【新関東カップ2017】ベストイレブン

BeYonD 編集部

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させていただきました。

優勝した稲穂からは今大会のMVPの10番長瀬(3年=国学院久我山)を中心に最多6名を選出。ベスト8のチームからは、早稲田GUSTAの新10番安東(2年=国学院久我山)が唯一選出された。

惜しくも選出とならなかったが、早稲田HUMANの藤林(3年=比叡山)・磯島(2年=真岡)、立教愛好会の浅田(3年=農大一)・梶川(3年=初芝橋本)、グル―ビーの坂上(3年=清水東)・中司(3年=国学院久我山)・山口(3年=駿台津田沼校)などタレントが多く、11人決めきるのに頭を抱えてしまった。

img_5214

GK

img_5196

稲穂1番 河瀬 雄哉(3年=高松)

今大会からスタメンの座を掴んだ3年生。読みと相手との駆け引きが得意な選手であり、今大会では4試合1失点という鉄壁を誇った。

コメント:「この度はベストイレブンに選んでいただいて光栄です!!この賞は自分の力だけでは絶対取れなかったと思います。共に闘ったチームメイトに感謝です!

稲穂の目標である三冠日本一に向けて、ここから気を引き締めて頑張ります!」

 

 

DF

c7b53f9e-7207-4d39-8273-f656f073fa7a

稲穂7番 坂梨 龍太(3年=早大実業)

今期より本職の左サイドハーフから左サイドバックへコンバートした選手。豊富な運動量で果敢な攻撃参加を行った。DF登録ながら2得点の活躍。

コメント:「とても嬉しいです。サイバにコンバートされたのもあり、フレッシュな気持ちでカップ戦を戦うことができました。サイバとしての自分はまだまだ成長途上なんで、マガハイではもっといいプレーをして長瀬と左サイド制圧します。充実した夏休みを送りたいです」

 

グルービー22番 安藤 成希(1年=水戸商業)

一年生とは思えない落ち着きと抜群のキック精度でグルービーを支えたセンターバック。圧倒的な劣勢な青理戦ではその危機察知能力でゴールを阻止、早稲田ヒューマンのエース藤林を完封した実力派。

「強いチームが勝つのではない、勝ったチームが強いのだ。ってベッケンバウアーが言ってました!」

 

HUMAN42番 高橋 昌樹(3年=暁星国際)

新関東屈指のエアバトラー。準々決勝のフースバル戦では長身FWの西野(2年=星稜)との白熱の空中戦を見せた。ちょんまげ頭がトレードマークで、ちょんまげが長ければ長いほど調子がいいそうだ。

コメント:「今回ワイをベストイレブンに選んでいただきありがとうございます。正直一番悔いに残っているのは、優勝を逃したことよりも立愛のマネを落とせなかったことです。今大会の結果を真摯に受け止め、次の大会までに少女漫画200冊を読破することをここに誓います」

 

稲穂6番 米澤 直也(3年=早大実業)

粘り強い守備で圧倒的な対人スキルを持つサイドバック。今大会では相手のエースをことごとく潰し右サイドを制圧した。決勝戦では長瀬のゴールをお膳立て。

コメント:「こういうのは選ばれないキャラなので、素直にベストイレブンに選ばれて嬉しいです。ですが、あくまでチームのためにプレーするのがポリシーなので、これからもチームのために頑張ります」

 

MF

b24455ab-c276-4108-974f-e749132dd937

稲穂10番 長瀬 良太(3年=国学院久我山)

言わずと知れた稲穂のエース。ドリブル、シュート、フィジカル全てが高水準であり王様として君臨した。決勝でも優勝を決める得点を決め、MVPを受賞した。

コメント:「3連覇出来てようやくスタートラインに立てた感じです。王様目指して頑張ります。笑」

 

立愛6番 佐藤 宏樹(3年=市立浦和)

立愛の強力攻撃陣のタクトを振るレジスタ。長短織り交ぜた正確なパスが特徴。また長身からは想像もできない柔らかいタッチも魅力で守備面での貢献も大きい。最近レアルで活躍しているカゼミーロのようだ。

コメント:「ベストイレブンに選んでいただいて嬉しいです。タイトルを獲るために、個人でも違いを作れるように頑張ります」

 

稲穂46番 近藤 凌(2年=日大藤沢)

落ち着いたボールキープと高精度なロングボールが武器の稲穂の司令塔。縦に早い稲穂の攻撃の起点には欠かせない存在で、数々のチャンスを演出した。

コメント:「今回ベストイレブンに選んでいただきとても嬉しいです。来年の四連覇へのプレッシャーがしんどい部分もありますが、とりあえず目標の三冠・日本一を今年達成できるように頑張りたいです」

 

GUSTA10番 安東 尚宏(2年=国学院久我山)

ベスト8敗退チームからの唯一の選出となったグスタの2年生10番。テクニック、パワー、スピード全てを兼ね備えたドリブルで堅守を誇る早稲田理工からハットトリックを達成した。優勝した稲穂を相手にも1人別格の存在感を放ち、稲穂ディフェンスが手に負えなかったただ1人の選手だった。

コメント:「この度はベストイレブンに選んでいただきありがとうございます。チームとしてベスト8なのに選んでもらえて光栄です。今大会で今年のグスタの良さ悪さが明確になった気がします。また自分自身決めるとこ決めなきゃ勝てないということを心底感じました。夏から留学に行くので時間は限られていますが、マガハイで優勝できるよう仲間たちと勝負強いチームを作っていきたいです。りょうたくん次は負けないですよ。笑」

 

FW

f1d3fb09-738c-41e3-b747-b6ce477e02c0

グルービー23番 小田島 圭吾(3年=国学院久我山)

“小田島ゲー”という言葉を流行らせるほど独力でゴールをこじ開けた皆さんご存知の重戦車。BeYonDで特集され過ぎるがため最近ではコメントを先輩に委託するようになったほどの大物だ。

コメント:「彼女とお揃いでレッドホットチリペッパーズのTシャツ買ったんですけど、大学で着てる人をよく見てすごい残念です」

 

稲穂77番 中島 剣士郎(1年=早大本庄)

稲穂期待の新人ストライカー。高いシュート精度を誇り、スピードに乗った抜け出しや鋭いターンで相手ゴールを脅かした。今大会は3試合3ゴールの活躍でニューヒーロー賞を受賞。

コメント:「新人賞とベストイレブンという大きな賞を貰えて素直に嬉しい。FWはゴールを決めてナンボのポジション。自分はカップ戦ではゴールを決めれて、もってる選手になれた。でも、これがたまたまもってる選手になれたのでは意味が無い。どんな時でもFWはもってる選手になれなければならない。だから、これからは“あいつはやっぱりもってるよな”って言われるように、得点感覚を研ぎ澄ませていけたらなと思う。次目指すタイトルはMVPも大事だが、FWである以上“得点王“は貪欲に狙っていきたい」

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2016.11.09

【美女マネ特集vol.4】第4弾は大統領選挙のトランプ氏のごとく新関東FL2部を首位で走るあのチームのマネ!

こんにちは!   トントントントンクリントン!でおなじみの美女マネ特集です!   いやークリントンさんも、トランプさんに負けてしまいましたね。 &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM4]MF三村翼(3年)直接FKで決勝点。攻守で存在感を示す

驚異のセカンド回収率 三村   明治大学体同連サッカー部は、中央大学サッカー同好会との生き残りを賭けた下位決戦。 結果は1-0で明治体同連が勝利した。この大事な決勝点を挙げたのは、キ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.30

【新関東リーグ2019・1部第7節マッチハイライト】優勝したのは、グスタ!降格するのはまさかの、、、

2019年の新関東リーグの最終節は台風の影響で延期になったアットホームカップの関係で、11月16日と11月23日の2日間に分けられて開催された。 今節まで優勝チームも降格チームも確定していない中…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.28

【新関東カップ戦2022 予選リーグ マッチハイライト 】遂にカップ戦開幕!!大事な初戦を勝利したチームは!?

第1グループ 新関東カップ開幕戦の第1グループ1試合目、慶應大学FC NINDO(以下:慶應NINDO)対早稲田大学Sunday FC(以下:早稲田Sunday)の試合は序盤から動く。 前半8…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.02

【BMOM37】小池建(3年=幕張総合)強烈な左足で1G1Aの活躍

【新関東カップ2017 1回戦】K9 football park ICHIHARA 早稲田大学CRUYFF 0-4 明治大学BeeVoo MF小池建(3年=幕張総合) 新関東カッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.02

【BMOM120】fc.elfを悲願の初優勝へ導いたスーパー1年生!

3月27日新横フットボールパークにて慶應義塾大学学内戦2019決勝が行われた。 昨年優勝チームの慶應キッカーズ、準優勝チームの慶應義塾大学理工サッカー部などが次々と準決勝で敗退していく中、ジャイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.20

【新チーム始動インタビューvol.8】”早稲田大学 稲穂キッカーズ”

昨年度、新関東カップ、アットホームカップ、新関東リーグで優勝を果たし、日本一に輝いた早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。 まさに「稲穂の年」と言われた昨シーズンが終わり、新シーズンが幕を開け…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.23

【BMOM16】坂梨 龍太(2年) スプリントを繰り返しチームを支える

デビル 坂梨 早稲田稲穂は、先日に行われた新関東リーグ最終節で早稲田HUMANと対戦した。早稲田稲穂 にとっては、全勝優勝がかかった大事な早稲田ダービーとなった。結果は1-0で早稲田稲穂が苦しみなが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.05

【BMOM30】SB嶋方翼(2年=農大二高)左サイドをシャットアウトし悲願の初タイトル獲得

本日、GuamChampionship予選が鹿島ハイツにて行われた。決勝戦は立教大学サッカー愛好会、慶應大学理工学部サッカー部というカード。結果は1-1の同点で50分間が終了した。そして、PK戦の末、…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-