【マネの想いvol.2】”いつもプレの1番側にいる存在へ”

BeYonD 編集部

マネージャー特集 第2弾 早稲田大学HUMAN F.C. 吉留里乃さん

「いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいよう」

human-%e5%90%89%e7%95%99%e9%87%8c%e4%b9%83_8299

−HUMAN F.C.(以下human)に入ったきっかけを教えてください。
マネをやろうとは思っていなかったのですが、humanの先輩たちがいっぱい新歓してくれて、ここだったら楽しい3年間を過ごせそうだなと思って決めました。

 

−1,2年目と3年目の違いはありましたか?
1、2年目は、行ったら先輩が楽しませてくれて、自分が楽しいだけだったんですけど、3年目は自分たちがみんなのことを楽しませてあげる番になって、マネとしてもサッカーを真剣にやる人のことを支えたいし、サークルとしてもみんなに楽しんでもらいたいっていうところで意識が違ったかなと思います。

 

−どういうマネでありたいと思っていましたか?
代が替わったときに、自分の中で、いつもプレイヤーの1番側にいるマネージャーでいようって決めていました。実際、そんなことはできなかったと思うんですけど・・・。

human-%e5%90%89%e7%95%99%e9%87%8c%e4%b9%83_7448

−見ていて、プレイヤーとの関係性がすごく良いなぁって思っていたんですが
本当に大事にしてくれていたなぁって思います。試合に負けたあとも、自分たちが1番悔しいはずなのに、泣いている私のところに来て、「次は絶対」って言ってくれたり。キャンパスが小さいので、授業も昼休みも練習も帰りも休みも一緒で、いつも側にいてくれる優しい人たちばっかりでした。

 

−本当にマネージャーに優しいプレイヤーだなぁというイメージがあります。何かエピソードはありますか?
私はアットホームカップの委員をしていたので、早稲田大学の学内戦で自分たちの試合が終わったあとも仕事があって残っていたんです。飲み会があるので、みんなそっちに向かったんですが、キャプテンが残ってくれて。「みんな行ったよ」って言われたけど、本当は他のプレも違う場所で残ってくれてて、一緒に向かってくれて。プレに忘れられてないんだなってすごく嬉しかったし、「飲み会間に合わねぇじゃん、りののせいだよ(笑)」とか言われながら一緒に向かってくれて、みんなの中にちょっとでも私がいるのかなって嬉しかったです。

 

−3年生を振り返ってどうですか?
23期になってから、新関東FLのカップ戦では準優勝して、マガ杯も決勝トーナメントにはあがれなかったけど強豪に勝ったりして、そんなに悪くはなかったと思うんですが、新関東FLのリーグ戦(以下リーグ戦)で2部に降格するってなってしまって。先輩たちが築き上げてきたものを、下の子たちに良い形で引き継げなかったことは同期のプレが1番苦しんでいました。でも、終わったあとに後輩から「先輩も後輩もみんなで出した今年の結果だから、これからは俺たちに任せてあとは応援してて」って言われたときは、最後の1年だけ見たら辛いけど、やっぱり愛に溢れたサークルだなぁって思って、入ってよかったなぁと思いました。

 

−リーグ戦は厳しい戦いだったように思います。マネージャーとしてどう感じていましたか?
今までは、試合で最後のほうに勝てないかもなって思うこともあったんです。でも、リーグ戦はキャプテンから、「うまくはいかないかもしれないけど、どんなことがあっても絶対に諦めないからついてきて」ってLINEがきて。「いつも、次こそは次こそはって泣かせてるけど、もう本当に最後だから」って。だから私もどんなことがあっても最後まで諦めないっていうのを決めてて。でも、第3節で3連敗して負けて泣いてしまったんです。でもそれは、やばいかもっていう涙じゃなくて、なんでこんなに頑張っているのに勝てないんだろうっていう涙で。リーグ戦は、本当に1秒も諦める瞬間がなかったです。それは、みんなのことを信じてたからだし、負けちゃったけど、そういう関係性にしてくれたみんなにありがとうって思ってます。

私が1年のときの3年が日本一をとって、次の代も日本一を目標にしてやって、自分たちの代でも目指していたんですが、リーグ戦の途中で目標は1部残留になって、結局2部に降格してしまって。下の代に日本一という目標さえ掲げさせてあげられないってなったのが辛かったです。でも、一個下の代に「俺たちは日本一のサークルを作る」って言われて、本当に頼もしいなぁと思いました。

img_3200

−素敵な後輩たちですね。後輩に向けて伝えたいことはありますか?
日本一のサークルにしてください。いつまでも変わらない気持ちで応援してるね!

 

−あなたにとってhumanとは?
私の原動力。みんなに会えると思ったら、なんでもできる。

s__48889892

 

彼女は、大学生活をhumanに捧げてきた。全てだったのかもしれない。日本一をとった代をみてきて、それを目指す代もみてきたけど、自分たちは届かなかった日本一という場所。戦うステージを変えてしまったけど、また後輩たちが目指そうとしている。彼女が意識していた、“みんなに楽しんでもらいたい”という想いは、彼女がマネージャーとしてプレイヤーの1番側で過ごしてきた日々の中で、確実に後輩に伝わっていただろう。その想いを受け継いだ24期がどう這い上がっていくのか。HUMAN F.C.は、まだまだ終わらない。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.09

【BMOM61】佐藤宏樹(3年=市立浦和)強力攻撃陣を支える立愛のイニエスタ!

新関東カップ2017準々決勝立教大学サッカー愛好会(以下=立愛)と明治大学体同連サッカー部(以下=体同連)との試合は立愛が完成度の高さを見せ2-1での逆転勝利を収めた。 立愛の強力攻撃陣を支えな…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.10

【マネの想いvol.3】”プレーヤーと共に新しいチームへ”

3年マネージャー特集 第二弾 法政大学工体連サッカー部 田村瞭奈さん 「プレイヤーと共に、新しい工体連を作り上げた唯一の3マネ」 −法政大学工体連サッカー部(以下工体連)に入ったき…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.07

【新入生必見!同好会チームガイドvol.13】日本大学編その2

今回は、100万人の仲間がいる日本大学の続編です! 先日紹介した3チームに続き、今回は4チーム! それでは早速、紹介して行きましょう!!   日本大学 法学部サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.21

【イケメン特集vol.4】ガチのインテリイケメンを人生で一度は崇めたい。

こんにちは!やってきましたみなさんお待ちかねイケメン特集です! 日々マネジメントを頑張っているマネージャーへのささやかなご褒美といっても過言ではないこの企画。 美女マネばっかりずるいよね!そう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.03

【BMOM130】石井 諒太郎(三年=日大習志野)チームの愛され大バカ者が値千金の先制点!

2019年5月25日新関東カップ第3回戦が行われた。カードは立教愛好会(以下:立愛)vs早稲田大学HUMAN.FC(以下:ヒューマン)。ヒューマンは2戦目、立愛はシードもありこの試合がチームとしては初…

read more 成瀬将希
コラム 2021.04.03

【新歓記事2021】vol.9東洋大学・明治学院大学

  こんにちは! 新歓企画第9弾の今回は東洋大学から3チームと明治学院大学のサークルを紹介します!! まずは東洋大学から!   東洋大学FC.Libert…

read more 山下美穂
コラム 2017.05.01

【BMOM36】福井廉人(2年=函館大有斗) PK3本ストップの活躍で勝利に貢献

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 東京理科大学Ⅱ部体育会蹴球部 0-0(pk3-2) 千葉大学サッカー同好会 GK福井廉人(2年=函館大有斗)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.25

【BMOM65】米澤直也(3年=早稲田実業) 稲穂が誇る超強力サイドバックが得意のインターセプトから決勝ゴールをお膳立て!!

6月24日、新関東カップ2017の決勝戦が埼玉スタジアム第4グラウンドにて行われた。 新関東カップ3連覇を目指す早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は、明治大学Groovy kids(以下グルービ…

read more 遠藤拓朗
コラム 2016.11.11

【BMOM6】MF小田島圭吾(2年) ゴリゴリとゴールを決め2得点の活躍

重戦車 小田島 第5節、6位明治大学グルービーキッズは、明治大学体同連サッカー部と対戦した。結果は3-0とグルービーが明治ダービーを制した。明治ダービー勝利の立役者は、2得点と大活躍した23番小田島…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-