【マネの想いvol.9】”何があっても、応援し続ける”

BeYonD 編集部

明治大学体同連サッカー部 

藤原由衣さん

1503708609777

 

 

−体同連としての3年間の結果はどのようなものでしたか?
2年のときが1番強かったと思います。私たちの代は、1年とか2年でAチームで出てる人もいました。
でも、3年のときはあまり結果を残せていなくて、マガジンカップ(以下マガ杯)3位くらいかなぁ。
私たちの代で結果を残せていない印象が強いかもしれないです。

 

−マガ杯では、1〜8位トーナメントにAチームとBチームが進出していましたよね。
そうですね。マガ杯でやっと調子がでてきた感じでした。
でも、他の大会では結果を残せなくて、最後の新関東FLのリーグ戦も自力では残留できなくて、他のチーム頼みでした。

 

 

−体同連にとってマネージャーはどういう存在だったと思いますか?
私はずっと、マネはいなくてもいいのかなって思っていて。特にマネじゃなきゃできない仕事ってないし。

 

−そういう言葉をかけられたことがあったんですか?
言われたこともあったはあったかなぁ…
高校時代にマネがいなくて、自分たちで何でもやってきたプレの中には、マネがいなくてもできるっていうスタンスの人ももちろんいて。
多くのプレは、マネに来て欲しいって言ってくれてたけど、
それは何かしてほしいっていうよりはただ応援してほしいっていう理由だったと思います。
マネとしての仕事とか存在が求められていたかっていうと、たぶんそうではなかったです。

 

−確かに、男子校出身のプレイヤーとか、自分たちでやることが当たり前の世界でサッカーしてたプレイヤーは、最初は大量のマネージャーに戸惑っていたりしますよね(笑)
そうですね(笑)1年のときとか、ちょっと練習行きづらかったりしたかも(笑)

 

−プレイヤーからマネージャーとしての仕事が必要とされていないかもしれないという中で、マネージャーを続けられたのはどうしてですか?
悔しかったからかな。絶対にマネとしてできることもあって、何かしら貢献できることがあると思ったから

1503708611627

−あなたにとってプレイヤーはどのような存在でしたか?
プレは、マネの存在がモチベーションって言ってくれてたけど、私にとってもプレの存在はマネ長として頑張っていく上でのモチベーションでした。

 

−チームやプレとの関わり方で何か気をつけたことはありますか。
マネの参加率』
優勝を目指して全力でサッカーしてるプレと、自由参加のマネの間に意識の温度差がないようにしたかったです。
自由参加だし、プレもマネに多くは望んでないんだけど、マネがいないことでプレがやらなきゃいけないことが増えるのは違うなとも思ってて。
だから、練習に参加するようにしたら、プレ一人一人を見られるようになりました
それで仲良くなることができたり、誰が何を必要としているかを考えたりできるようになって、それをプレから言われる前に準備したり、先回りして行動できるようになったかなぁ。

 

−3年生を振り返ると何が思い浮かびますか?
私の代になってからマネの雰囲気は変わったなぁと思います。
普段1,2年のキャンパスの近くで練習するので、3年のキャンパスからは遠かったり、定期外だったりして例年3マネの足が遠のくんですが、私の代はマネが結構来てたイメージです。
私はマネ長だし、家も近かったので行ってたのですが、「私が行くから来る」って言ってくれるマネがいたり、単純に応援するために来てたり。

マネが来るようになった1番のきっかけはアットホームカップの学内戦(以下明大カップ)かなぁ。
それで負けたのは大きかった。
その数日前に新関東FLカップ戦(以下新関東カップ)も負けちゃってて。
もし新関東カップに勝ててたら東西交流に行けてたし、明大カップに勝ててたらアットホームカップの本大会に行けてたし。
負けが続いてて雰囲気が悪くなっちゃって、どん底に落ちてたと思う。
そのときに、3マネでミーティングとかではなく、お昼食べながら自然とチームのことについて話したり
結果だけみてもしょうがないから、次はマガ杯だねって、前を向くようにしてました。

 

−マガ杯に向けてなにか行ったことはありましたか?
まずは練習にいくこと
プレは試合に負けたら、マネに申し訳ないって謝ってくれることもあったんだけど、私たちは負けて謝ってほしいわけじゃないから、
負けても、何があっても私たちはしっかり応援するよっていう姿勢を見せられるのが『参加率』だと思った。

あと、メッセージを書きました。
マガ杯前の練習合宿で2,3マネから2,3プレに向けて。
こういうことが少しでもプレのモチベーションになったらいいなぁって思って。

 

−包容力が大きいマネージャーですね、良い妻っぽい。
そうかも(笑)2マネは黄色い声援って感じがあったけど、3マネはお母さんだった(笑)

 

−マネをしていて1番嬉しかったことはなんですか?
勝って喜んでる姿を見れたこと
マガ杯とか特殊だから、チーム関係なく空いてる時間に応援できて、勝ったことをみんなで喜ぶことができて。
その姿を見れたのが本当に嬉しかった。マガ杯で初めて、勝って泣いて、負けて泣きましたね

1503708603990

−後輩に伝えたいことはありますか?
私は体同連ってバランスがいいと思ってます。
部活でもなくサークルでもないから難しいと思うけど、自由参加っていう環境で、『自分の意思でやってるからこそ得られるものもある』ってことかな。

 

−あなたにとって体同連とは?
居場所であり、自分を成長させてくれた場所

 

 

多くのプレイヤーにとって、サークルでのサッカーが人生で最後の、本気でできるサッカーだと思う。
マネージャーは、十何年もサッカーをしているプレイヤーの、人生で最後の本気でサッカーをする時を、支えたいと想っている。
「なに言ってんだ」って笑うかもしれない。
マネージャーのエゴだったり、自己満足だったりするかもしれない。

たくさんのチームがあって、たくさんのプレイヤーがいて、たくさんのマネージャーがいる。
サッカーのことも、あなたたちが走ってきた十何年もわからないけれど、でもみんなが想っている。
「勝ってほしい、悲しむ姿を見たくない。」
なぜなら、私たちはあなたたちが走っている今を一番近くで見ていて、何があってもあなたたちを一番近くで応援しているから

夏がきた。初めての夏、2度目の夏、最後の夏。
プレイヤーも、マネージャーも、この夏は二度とないから。
全力で楽しんで、戦って、泣いて、笑って。それぞれの、最高の夏になりますように。

明治大学 体同連サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 森井 貴弘
コラム 2022.08.02

【新入生特集】ラグビー花園経験者がサッカーサークルに入った理由とは

こんにちは。BeYonD編集部です!! 梅雨が明け、ますます暑さが増してくる季節かと思いますが体調を崩さず過ごせているでしょうか。そんな時期ですが、大学一年生にとってはやっとサークルに慣れてくる時期…

read more 柴田尋生
コラム 2017.04.21

【同好会基礎情報vol.6】夢のグアムへの切符をかけて…”Guam Championship”とは?

大学生のみなさんなら長期休みを利用して、一度は"海外でバカンスしてみたい" なんて考えたりしますよね? ハワイ、セブ島、サイパン、グアム… もしもサッカーの大会で優勝したらグアムに行…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.11

【新歓ムービー紹介vol.2】中央同好会、早稲田理工、慶應リコタイ、立教愛好会

中央大学 サッカー同好会 https://vimeo.com/213201875 【コンセプト】 同好会にとって最も重要なオンザピッチとオフザピッチの切り替えの部分を、年間行事を通して分かり…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【新関東FL1部第7節】 マッチプレビュー

第1試合 青山理工vs.明治大学体同連サッカー部 4位青山理工(勝ち点9)は6位明治体同連(勝ち点6)と対戦する。前回両チームとも負けてしまい残留には後がない状態となった。青山理工は前回試合を終始支…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.12.06

【新関東リーグ2022・1部・最終節マッチハイライト】遂に最終節を迎えた1部リーグ。最後に笑うチームはどこだ!?

新関東リーグ2022・1部最終節は12/3,4の2日に分けて開催された。また、雷雨の影響で延期となった第6節早稲田大学HUMANFCvs早稲田大学稲穂キッカーズの試合は、12/5に開催された。 12…

read more 大田智輝
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.03

【マネの想いvol.5】“勝利の喜びを共有させてくれて、ありがとう”

第5弾となるマネの想いを語ってくれたのは、 慶應義塾大学 慶應キッカーズ 3年 諸星咲奈さん (写真右) ―キッカーズのマネージャーはどんな仕事していますか? 正直1番…

read more 田中菜々美
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-