【BMOM142 】早稲田理工の集大成を形づける劇的ゴールを決めたスーパーヒーロー!

山崎冬弥

11月20日(土)に行われた新関東リーグ1部2021・第8節で劇的ゴールを決めチームを勝利に導いた、今節のBMOMは!

試合は早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の早稲田ダービー。お互い勝てば残留確定の試合で試合終了直前まで1-1。そしてラスト1プレーは早稲田グスタのゴール前での混戦。早稲田理工が決めるか、早稲田グスタが守り切るか、緊張が走る。そんな中、一人抜け出し、ゴールへ流し込み勝利を決定づけた選手が、早稲田理工の7番三品晴人(3年=静岡学園)だ。そんな1ゴール1アシストの記録を残した彼にインタビューをした。

-まずは得点、勝利おめでとうございます。
ありがとうございます。

 

-ゴールを決めた心情を教えてください
良い形で得点した中で流れに乗っていたが失点してしまい、お互い最後体力出し切るだけだったので全員で走り、結果的に自分が走ったところにボールがきたので全員で走った結果だと思います。

 

-この試合で意識したことはありますか
チームとしては相手がパスが上手いと分かっていたので、引くのではなく前からプレスにいき、個人的にはサイドで開いてボール受けてドリブルで仕掛けることを意識しました。
前半はそれで自分のアシストで得点につながって良かったです。
今日はおれ、ね、ツイてたね(笑)(笑)

 

-新関東全体を振り返ってどうですか
三年生にとっては最後の大会で、1番の目標にしてきて、前半戦でなかなか勝ち点がとれなかったが、後半戦から自分たちがやってきたことが形になり勝ち点としてでたので、この調子で勝って少しでも高い順位に行きたいです。

 

-最後に来週の最終節意気込みをお願いします
今めちゃめちゃ調子がいいので、最後1位の稲穂をぶっ倒して良い形で引退したいと思います!

 

-ありがとうございました!

 

早稲田理工は全員で走り、チームが一丸となって戦っているのが見えるチームだ。だからこそ、決勝ゴールを決めた瞬間、全員で三品を倒すように喜んでいた。全員の頑張りが得点という形になったためであろう。
1ゴール1アシストしても三品は自分のことよりチームのことを話していた。それほどチームが大好きで、チーム想いの選手なのだろう。インタビュー中に三品を冷やかしに来る仲間を見ても、チーム愛が垣間見れた。
リーグの前半戦はなかなか白星が取れなかったが、後半戦に調子を上げてきている早稲田理工。今節で残留は決めたものの、来週に行われる最終節では、現在1位の優勝候補筆頭の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)との対戦。勢いに乗っている早稲田理工と暫定1位の早稲田稲穂の激戦には目が離せない。

Written by

山崎冬弥

touya

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.20

【復刻!大人気美女マネ特集!vol.1】再掲載記念すべき第1回は美女揃いと呼び声高いあのサークルから!

こんにちは!   お久しぶりです!     美女マネ特集部です。     今までこの特集を楽しみに見て…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.15

【BMOM133】後藤諒(3年=八千代) 立教愛好会縁の下の力持ちが緊張の取材デビュー!

6/8(土)@鹿島ハイツ第5グラウンドにて行われた新関東カップ準決勝。立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会) vs 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)は前半2点を挙げ、勢い…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.04

【新関東FL1部第4節 ・第5節】マッチプレビュー

1位 早稲田大学稲穂キッカーズ 勝ち点9と首位を走る稲穂は今週末、中央大学フースバルクラブと立教大学サッカー愛好会と対戦する。稲穂は11月3日にアットホームカップ決勝を戦った。この試合が土曜日の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.27

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.4

  明治学院大学 白金FC チームPR 昨年度は新関東2部リーグ2位、アットホームカップ全国大会ベスト4と白金FC初となる快挙を達成し、勢いのあるチームです。今年度は勢いそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.11.21

【就活記事】就活生必見!!24卒の先輩たちに聞く就活事情!!!

誰にどんな質問?? 新関東リーグで各チーム熱戦を繰り広げている真最中だと思いますが、3年生は『就職活動』とも本気で戦っている、もしくはこれから戦う人たちがほとんどだと思います。今回は新関東リーグ…

read more 中嶋 快
コラム 2017.08.17

【千葉大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

22番岡内(3年=市立千葉)は確かな技術と笑顔がトレードマーク。心なしか歯が出ている。素晴らしい活躍で優勝へ大きく貢献した。 27番藤方(3年=県立船橋)は岡内と共に中盤を支配し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-