新入生と現役生が一体となり、サッカー大会だけでなく、レクリエーションなどを通して、他のチームと競争することで帰属意識やチーム愛をもっと強めて欲しいという思いで開催しました。本来サークルは楽しいものなんだということを1人でも多くの人が感じてくれたならこの大会に意義があったと思います。」

 

 

彼自身2年前にこの大会に新入生という立場で参加し、サークル活動の楽しさや自チームへの愛情が芽生えたと言う。

その思いが2年後主催者という立場で再起し、その思いが各チームに伝播した大会となった。

サッカー大会×レクリエーション大会という前代未聞の大会を主催した早稲田大学FC GUSTA、株式会社毎日コムネット様に賛辞を送りたい。

 

 

また今大会を通じて、サークルならではの価値を見出すことができた。

それは「多様性」である。

サッカーだけではなく、一人一人がそれぞれの立場で輝くことができる空間こそサークルであり、これほど多様性に富んだサッカーカテゴリーは、サークルの他にないだろう。

これからも私たちBeYonDは、サッカーサークルならではの価値を社会に発信していきたい。

▼大会概要・結果▼

https://www.soccer-taikai.com/result/23061701/

早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2021.03.25

【新歓記事2021】vol.1 早稲田大学サッカーサークルその1

サッカーサークルに入りたい!マネージャーとして選手をサポートしてみたい!そんな風に思っているけれど、迷ってしまっている新入生の皆さん! 今年も新型コロナウイルスの影響下で、サークル選びの判断材料が少…

read more 後藤直也
コラム 2018.12.20

新関東リーグ2018・1部 ベストイレブン

2018年11月17日、新関東リーグは中央大学フースバルクラブが圧倒的な強さを見せ無敗優勝を果たすという形で幕を閉じた。 中央フースバルは新関東カップに続く、2冠目となる。 BeYonD編集部は今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.28

【BMOM86】齋藤綱太(3年=渋谷幕張)頼れるキャプテンが悲願の1部昇格に導く!

【新関東リーグ2017・1部昇格戦】Zozopark Honda Football Area 慶應義塾大学慶應キッカーズ 2-1 明治大学ESPERANZA 11月25日に行われた新関東リーグ…

read more 森井 貴弘
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.25

【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム 早稲田F.C.GUSTAと明治生田サッカー部蹴球会 2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、 いったいどんな神のいたずらな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.11

【特別企画】強豪校出身者特集ルーキー編 〜サークルはタレント揃い??〜

こんにちは!BeYonD編集部です!   大学入試が終わり、そろそろ各大学サークルで新歓が行われる時期となりました。大学でもサッカーを続けたい、でもサークルと体育会どちら…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.10.26

【BMOM79】終了間際の衝撃2発!!2連勝に導いた体同連エース遊馬幹彦(3年=熊谷西)

新関東リーグ2017・1部第2節、明治大学体同連サッカー部(以下:体同連)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)の試合が鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた。 試合は体同連が退場者を出しなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.21

サッカーサークル界に新リーグ創設!立ち上げのきっかけや現状、将来設計に迫る!

みなさんこんにちは! 今年度から新関東リーグに所属するチームで新しいリーグが創設されたのは御存じでしょうか? その名もSpielen Rookie Leagueです! 創設1年目の今年は…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.09.04

【BeYonD History vol.6】初代ビヨンドマネが語るサッカーサークルとは

BeYonD History vol.5 に引き続き、初代ビヨンドの先輩方にインタビューしました! 今回お話をしてくださったのは、初代ビヨンドマネージャーの神垣柚乃さん(早稲田大学理工サッカー部…

read more 田中菜々美

-PICKUP CIRCLE-