【BMOM97】大木優(1年=慶應志木)が2アシストの活躍!立教愛好会撃破の立役者に!

高橋佑輔
  1. [06.02 新関東カップ 2018 準々決勝  慶應e.l.f. 3 – 0 立教愛好会 ZOZO PARK HONDA FOOTBALL]

a9a1f634-a599-49d7-99e0-79b0051022c4

3回戦で同じ慶應大学で1部所属の慶應キッカーズを倒し、勢いづく慶應大学FC. e.l.f.(以下:慶應エルフ) 。

慶應エルフの勢いはこの日も違った。

前半、立教大学サッカー愛好会にパスを回される展開も、慶應エルフ20番関口(2年=市立浦和高)のミドルシュートで先制に成功。そのまま前半を折り返すが、強豪立教愛好会相手に1-0というスコアはいつひっくり返されてもおかしくはなかった。

そこで後半に投入されたのがまだチームに入ったばかりの1年生FW大木優(1年=慶應志木)だった。

大木は投入されると早速結果を残す。後半14分にバイタルエリアでパス受けると、華麗なスルーパス。77番渡辺(2年=都立西)のゴールをアシスト。
大木は直後の後半17分にも右サイドでボールを受けるとDFの裏をつく、チップキックパスのパスを配給。これを10番待場(3年=エスペランサ)が決め、駄目押しの3点目をアシスト。
「途中出場だと試合に入りづらいので早く試合に入れるように意識した」と語るように、わずか交代後4分でアシスト。見事試合に入り込んでいた。

それでも「とても緊張してその他のプレーがダメだったのでアシストだけでもできてよかったです。」と謙虚に振り返る。

失敗の許されないトーナメントでは「結果」がなによりも求められる。途中出場2アシストの1年生は間違いなくこの試合のキープレイヤーであった。

次回対戦するのは王者早稲田稲穂。
「次も勝てるように試合に出たら結果を残せるよう頑張りたいです」と意気込む、一部キラーとして旋風を巻き起こしてる慶應エルフ、この男が稲穂の4連覇を阻止する鍵となるかもしれない。

Written by

高橋佑輔

takahashi

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.01.18

【美女マネ特集vol.13】第13回はミス〇〇リンピックにも選ばれたあのチームのマネ!

こんにちは!   夏は暑がり、冬は寒がり、好きな国旗はハンガリーでお馴染みの美女マネです!!   最近非常に寒いですね~。   &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.01.30

新チーム始動インタビュー第4弾”明治大学体同連サッカー部 青木聡汰”

2年前、アットホームカップを制し日本一を勝ち取った明治大学体同連サッカー部。翌年、マガ杯で3位入賞となるものの無冠の1年となった。リーグ戦では最終節に土砂降りの中、青山理工に劇的勝利し残留をもぎ取った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.08

【新関東カップ2017】大会総括(MVP、得点王)

4月29日に始まり、2カ月に及んだ新関東カップ2017は早稲田大学稲穂キッカーズの大会3連覇という形で幕を閉じた。 今回はその大会を簡単に振り返り、大会MVPと得点王の選手を紹介していく。 &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.23

【マネの想いvol.7】”日本一のマネージャーになる”

−中央大学体同連フースバルサッカークラブ(以下フース)でのマネージャーとしての仕事を教えてください。 3マネについてお話しすると、私たちの代は係制度にしていて、10人が副マネキャプ、出席係、会計、備…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.16

【BMOM70】 抜群の推進力と身体の強さを活かし、矢部晃太(3年=埼玉栄)がFC FLITTを東洋大学頂点に導く2発!!

先日大雨の中行われた東洋大学 F.C. FLITT(以下FLITT)と東洋大学 就活してboys(以下就活)による東洋大学学内戦決勝は、打ち合いの接戦となった。 天候のせいか、試合は互いにロングボー…

read more 大塚朝史
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more 古平 翔太
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more 上野澄人
コラム 2017.10.24

【新関東リーグ2017・2部B第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日大法学部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝のHUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡れ足を滑らす場面もあった…

read more 高木啓行
コラム 2016.11.22

【BMOM15】浅田 拓郎(2年) 次世代の怪物が前線で躍動

怪物でごわす   立教愛好会は、先日の新関東リーグ最終戦で中央同好会と対戦した。結果は3-0で立教愛好会が勝利した。闘将村山のゴラッソなどを含む3得点と攻撃陣が躍動。その攻撃陣の中心…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-