【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

BeYonD 編集部

中央のセルヒオ・ラモス

2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。
慶応義塾大理工体育会サッカー部(以下リコタイ)との決勝戦は、3-0でサッカー同好会が勝利した。最優秀選手賞にはサッカー同好会 0番臼田海人(2年=多摩大目黒)が選出された。
前半17分右からのコーナーを頭で合わせ先制点を挙げた。「二日間を通しキッカーにはファーのボールを要求していた。いいところに来たから思いのままに叩きつけたらゴールとなった」とゴールシーンを振り返る。右サイドバックとして、フル出場を果たし先制点を挙げるといった最優秀選手賞にふさわしいプレーであった。強靭なフィジカルと大事なところで得点を挙げる、まさに、中大にとってセルヒオ・ラモスのような存在である。守備面では体格の大きい選手を多く擁するリコタイ攻撃陣との空中戦において圧倒。攻撃面では戦車のようなドリブルで相手守備陣を切り裂くなど、攻守共に素晴らしいプレーを魅せた。 img_5606

臼田は先月まで行われていた新関東フットボールリーグに初戦を除く6節にスタメンで出場していた。しかし、1日目はベンチスタート。このことを「僕たちのチームは誰が出てもサッカースタイルが崩れないので、自分は出場した時に結果を残すことを意識するだけでした」と結果を残し有言実行した。チームは2部降格という結果から新チームで挑む初の大会となった今回のpremiere cup。「いつも以上に結果の求められる代となり、新チーム初の大会だったので、何としても優勝するために、50分間集中を切らさず声を出し続けた。その結果、先制点を挙げられ、チームが勝つことができてよかった」と個人のプレーを振り返った。チーム全体としては「無失点で決勝まで来ていたのでそのまま無失点優勝と先制点をとると波に乗れるチームなので先制点をとることは意識していた」とチーム全体を振り返った。チーム全体をみるとスーパースターがいるわけでもないが、一人一人の意識の高さやる気、チーム全体の意思統一ができていた。
今後のチームについては「去年はスタートは良かったが段々と成績が落ちで行ったので、今年のチームは一年を通して良い成績を残せるチームになりたい。もう一度足元を見直し、次の学内戦では優勝したい」と今後についてを語った。これから新関東での活躍に期待だ。

 

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.05.16

【BMOM93】中島剣士郎(2年=早大本庄)が稲穂を優勝へ導く意地の一発!

5/13〜14に鹿島ハイツで開催された稲穂カップ2018は、早稲田大学稲穂キッカーズA(以下:稲穂)が慶応義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:キッカーズ)を1-0で撃破し稲穂の優勝で幕を閉じた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.03

【ユニフォーム特集】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.08

【新歓記事vol.10】元幹事長に聞いてみました!新歓の極意!

こんにちは!BeYonD編集部です! 4月も終わりに差し掛かり、各サークル新歓活動も盛り上がってきているのではないでしょうか。ということで今回の記事は新歓をする側の2,3年生に向けた内容になって…

read more 野口日向
コラム 2017.02.18

【新人戦1年生大会①】総集編

【優勝】 中央大学体同連フースバルクラブA 【総評】 2月7・8日に行われた新人戦1年生①は中央大学フースバル同士の決勝戦となり、圧倒的な層の厚さを見せつけ"フースバルの大会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM34】西岡祥樹(3年=東久留米総合)大型フォワードのハットトリックで新関東初勝利を逆転で飾る!

東洋大学FC Liberte FW 西岡祥樹(3年=東久留米総合) 今年度、新関東フットボールリーグに参入した技巧派集団東洋大学FC Liberte(以下:リベルタ)の初の公式戦の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-