【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

森井 貴弘

【新関東リーグ2017・1部最終節】
同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。
小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。

 

引き分け以上でリーグ優勝が決まる早稲田稲穂青山理工と対戦し、1点ビハインドの後半ラスト2分に1年生エース98番中島(1年=早稲田本庄)のミドルシュートで追いつき1-1の引き分けとなった。
優勝を勝利で飾りたい早稲田稲穂は前半に幾度となく決定機を迎えるもなかなかゴールを破れない。
試合が動かないまま迎えた後半、青山理工は11番田中(3年=)の「股しかなかった」と語った股抜きスルーパスに7番古林(3年=狛江)が抜け出し、1対1を沈め青山理工が先制する。
負ければ2位転落の可能性のある早稲田稲穂は後半33分に中島がゴール前で右足を振り抜き早稲田稲穂が土壇場で追いつき、1-1で試合終了。
その結果、早稲田稲穂は新関東カップ・マガジンカップ・新関東リーグの3冠を達成した。

 

残留、入れ替え戦枠を争う早稲田グスタ立教愛好会の試合は早稲田グスタが2-1で立教愛好会を下した。
早稲田グスタは前半立ち上がりにコーナーキックから7番池田(3年=八千代)が決め、幸先良く先制すると、
後半にもコーナーキックから注目の1年生関(1年=浦和レッズユース)が決め、2-0とする。
負ければ入れ替え戦に回ってしまう可能性のある立教愛好会はその後すぐに内海(2年=春日部共栄)の得点で追撃をするも早稲田グスタが耐え切り、試合はそのまま終了。
早稲田グスタは悲願の1部残留を達成した。

 

負ければ2部降格の明治生田はキャプテン吉崎のPKで決勝点を奪い、明治体同連に1-0で勝利。リーグ戦初勝利を挙げた。
残留へ向け勝利が必須の明治生田は立ち上がりから気持ちの入ったプレーを見せる、迎えた、前半26分にファールで獲得した、PKをキャプテン吉崎が右上に決め先制する。
リーグ戦を勝利で終えたい明治体同連もその後、最後まで猛攻を仕掛けるも生田ゴールをこじ開けられず試合はそのまま終了。
その結果、明治生田は7位となり、12/2(土)に行われる「1部昇格戦の敗者」との入れ替え戦に進むことになった。

 

第3試合の明治生田が勝利したため、負ければ自動降格となってしまう明治グルービー中央フースバルとの激闘の末、1-2に破れ、2部降格となってしまった。
何としてでも勝ち点が欲しい明治グルービーは立ち上がりから気迫が伝わるプレーでゴールに迫るも中央フースバル7番小竹(1年=新潟明訓)に先制され苦しい展開に。
しかし、その1分後に明治グルービーは小田島(3年=國學院久我山)のスーパーミドルシュートで同点に追いつく。
このまま試合終了かと思われた、終了間際に中央フースバルの38番大石(3年=藤枝東)がフリーキックを直接決め、これが決勝点となり試合終了。
新関東カップ準優勝の明治グルービーは得失点差で8位となり、まさかの2部降格となった。

 

【最終節】(11月18日)
[鹿島ハイツスポーツプラザ第1グラウンド]

早稲田稲穂 1-1 青山理工
[稲]中島(68分)
[青]古林(57分)

立教愛好会 1–2 早稲田グスタ
[立]内海(45分)
[グ]池田(7分)、関(43分)

明治生田 1–0 明治体同連
[生]吉崎(26分)

中央フースバル 2-1 明治グルービー
[フ]小竹(21分)、大石(68分)
[グ]小田島(22分)

 

150653

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.10.25

【BMOM109】途中出場の大井川翔(2年=八千代松陰)が値千金の同点弾!!

先週の試合が延期になったこともあり、他のリーグより遅れて開幕した新関東リーグ2部B。 このリーグきっての強豪、日本大学法学部サッカー部(以下=日大法学部)と、慶応大学理工学部サッカー部(以下=慶応リ…

read more 大塚朝史
コラム 2017.10.14

【新関東リーグ2017・1部第1節】遂に同好会カテゴリー最大規模のリーグ戦が開幕

【新関東リーグ2017】が本日10月14日開幕した。 あいにくの悪天候のなか、1部はZozopark Honda Football Areaにて熱戦が繰り広げられた。   昨年…

read more 森井 貴弘
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more 古平 翔太
コラム 2019.03.29

【新歓記事2019 vol.4慶應義塾大学その2】

  慶應義塾大学の新歓記事の第2弾です!  慶應義塾大学トータス FC ・大学・チーム名 (慶應義塾大学/トータスFC)   ・自分達のサークル…

read more 成瀬将希
コラム 2017.12.18

【新関東リーグ2017】ベストヤングプレーヤーは立教愛好会山本(1年=ヴィッセル神戸U-18)が受賞

ベストヤングプレーヤー 山本彩斗(1年=ヴィッセル神戸U-18) 12月2日の入れ替え戦をもって終了した新関東リーグ2017にて立教大学サッカー愛好会の山本彩斗がベストヤングプレーヤーと…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more 古平 翔太
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.30

【BMOM35】髙坂圭一(3年=本郷) ”Esperanzaの闘将”

明治大学 Esperanza DF 髙坂圭一(3年=本郷) 明治大学Esperanza vs 早稲田大学 Sunday SCの試合は両者実力が均衡し、なかなかチャンスが訪れないゲー…

read more 古平 翔太
コラム 2016.10.27

【スパイク特集vol.2】~FGスパイクを使いこなせ!!~

みなさん、スパイクコラムの第1弾は読んでいただけたでしょうか? 「読んでないよ~」という方がいましたら、ぜひページを戻って第1弾の方を先に読んでみてください!!   では、…

read more 古平 翔太
コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more 浅川大樹

-PICKUP CIRCLE-