【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

森井 貴弘

【新関東リーグ2017・1部最終節】
同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。
小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。

 

引き分け以上でリーグ優勝が決まる早稲田稲穂青山理工と対戦し、1点ビハインドの後半ラスト2分に1年生エース98番中島(1年=早稲田本庄)のミドルシュートで追いつき1-1の引き分けとなった。
優勝を勝利で飾りたい早稲田稲穂は前半に幾度となく決定機を迎えるもなかなかゴールを破れない。
試合が動かないまま迎えた後半、青山理工は11番田中(3年=)の「股しかなかった」と語った股抜きスルーパスに7番古林(3年=狛江)が抜け出し、1対1を沈め青山理工が先制する。
負ければ2位転落の可能性のある早稲田稲穂は後半33分に中島がゴール前で右足を振り抜き早稲田稲穂が土壇場で追いつき、1-1で試合終了。
その結果、早稲田稲穂は新関東カップ・マガジンカップ・新関東リーグの3冠を達成した。

 

残留、入れ替え戦枠を争う早稲田グスタ立教愛好会の試合は早稲田グスタが2-1で立教愛好会を下した。
早稲田グスタは前半立ち上がりにコーナーキックから7番池田(3年=八千代)が決め、幸先良く先制すると、
後半にもコーナーキックから注目の1年生関(1年=浦和レッズユース)が決め、2-0とする。
負ければ入れ替え戦に回ってしまう可能性のある立教愛好会はその後すぐに内海(2年=春日部共栄)の得点で追撃をするも早稲田グスタが耐え切り、試合はそのまま終了。
早稲田グスタは悲願の1部残留を達成した。

 

負ければ2部降格の明治生田はキャプテン吉崎のPKで決勝点を奪い、明治体同連に1-0で勝利。リーグ戦初勝利を挙げた。
残留へ向け勝利が必須の明治生田は立ち上がりから気持ちの入ったプレーを見せる、迎えた、前半26分にファールで獲得した、PKをキャプテン吉崎が右上に決め先制する。
リーグ戦を勝利で終えたい明治体同連もその後、最後まで猛攻を仕掛けるも生田ゴールをこじ開けられず試合はそのまま終了。
その結果、明治生田は7位となり、12/2(土)に行われる「1部昇格戦の敗者」との入れ替え戦に進むことになった。

 

第3試合の明治生田が勝利したため、負ければ自動降格となってしまう明治グルービー中央フースバルとの激闘の末、1-2に破れ、2部降格となってしまった。
何としてでも勝ち点が欲しい明治グルービーは立ち上がりから気迫が伝わるプレーでゴールに迫るも中央フースバル7番小竹(1年=新潟明訓)に先制され苦しい展開に。
しかし、その1分後に明治グルービーは小田島(3年=國學院久我山)のスーパーミドルシュートで同点に追いつく。
このまま試合終了かと思われた、終了間際に中央フースバルの38番大石(3年=藤枝東)がフリーキックを直接決め、これが決勝点となり試合終了。
新関東カップ準優勝の明治グルービーは得失点差で8位となり、まさかの2部降格となった。

 

【最終節】(11月18日)
[鹿島ハイツスポーツプラザ第1グラウンド]

早稲田稲穂 1-1 青山理工
[稲]中島(68分)
[青]古林(57分)

立教愛好会 1–2 早稲田グスタ
[立]内海(45分)
[グ]池田(7分)、関(43分)

明治生田 1–0 明治体同連
[生]吉崎(26分)

中央フースバル 2-1 明治グルービー
[フ]小竹(21分)、大石(68分)
[グ]小田島(22分)

 

150653

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.02.12

【BMOM89】工藤敬太(2年=検見川)勝利を手繰り寄せるスーパーゴール!!

先日行われた学年別round 2年生大会で見事優勝を収めた中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)。大方の予想に反して今大会のダークホースとして大躍進した中央MAPLEの中でも一際異彩を放ち、決勝で…

read more 高木啓行
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more 大貫 杏華
コラム 2019.03.30

【新歓記事2019 vol.6 明治大学】

明治大学Groovy kids ・大学・チーム名 明治大学Groovy kids ・自分達のサークルを一文で表すと! 家族 ・チームの理念・モットーは? 遊びもサッカーも真剣に…

read more 長谷川聡志
コラム 2017.11.01

【BMOM82】亦野陸生(3年=八千代) 鮮やかなFKで同点弾を演出

[10.28 新関東リーグ2017・1部第3節 青山理工 1-1 明治生田 ZOZOPARK] 一点のビハインドを負って迎えた後半17分、センターよりやや左で手に入れたFKのキッカーを務…

read more 高橋佑輔
コラム 2021.05.18

【YouTuberインタビュー】サークルからプロを目指すあとぅきさんにインタビュー

はい、どうもみなさんこんにちは。   beyond編集部です! 本日の企画!! YouTuberの【あとぅきさん「サークルからプロへ」】で、中央大学サッカー同好会(以…

read more 山崎冬弥
コラム 2016.12.28

【同好会基礎情報Vol.5】スペイン遠征に行っていた同好会トレセンって何だろう?自分たちでも参加できるの!?

先日のクラブワールドカップでレアルマドリードが日本に凱旋していた頃、日本からもスペインへ渡り、サッカーをしてきた同好会カテゴリの選手達がいます。   それが同好会トレセンです!!…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.20

【参加チーム募集】関西で大好評だったフットサル1年生選手権が関東上陸!!サッカーサークル大歓迎!!

全て倒して王になれ。 最強は誰か?1年生王者は誰か? 【WHO IS NO.1 ?】 参加資格は至ってシンプル。 <世代最強>を欲していること。 勝って勝って勝ちまく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.21

【イケメン特集vol.4】ガチのインテリイケメンを人生で一度は崇めたい。

こんにちは!やってきましたみなさんお待ちかねイケメン特集です! 日々マネジメントを頑張っているマネージャーへのささやかなご褒美といっても過言ではないこの企画。 美女マネばっかりずるいよね!そう…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.18

【高校別OB座談会vol.7】昨年全国出場を果たした強豪校!桐蔭名物麻婆唐揚げとは…?

中大同好会4年山本璃來、中大フースバル2年橋本光一郎、慶應リコタイ4年石井諒、法政学団連3年町田晃司、早稲田稲穂キッカーズ3年景山亜月、慶應キッカーズ3年堀口創平、元立教愛好会4年鈴木志遠、明治エスペ…

read more 高木啓行
コラム 2018.07.21

【新関東カップ2018】新人賞

絶対王者、早稲田稲穂キッカーズ(以下、早稲田稲穂)の4連覇を阻止した中央大学フースバルクラブ(以下、中央フースバル)の初優勝で幕を閉じた新関東カップ2018。 4月に大学生になったばかりで加入して間…

read more 遠藤瞭介

-PICKUP CIRCLE-