【新関東リーグ2017・1部第3節】マガジン杯決勝の再戦!勝つのは王者稲穂か?3連勝を狙う明治体同連か?

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東リーグ2017・1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
3-1
明治大学
体同連サッカー部

10月28日ZOZOPARKにて新関東リーグ2017・1部第3節の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)の試合が行われた。
両者は夏に行われたマガジン杯の決勝以来の再戦となり、その時は稲穂が辛勝した。
今回はどちらが勝ち点3を獲得するだろうか?注目の一戦となった。

img_1641

(早稲田稲穂スタメン)

img_1626

(明治体同連スタメン)

 

前半

スタートはお互いに慎重になり、ボールを蹴り合う展開。

最初のチャンスは明治体同連。
2分、前節2得点の8番遊馬(3年=熊谷西)が単独で抜け出しシュートを打つも枠上に外してしまう。

そして3分、早稲田稲穂が早くも先制する。
ペナルティーエリア内で細かくボールを繋ぎ、最後はエース10番長瀬(3年=國學院久我山)が流し込む。

ここから最初のチャンスをものにした早稲田稲穂が徐々にペースを握っていく。
対する明治体同連もキャプテン3番青木(3年=幕張総合)を中心に連動したプレスで堅実に守っていく。

12分、早稲田稲穂はゴール右寄りでFKのチャンス。
これを92番中島(1年=早稲田本庄)が狙うも、1番芦田(2年=明大八王子)がセーブ。

攻勢を強める早稲田稲穂は16分にもいい位置でのFKを獲得。
今度は長瀬が狙うも惜しくもバーに弾かれてしまう。

さらに21分、6番米澤(3年=早稲田実業)が左サイドをドリブル突破しクロス。
これが流れたところに7番坂梨(3年=早稲田実業)が走り込みシュートも芦田がビッグセーブ。

ピンチを防いだ明治体同連はカウンターでチャンスをつくっていく。
22分、29番三好(2年=福島東)のドリブルがこぼれたところに14番三村(4年=清水桜ヶ丘)が反応し抜け出すも、4番末永(3年=都立駒場)が決死のブロック。

そして24分、明治体同連の少ない人数での縦に早い攻撃が実を結ぶ。
14番三村がサイドからボールを繋ぎ、最後は遊馬がスライディングで押し込み、同点に追いつく。

その直後、早稲田稲穂に退場者がでてしまう。8番山本(3年=川和)が足の裏を見せてスライディングをしてしまい、一発レッド。
同点に追いつかれた直後に1人少なくなってしまう。

前半はここから膠着し、同点で試合を折り返す。

img_1639

後半

後半も相手陣地で試合をしたい両チームは、積極的にボールを蹴り合う。
明治体同連は16番行田(4年=市立浦和)を入れ、キャプテン青木のポジションをCBからボランチにあげて、より押し込もうとする。

7分、明治体同連にチャンス。
6番六田(2年=星陵)が左サイドを抜け出しクロス。
これに遊馬が合わせるも、早稲田稲穂のキーパー1番河瀬(3年=高松)がスーパーセーブ。

1人多い明治体同連がここからペースを握ると思いきや、早稲田稲穂が一瞬の隙を突き追加点を挙げる。
8分、長瀬のスルーパスに抜け出した中島がキーパーとの1対1を制し、ゴールに流し込み早稲田稲穂が2-1とする。

ここからは一進一退の攻防。
13分には明治体同連にビックチャンス。
29番三好が右サイドを抜け出しクロス。
ノーマークの6番六田がダイビングヘッドで狙うも上に外れてしまう。

25分、今度は早稲田稲穂がビックチャンスを作り出す。
44番景山(2年=桐蔭)のパスに反応した中島がペナルティーエリアで倒され、PKを獲得。
絶好機であったが、キッカー長瀬のシュートを1番芦田が読み切りビックセーブ。
今回は芦田がマガジン杯の借りを返す形となった。

このビッグセーブを皮切りに明治体同連が攻勢にでる。
31分、途中出場の41番鷹野(4年=都立駒場)がゴール前で粘りファールを獲得。
これを遊馬が狙うも壁に当ててしまう。

人数をかけて攻め込む明治体同連であったが、早稲田稲穂も必死に身体を張り得点を許さない。
そんな展開の中終了間際、早稲田稲穂5番朴(3年=都立駒場)がゴールライン際で粘り突破しクロス、それを44番景山が詰め、明治体同連のオウンゴールを誘い追加点をあげる。

 

早稲田稲穂の3点目が決まったと同時に試合終了のホイッスル。

img_1640

退場者が出た早稲田稲穂であったが、抜群の決定力で得点を重ね勝ち点3を獲得した。
一方、明治体同連は後半押し込む展開が続くも敗れてしまい、3連勝とはならなかった。

首位の座に王者早稲田稲穂が立ったが、まだ上位は混戦模様。次節どのチームが抜け出すか注目だ。

早稲田大学
稲穂キッカーズの詳細を見る
明治大学
体同連サッカー部の詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2019.02.18

【中央大学学内戦2019決勝】因縁の対決!中央フースは王座死守なるか?中央サカ同、新関東カップのリベンジなるか!?

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

中央大学学内戦決勝

中央大学
サッカー同好会
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2016.11.13

【新関東FL1部第6節】明治Groovyが青山理工の猛攻を凌ぎ、3勝目を挙げる。

新関東1部第6節

明治大学
Groovy kids
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東1部第6節

明治大学
Groovy kids
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2016.11.29

【関西同好会リーグ最終節】同志社三ツ葉が関西同好会リーグ10連覇!

関西同好会リーグ最終節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-0
関西大学
FC TRIOS
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ最終節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-0
関西大学
FC TRIOS
試合情報 2018.05.26

【新関東カップ2018 3回戦】ベスト8をかけた試合は中央フースバルが1点差を守りきり首都大八雲を撃破!

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
首都大学東京
八雲FC
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2018 3回戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-1
首都大学東京
八雲FC
試合情報 2016.11.22

【新関東1部第7節第3試合】 立愛が村山のゴラッソを含める3点を取り快勝

新関東FL1部第7節

中央大学
サッカー同好会
0-3
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第7節

中央大学
サッカー同好会
0-3
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.02.18

【日本大学学内戦決勝戦】法学部サッカー部が見事な逆転勝利

日本大学学内戦決勝

日本大学
教育サッカーBAMBINO
1-2
日本大学
法学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

日本大学学内戦決勝

日本大学
教育サッカーBAMBINO
1-2
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2023.09.10

【マガ杯2023・決勝T】予選で死闘を繰り広げた2チームが決勝T一回戦で再戦!勝つのは法政学団連か、それともFC立教か!?

第41回マガジンカップ2023予選リーグ

法政大学
学団連サッカー部
4-0
立教大学
FC立教
read more 東 孝太郎

第41回マガジンカップ2023予選リーグ

法政大学
学団連サッカー部
4-0
立教大学
FC立教
試合情報 2021.11.22

【新関東リーグ2021・1部第8節】両者残留をかけた大一番!!残留争いから脱出できるのか!?

新関東リーグ2021・1部第8節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-2
早稲田大学
理工サッカー部
read more 早坂

新関東リーグ2021・1部第8節

早稲田大学
FC.GUSTA
1-2
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2020.11.12

【新関東リーグ2020・1部第3節】連覇を狙うオレンジ軍団が無傷の3連勝!!

新関東リーグ2020・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 大田智輝

新関東リーグ2020・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.10.25

【関西同好会リーグ1部第3節】首位対決 龍谷大学龍谷キッカーズvs同志社大学三ツ葉キッカーズは終了間際に龍谷が追いつき引き分け!

関西同好会リーグ1部第3節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
龍谷大学
龍谷キッカーズ
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第3節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
1-1
龍谷大学
龍谷キッカーズ

-PICKUP CIRCLE-