【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

BeYonD 編集部

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎えた。

試合はフースバルがボールを支配し、押し込む展開が多く見られた。ヒューマンはフースバルの猛攻を耐え凌ぎ、無失点で抑えPK戦に突入。

このPK戦を5-3とし、ヒューマンがベスト4進出を決めた。フースバルの長身FW13番西野(2年=星稜)とのエアバトルを制し、フースバルのロングボールを弾き続けたのがヒューマン42番高橋昌樹(3年=暁星国際)だった。

img_5038

背丈は西野には劣る高橋だったが、ダイナミックな空中戦を見せた。フースバルのロングボールをほぼ全て弾き返し、ロングボールで押し込ませることを許さなかった。飛び続けていたせいか試合終了間際には両足を攣ってしまい途中交代となったが、無失点に高い貢献を見せていた。

高橋は強敵フースバルに対して「相手マネージャーに可愛い子がいたのでそこらへん意識してやりました。フースのマネージャーさん見てるかな」とコメントしたが、次の準決勝では自チームヒューマンのマネージャーにいいところを見せるよう頑張ってほしい。

またPK戦にまでもつれ込む熱戦を振り返り「チームとしては、レアルのサッカーを体現し、PKまで持ち込むゴラッソな勝ち方ができてよかったと思います。また個人としては、自分が個で負けないことで相手の起点を潰せたことがチームに貢献できた点だと感じています」とコメント通り相手の起点を潰す活躍が光っていた。

フースバルの西野との対戦について「相手FWの13番は成宮似のイケメンでスタイルも良かったので、勝てるのはヘディングしかないという背水の陣で挑みました」とコメントした。最後に次の準決勝明治大学Groovykids戦について「次の試合は今回の試合より身長高く見せるために、ちょんまげの長さを2倍にしていきます」とリラックスさが伺えるコメントを残した。

img_5011
次の明治大学Groovykidsは小田島や千葉など高いポテンシャルを秘めた選手をこの高橋が抑えられるか非常に注目だ。

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.29

【プレスリリース】株式会社トラストグロースとスポンサー契約締結を致しました。

この度、2017年10月1日より BeYonDプロジェクト(代表:森井貴弘)は株式会社トラストグロース(代表取締役:長井博)との間で、スポンサーシップ契約を締結しましたことをご案内申し上げます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.18

【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

はい、どうもみなさんこんにちは。   beyond編集部です! 本日の企画!! YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以…

read more 山崎冬弥
コラム 2017.03.16

【サッカーを仕事にするということvol.1】第一弾はアマチュアサッカーを支えるあの企業!

新企画、「サッカーを仕事にするということ」が始まります! プレーヤーとしてサッカーに関わることがすべてではなく、様々な形でサッカーに関わっている人にインタビューしていきたいと思います。 第一弾…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.16

【新人戦2年生大会】 総集編

【優勝】 慶應義塾大学リコタイChanpagenaFC 【総評】  2月5・6日に行われた2年生学年大会。抽選によりグループリーグの組み合わせが決まった。昨年度準優勝の立教愛好会…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.24

【BMOM90】圧巻のゴールラッシュ。藤生凛太郎(2年=柏日体)がハットトリック達成。

2月23日に行われた上智大学の学内戦決勝はFUN-ta-SISTER (以下:上智ファンタ)AとFUN-ta-SISTER Bとの同サークル対決となった。結果は7-0とAチームが流石の強さを魅せ圧巻の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.03

【ユニフォーム特集】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成って難しいですよね、、 メーカーやデザイン、ロゴの種類や値…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.01.08

【就活記事 vol.2】早稲田大学HUMAN F.C. 藤林拓哉 「自分の決定を正解に変えていく覚悟作り」が就活

時にとにかく明るい藤林と称され、持ち前の明るさとカリスマ性で2017年度の早稲田大学HUMAN F.C代表としてチームをまとめ上げた藤林拓哉。 1部リーグ昇格こそできなかったものの、学内戦優勝や新関…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【同好会基礎情報vol.8】あのJリーグクラブが後援している同好会カテゴリー最大規模の大会「紫京杯」とは?

サッカー同好会カテゴリーでは稀だが、都道府県内No.1を決める大会が京都には存在する。 その名も、京都学生サッカー同好会選手権大会『紫京杯』 毎年8~9月に、60以上の参加チームで行われている同好…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-