【新関東FL1部第2節】マッチプレビュー

那須将司

第4試合 明治大学Groovy kids VS 早稲田大学FC GUSTA

明治Groovy(勝ち点0)と早稲田GUSTA(勝ち点0)、この試合は大事な初戦をものにできなかったチーム同士の対戦となる。
まだまだ始まったばかりの新関東リーグではあるが、ここで勝ち点3をとれるかどうかは、優勝争いに関われるかどうかに大きく関係するだろう。
長年1部で存在感を発揮する明治Groovyを2度目の1部を経験する早稲田GUSTAがどう攻略するかが見ものだ。
 dmfiznguiaeu3-g

8位 明治大学Groovy kids

前節、青山学院大学理工サッカー部に0-4で敗北した明治Groovyだが、このまま連敗するとは思えない。
今年もポテンシャル軍団は必ず結果を出しにくる。

1~3年生が中心となって戦った新関東カップでの準優勝。

そして学内戦での優勝など、タイトルをとってきたチームに、14番澤井(4年=ジェフ千葉Y),3番妹尾(4年=作陽)の二人が加った。

さらには、中盤にもう一人の逸材が加わるというも…
そんな選手層の厚くなったGroovyだが、やはり今節で注目するのは23番小田島(3年=國學院久我山)だ。

3年になって重戦車“改”へと進化した彼だが、前節は無得点に抑えられた。

しかし、今節対戦する早稲田GUSTAの守備には付け入るスキは必ずある

小田島がどれだけ得点に関われるかが勝利へのキーとなりそうだ。
 img_2664

6位早稲田大学FC GUSTA

一方、早稲田GUSTAだが、二年前のような昇格年度降格は絶対に避けなければならない。
カップ戦、マガジン杯、学内戦でもタイトルはとれていないものの、カップ戦優勝チームの早稲田稲穂には、一目置かれる存在であるほどの力はある。

10番安東(2年=國學院久我山)の抜けた穴が心配であったが、前節の明治大学体動連(マガジン杯準優勝チーム)戦を見る限り、その心配はいらなそうだ。
しかし、0-1→1-1→2-1→2-2→2-3と逆転してからの逆転負けし、1部の難しさを経験したはずだ。
これをどう攻略するかが見ものである。
特に注目すべきは攻撃陣であり、ゴール前で繰り広げられるアイディア溢れるパス回しは見ものだ。
その中でも8番大野(3年=柏陽)68番金田(1年=國學院久我山)の二人がキーになってくるだろう。
前節4失点の明治Groovyへ牙を向くのはこの二人か。それとも…
明治大学 Groovy kidsのチームページ 早稲田大学 FC.GUSTAのチームページ

Written by

那須将司

nasu

早稲田大学 FC.GUSUTA

Keywords

Recommend

コラム 2021.02.22

【キャプテン特集】本気になれる場所、ここにあります。

高校時代には県選抜・全国総体ベスト8と輝かしい成績を残すも、選手権県予選決勝では自分のミスから2失点し全国出場ならず。浪人を経て、選んだサッカーサークルで学んだ事とは。最終学年ではキャプテンとしてサー…

read more 大田智輝
コラム 2019.02.20

☆【30名限定】2/26(火)就活解禁目前 サッカーサークル限定就活座談会!☆

皆さん、こんにちは! 現在、各校の学内戦がサークル会を賑わせていますね!   今回はそんな後輩たちの結果を横目に就活に励んでいる方へのメッセージです!   …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.18

【全米に見せたい】青山学院大学理工サッカー部のモチベーションムービーがすごい!!!!

2009年チャンピオンズリーグ 決勝『バルセロナvs.マンチェスターユナイテッド』 世界一を決める重要な試合前にバルセロナのグアルディオラ監督が選手にみせたこちらのビデオをご存知でしょうか?? …

read more 上野澄人
コラム 2019.04.07

【新歓記事2019】vol.11 中央大学

強豪ひしめく中央大学のサークル紹介です! 中央大学サッカー同好会 ・大学名・チーム名 (中央大学サッカー同好会) ・自分達のサークルを一文で表すと! (サッカーをガチでや…

read more 三木大輔
コラム 2017.07.02

【BMOM66】 竹井伸吾(3年=水戸商) ”THE ボランチ”

2017年の明治大学学内戦決勝は、異例のGroovy kids(以下グルービー)対決となった。 前半から新ユニフォームを身に纏い、ジャイアントキリングを狙う勢いあるグルービーBを、ライバル明治体同連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.07

【新入生必見!同好会チームガイドvol.13】日本大学編その2

今回は、100万人の仲間がいる日本大学の続編です! 先日紹介した3チームに続き、今回は4チーム! それでは早速、紹介して行きましょう!!   日本大学 法学部サッカー部 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.05

マネージャー事情 第一弾みんなの寒さ対策

1.定番「ホッカイロ」 ホッカイロはもはやサッカー観戦を問わず冬の必需品!貼るタイプはお腹や背中に、貼らないタイプはポケットに常備するなど複数使用は当たり前のようです。また末端冷え性の方には…

read more 鈴木瑠華
コラム 2017.05.30

【BMOM47】増田伸(3年=幕張総合) 後半のハットトリックで大逆転!勝利を呼び込むゴールハンター!!

新関東カップ2017、3回戦で日本大学理工学部サッカー部(以下:日理)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)がしのぎを削った。前半終了時のスコアは0-2で工体連が2点リード。後半も日理にとっては難…

read more 澤田結人
コラム 2020.09.04

【必見!】足つり予防の新しい提案!

夏も佳境を迎え、気づけば9月に突入してしまいました。コロナウイルスの影響からサークル活動がうまくやれない中、苦労しながらこの夏を過ごしたチームも少なくないのではないでしょうか。今後も練習などを行ってい…

read more 齋藤優
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-