「そもそも、お前ら誰だよ?」BeYonD運営メンバー紹介〜関東編〜

BeYonD 編集部

みなさんこんばんは。

普段見てくれている人も初めての人もこんばんは。

同好会カテゴリー待望のWEBメディア”BeYonD”の認知度も徐々に増してきて嬉しい限りです。
新企画などもどんどん出していこうと思っていますのでこれからも宜しくお願いします。

さて本題に移りたいと思います。率直に言いたいと思います。
BeYonD運営メンバーは明らかに人が足りていません。。。
控えめに言って全く足りていません。。。

そして悲しいことにメンバー募集のツイートをしても一向にメンバーが集まりません!!!!!
びっくりするくらい反応がないのです!!!!

そもそも「お前らは誰なんだ」との意見が多いみたいですね
そうですよね・・

なので、今回はBeYonD運営メンバーの紹介をしたいと思います!

20170222_170224_0001

20170222_170224_0008

森井貴弘
早稲田大学FC.GUSTA 新4年
「天皇杯で同好会がジャイアントキリングする未来を目指します。」

BeYonD設立の主。高い目標を掲げ、鬼の行動力を誇るが根は生粋の陰キャラである。

 

20170222_170224_0012

安井健太
中央大学サッカー同好会 新4年
「同好会カテゴリーらしさでサッカー界驚かせましょう!」

男子校で培った抜群のツッコミに定評がある。また、基本的に人のお弁当にも指を突っ込む。中央大学のミスコンに3年連続書類落選中。

 

20170222_170224_0013

古平翔太
早稲田大学 FC GUSTA  新4年
「サッカースパイクが大好きでコラムを書かせてもらったことからBeYonD にやりがいを感じ、プロジェクトメンバーに加入することになりました。現在3年生ですが、大学院進学を考えているので、あと2.3年はBeYonDに携わっていく予定でいます。選手の皆さんとたくさん話をして情報を共有できればなと思っているので、試合会場で僕を見かけたら気軽に話しかけてくれると嬉しいです!!」

真面目

 

20170222_170224_0010

金子樹
明治大学Groovy kids 新4年
「最近眼鏡変えたんですけど分かります?」

眼鏡を愛し、眼鏡に愛された男。どちらが眼鏡でどちらが金子か時々わからなくなる。街で金子を見かけたと思ったら、zoffであった。

 

 

 

20170222_170224_0004

鈴木瑠華
法政大学学団連サッカー部 新4年
「現在ビヨンドはマネージャーが大変不足しております。マネージャーにしか書けない記事を一緒に企画して書きましょう!」

安井と並ぶツッコミの巨匠。女性の社会進出が叫ばれる中、日本社会に根強く残る男女差別に今日もどこかでツッコミを入れている。

 

20170222_170224_0006

浅川大樹
中央大学サッカー同好会 新3年
「一度きりの人生。馬鹿になってみませんか?」

馬鹿である。

 

img_8915

佐々木一成
中央大学サッカー同好会 新3年
「日本のサッカー人口を増やすためにまずは同好会カテゴリーから精一杯、尽力させていただきます。」

歩く食べログ。食べログの点数でしかお店を見ようとしない。好きな食べ物はバーニャカウダとお母さんが作るたらこパスタ。

 

20170222_170224_0003

広瀬翔大
中央大学サッカー同好会 新3年
「高校、大学サッカーとは別の同好会カテゴリーの魅力を張り切って伝えていきます。」

おでんくん似の甘いマスクを活かし、中目黒のおでん屋でアルバイトをしている。浪人を感じさせないフレッシュさが売り。

 

20170222_170224_0011

高木啓行
中央大学サッカー同好会 新2年
「大学でも熱中できることを見つけたい人達にサークルの良さを伝えたいです。」

どちらかというと、ゆでたまごに似ている。低身長ながら大きな態度を取ることで、未だにメンバーからの信頼を勝ち得ていない。

20170222_170224_0009

澤田結人
早稲田大学FC GUSTA 新2年
「同好会カテゴリーの魅力を最大限に発信していけるよう精一杯頑張ります。」

ガン黒フェイスからは想像できないが、かなりの甘党。糖質制限、日々の筋トレを欠かさない足立区在住のジムリーダー。

 

20170222_170224_0014

高橋佑輔
早稲田大学 FC GUSTA 新2年
「大学生活は自分次第で変えることができます。同好会の良さを最大限引き出せるように精進していきます。」

イケメン感を醸し出すが生粋のAKBヲタクである。(チーム8推し)一人称は”わて”で、常につぶグミを携帯している。

 

s__13828100

上野澄人
中央大学サッカー同好会 新4年
「生きてるだけでまるもうけ」

交通事故により一度死にかけた。そこから奇跡の復活を果たし、主に美女マネを担当しており文章力抜群のBeYonDエースストライカー。初めはみんな大好きだが、3年間一緒にいると大体こいつのこと嫌いになる。

 

 

BeYonDで記事を書いてみたい。
自分も同好会カテゴリーになにか貢献したい。
興味はあるけど実際に何をするか知りたい。

と思った方はTwitterのダイレクトメッセージ、または、こちらからお気軽にお問い合わせください!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more 古平 翔太
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more 高木啓行
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.05.15

【BMOM 121】早稲田稲穂MF豊田吏央(2年=幕張総合)がチームを優勝へと導く影の立役者に!!

稲穂フェスタ2019は、主催チーム早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝により、幕を閉じた。 そんな白熱した決勝戦において、一試合を通して圧倒的な存在感を放ち、 早稲田稲穂の優勝に…

read more 小川雄矢
コラム 2020.11.01

【新関東リーグ2020・1部第2節マッチハイライト】優勝のために負けられない一戦の結果は!?

11月1日、開幕戦と共に連日鹿島ハイツで行われた第2節の結果がこちら。 開幕戦を勝利で飾り、共に連勝したい中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)と慶應大学理工学部サッカー部(以下:リコタイ…

read more 丸山椋大
コラム 2020.05.04

【特別企画】Leo the footballインタビュー!サッカー分析編!

みなさんおうち時間はいかがお過ごしですか? 今回は、分析官兼サッカーYoutuberとして登録者数10万人を誇る「Leo the football(レオザフットボール)」さんにインタビューしまし…

read more 高橋ちひろ
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.12

【BMOM89】工藤敬太(2年=検見川)勝利を手繰り寄せるスーパーゴール!!

先日行われた学年別round 2年生大会で見事優勝を収めた中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)。大方の予想に反して今大会のダークホースとして大躍進した中央MAPLEの中でも一際異彩を放ち、決勝で…

read more 高木啓行
コラム 2017.01.11

【美女マネ特集vol.12】第12回の今回はユニオンリーグに所属し、今年で44期を迎えるワールドなあのチームのマネ!

  こんにちは!   新年も最高のスタートを切った美女マネです!   いや~それにしても青森田中、あ、、青森山田強かったですね~!! …

read more 上野澄人
コラム 2016.10.07

【女子必見】サッカーサークルイケメン巡り 〜第1回 中央大学編〜

突然ですが、イケメンはお好きですか? 特に女子のみなさん!学校、仕事、恋愛、友達…なにかと悩みが尽きませんよね? そんな女子たちの疲れた心を癒すのにうってつけなイケメン特集です。 記念すべき第1…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-