【新関東リーグ2017・1部最終節】早稲田稲穂が2連覇3冠達成!!明治グルービーはまさかの2部降格へ

森井 貴弘

【新関東リーグ2017・1部最終節】
同好会最高峰の新関東リーグが最終節を迎えた。
小雨が降りしきる中、優勝・残留を目指した熱い戦いが繰り広げられた。

 

引き分け以上でリーグ優勝が決まる早稲田稲穂青山理工と対戦し、1点ビハインドの後半ラスト2分に1年生エース98番中島(1年=早稲田本庄)のミドルシュートで追いつき1-1の引き分けとなった。
優勝を勝利で飾りたい早稲田稲穂は前半に幾度となく決定機を迎えるもなかなかゴールを破れない。
試合が動かないまま迎えた後半、青山理工は11番田中(3年=)の「股しかなかった」と語った股抜きスルーパスに7番古林(3年=狛江)が抜け出し、1対1を沈め青山理工が先制する。
負ければ2位転落の可能性のある早稲田稲穂は後半33分に中島がゴール前で右足を振り抜き早稲田稲穂が土壇場で追いつき、1-1で試合終了。
その結果、早稲田稲穂は新関東カップ・マガジンカップ・新関東リーグの3冠を達成した。

 

残留、入れ替え戦枠を争う早稲田グスタ立教愛好会の試合は早稲田グスタが2-1で立教愛好会を下した。
早稲田グスタは前半立ち上がりにコーナーキックから7番池田(3年=八千代)が決め、幸先良く先制すると、
後半にもコーナーキックから注目の1年生関(1年=浦和レッズユース)が決め、2-0とする。
負ければ入れ替え戦に回ってしまう可能性のある立教愛好会はその後すぐに内海(2年=春日部共栄)の得点で追撃をするも早稲田グスタが耐え切り、試合はそのまま終了。
早稲田グスタは悲願の1部残留を達成した。

 

負ければ2部降格の明治生田はキャプテン吉崎のPKで決勝点を奪い、明治体同連に1-0で勝利。リーグ戦初勝利を挙げた。
残留へ向け勝利が必須の明治生田は立ち上がりから気持ちの入ったプレーを見せる、迎えた、前半26分にファールで獲得した、PKをキャプテン吉崎が右上に決め先制する。
リーグ戦を勝利で終えたい明治体同連もその後、最後まで猛攻を仕掛けるも生田ゴールをこじ開けられず試合はそのまま終了。
その結果、明治生田は7位となり、12/2(土)に行われる「1部昇格戦の敗者」との入れ替え戦に進むことになった。

 

第3試合の明治生田が勝利したため、負ければ自動降格となってしまう明治グルービー中央フースバルとの激闘の末、1-2に破れ、2部降格となってしまった。
何としてでも勝ち点が欲しい明治グルービーは立ち上がりから気迫が伝わるプレーでゴールに迫るも中央フースバル7番小竹(1年=新潟明訓)に先制され苦しい展開に。
しかし、その1分後に明治グルービーは小田島(3年=國學院久我山)のスーパーミドルシュートで同点に追いつく。
このまま試合終了かと思われた、終了間際に中央フースバルの38番大石(3年=藤枝東)がフリーキックを直接決め、これが決勝点となり試合終了。
新関東カップ準優勝の明治グルービーは得失点差で8位となり、まさかの2部降格となった。

 

【最終節】(11月18日)
[鹿島ハイツスポーツプラザ第1グラウンド]

早稲田稲穂 1-1 青山理工
[稲]中島(68分)
[青]古林(57分)

立教愛好会 1–2 早稲田グスタ
[立]内海(45分)
[グ]池田(7分)、関(43分)

明治生田 1–0 明治体同連
[生]吉崎(26分)

中央フースバル 2-1 明治グルービー
[フ]小竹(21分)、大石(68分)
[グ]小田島(22分)

 

150653

Written by

森井 貴弘

takahiro morii

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2019.12.10

【BMOM139】丸山航平(2年=松本山雅U-18) 悲願の一部昇格を勢いづけた先制点!チーム1の愛されキャラが勝利を手繰り寄せた!

先日行われた新関東リーグ一部昇格をかけたプレーオフの昇格戦で、早稲田大学HUMAN F.C(以下:ヒューマン)は明治ESPERANZAを下し、悲願の新関東一部参入を決めた。2-0というスコアで勝利した…

read more 高澤航平
コラム 2017.09.19

【美女マネvol.24】今回は先日のマガ杯で準優勝したあのチームのマネ!!

  こんにちは!!     先日行われたマガジン杯、例年通り大盛り上がりでしたね!!     敗戦に悔し涙を…

read more 上野澄人
コラム 2016.12.22

初代「Beyon d’Or」決定

BeYondによる新企画!!!   その名も「Beyon d'Or」※ビヨンドール どこかで聞いたことがあるような響きですよね。   そうです国際サッカー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM40】千葉光輔(3年=上尾)ピッチ上を駆け回るひと際目立つ男の1発で試合を決定づける。

5/20に行われた新関東カップ2回戦、日本大学理工学部サッカー部(以下日理)vs東京大学駒場FC(以下駒場)は2-0で日理が勝利し、3回戦へ駒を進めた。 気温は28度、天然芝の照り返しも考えると…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.19

【BMOM31】田中圭介(1年=日大藤沢) ”食いしん坊ドリブラー”

【BMOM31】法政学団連サッカー部  MF17 田中圭介(1年=日大藤沢)   先日行われたGuam Championship 鹿島ハイツラウンドにて法政大学学団連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.27

【マネの想いvol.8】"無冠の代とは言わせない"

–稲穂キッカーズ(以下稲穂)は練習がすごく厳しいことで有名ですよね。 週3回、午前に2時間練習します。早いときは8時から。2時間集中して練習を行います。遅刻は絶対にだめで、1年時からプレマネ関係なく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.06

【新関東リーグ2019・1部第5節マッチハイライト】混戦の優勝争い、優勝へ向けてグスタが勝ち点を積み重ねる!

11/3(日) 鹿島ハイツで第5節4試合が行われた。 第1試合目は早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の試合。 終始拮抗した試合展開だったが、終了間際に稲…

read more 落合陸
コラム 2016.12.26

【全米に教えたい】モチベーションムービーの作り方!!

  12月に入ってだいたいのチームも代が替わり、新体制に変わったことでしょう。 これからモチベーションムービーをつくることになった方もいるかもしれません。   …

read more 上野澄人
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-