【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

BeYonD 編集部

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部

蓮池壮(2年=錦城)

 

 

3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守備に阻まれながらも、後半に推進力抜群の攻撃陣がついに力を発揮しESPALDを撃破した。

その試合でリコタイの攻撃の中心には背番号10を背負ったレジスタ蓮池(2年=錦城)がいた。

 

チームとして走り込みを普段からしているだけあって、サイドバックの攻撃参加など長い距離を走り相手ディフェンスを撹乱させる攻撃が得意なリコタイ。

この試合も得点シーンでは左サイドからのクロスに合わせたのは右サイドバックの4番綿引(2年=渋谷幕張)だった。

そんな縦に強く走り出す選手が多い中、10番蓮池は無駄なスプリントを極力せずに、確かなボールコントロールで中盤をコントロールした。

抜群のファーストタッチで相手に飛び込むスキを与えず、味方のランニングにピンポイントで優しいスルーパスを通す蓮池は間違いなくリコタイの”レジスタ“であった。

今大会アシスト王に輝いたが、後半6分のクロスバーを叩いたフリーキックなどセットプレーからのゴールにも注目していきたい。

 

img_0077

 

学内戦優勝を決めた直後の蓮池は

「とてもわっしょいな気分です。
うちの可愛い可愛いマネージャーたちのためにも残りのタイトル全部取りたいです。」

とおどけて見せたが、その言葉通り今後もタイトルを取り続けるという自信を感じさせた。

 

新関東リーグで惜しくも1部昇格を逃し、リベンジをかけた今シーズン。出場した大会では毎回決勝戦に進出するなど、その実力をいかんなく披露している慶應リコタイ。

背番号10を背負う“レジスタ”蓮池を中心とした攻撃的なサッカーで、今シーズンどれだけタイトルをことができるのか、非常に楽しみだ。

img_0081

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.29

【フットサル新歓記事vol.2】明治大学・中央大学編(体同連フットサル部GOONY、中央大学 FC Brooklyn)

明治大学体同連フットサル部GOONY ・自分達のサークルを一文で表すなら フットサルを通じて、大学生活を充実させる場所。 ・大学、チーム名 明治大学、体同連フットサル部GOONY ・…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.20

【復刻!大人気美女マネ特集!vol.1】再掲載記念すべき第1回は美女揃いと呼び声高いあのサークルから!

こんにちは!   お久しぶりです!     美女マネ特集部です。     今までこの特集を楽しみに見て…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.21

【美女マネ特集vol.2】第2回は他チームも借りたくなるほどのマネ王国、あのチームのマネ!

お久しぶりです。   先日ついに、ついに、始まった夢の企画。   フォロワーが100人しかいなかったBeYonD公式Twitterで第1回の記事更新をお知ら…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.08.25

優勝の立役者!?新関東カップで活躍した情熱あふれるスーパールーキー!!

1年生が入学してから4か月が経ち、サークルサッカーの魅力を感じ始めている頃ではないでしょうか。 そこで今回は、新関東カップで活躍したスーパールーキーにインタビューをしてきました! 新関東カップを優…

read more 山口輝
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝
コラム 2019.06.01

【BMOM128】水野晃佑(3年=慶應志木)エースが躍動。チームをベスト8に導く2ゴール。

5月25日、慶應義塾大学理工体育会サッカー部(以下:慶應リコタイ)と明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)の試合が神栖市矢田部サッカー場にて行われた。新関東リーグ1部の明治生田を相手に2部の慶應リコタイ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-