【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

BeYonD 編集部

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎えた。

試合はフースバルがボールを支配し、押し込む展開が多く見られた。ヒューマンはフースバルの猛攻を耐え凌ぎ、無失点で抑えPK戦に突入。

このPK戦を5-3とし、ヒューマンがベスト4進出を決めた。フースバルの長身FW13番西野(2年=星稜)とのエアバトルを制し、フースバルのロングボールを弾き続けたのがヒューマン42番高橋昌樹(3年=暁星国際)だった。

img_5038

背丈は西野には劣る高橋だったが、ダイナミックな空中戦を見せた。フースバルのロングボールをほぼ全て弾き返し、ロングボールで押し込ませることを許さなかった。飛び続けていたせいか試合終了間際には両足を攣ってしまい途中交代となったが、無失点に高い貢献を見せていた。

高橋は強敵フースバルに対して「相手マネージャーに可愛い子がいたのでそこらへん意識してやりました。フースのマネージャーさん見てるかな」とコメントしたが、次の準決勝では自チームヒューマンのマネージャーにいいところを見せるよう頑張ってほしい。

またPK戦にまでもつれ込む熱戦を振り返り「チームとしては、レアルのサッカーを体現し、PKまで持ち込むゴラッソな勝ち方ができてよかったと思います。また個人としては、自分が個で負けないことで相手の起点を潰せたことがチームに貢献できた点だと感じています」とコメント通り相手の起点を潰す活躍が光っていた。

フースバルの西野との対戦について「相手FWの13番は成宮似のイケメンでスタイルも良かったので、勝てるのはヘディングしかないという背水の陣で挑みました」とコメントした。最後に次の準決勝明治大学Groovykids戦について「次の試合は今回の試合より身長高く見せるために、ちょんまげの長さを2倍にしていきます」とリラックスさが伺えるコメントを残した。

img_5011
次の明治大学Groovykidsは小田島や千葉など高いポテンシャルを秘めた選手をこの高橋が抑えられるか非常に注目だ。

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.31

【新入生必見!同好会チームガイドvol.6】明治大学編その2

今回は明治大学の続編です! 前編の4チームとはまた違った雰囲気を持つ4チームを取り上げていきます 明治大学の新入生は是非、このチームガイドを参考に、1つでも多くの新歓に足を運んでほしいと思います!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.29

【BMOM32】蓮池壮(2年=錦城)”リコタイのレジスタ”が推進力抜群の攻撃陣のタクトを振る

【BMOM32】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 蓮池壮(2年=錦城)     3月27日の慶應義塾大学学内戦・決勝では、FC.ESPALDの組織的な守…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.26

【新歓記事2021】vol.2 早稲田大学サッカーサークルその2

新歓記事vol.2ではvol .1に引き続き早稲田大学の6チームを紹介します!     早稲田大学荒友キッカーズ ・自分たちのサークルを一言で表すと! …

read more 東 孝太郎
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝
コラム 2021.10.31

【新関東リーグ2021・1部第4節マッチハイライト】ハロウィン決戦in鹿島 勝ち点を積み上げたチームはどこだ!?

10月31日(日)、鹿島ハイツにて新関東リーグ第4節が行われた。 未だ勝ち点で抜きん出るチームがおらず、混戦状態の新関東リーグ2021・1部。勝ち点を積み上げたチームはどこだろうか。 未だ負けが無…

read more 大田智輝
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.27

【新入生必見!同好会チームガイドvol.3】早稲田大学編その3

第3回も第1回、第2回に引き続き「早稲田大学」の特集です! 新入生は数あるサッカーサークルの中から選ぶことになると思いますが、 今回もユニオンリーグに所属するチームを始め、計6チームをピッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.05.02

大学サッカーサークル最強チームが挑む!YouTube史上初のReelZ LEAGUE とは?

ReelZ LEAGUEに出場中の2チームのキャプテンにインタビューしてみました!! こんにちは!BeYonD編集部です! 今回の記事は、「ReelZ LEAGUE」に出場中のREVENGERSと…

read more 竹中莉夏

-PICKUP CIRCLE-