【BMOM104】内海 健太郎(3年=春日部共栄)優勝への立役者は闘志あふれる高い壁!!

落合陸

全国から65チームが集まりしのぎを削るサークルの全国大会、マガジン杯が9月7日に開催された。
優勝候補としては新関東カップを優勝した中央大学フースバル、昨年の王者である早稲田大学稲穂キッカーズが有力であった。

そんな前評判を覆し、7年ぶり2度目の優勝を挙げたのが、立教サッカー愛好会A(以下:立教愛好会)である。

第36回マガジン杯決勝戦のBMOMには、空中戦の強さと持ち前のキャプテンシーで立教愛好会を優勝に導いた、内海健太郎 (3年=春日部共栄) を選出したい。

84055441-807d-4dcc-b269-d186ac6ea8a7

内海の強みは言うまでもなく、上背を活かした空中戦を制する力だ。
さらに的確なカバーリングや高精度なロングフィードで攻撃の起点にもなれる、オールマイティーなセンターバックである。

決勝戦では、勢いのある同志社大学三ッ葉キッカーズBのカウンター攻撃にも最後の要塞として立ちはだかりチームのクリーンシートに大きく貢献した。

「走る、闘う、声を出す」
主将内海を中心に立教愛好会がマガジン杯優勝に向けて常に意識してきたことだ。
その意識は決勝でも光り、最後まで内海はチームを鼓舞して戦い続けた。

試合後内海は
「素直に勝てて嬉しかったです。内容としては、もう少しボールを保持したいところだったんですけどプレッシャーが早かったのである程度長いボールを使いながら攻撃出来たのが良かったかなと思います。また常にチャレンジャー精神を忘れずに試合に挑めたのもよかったと思います。
立愛の代名詞でもある応援もすごくて試合していて楽しかったです。」
と振り返り、優勝の喜びを素直にかみしめた。

さらに試合に入る時のルーティンやジンクスを伺ってみると
「ルーティンとしてはプレーヤーマネージャーとハイタッチをして気持ちを高めてます。
ジンクスかはわからないですが、試合前に写真を撮るときにFWの12番大岩がするポーズがあるんですがそれをやると負けてないと思います。」
と答えた。チームのキャプテンとして試合前に仲間とのハイタッチをする。これが、チームとしてのモチベーションを高め、一体感を生んでいるのかもしれない。

試合後内海はチーム全体で勝ち取った勝利にうっすらと涙を浮かべていた。

これから始まるリーグ戦、内海が持ち前のキャプテンシーでどれだけ立教愛好会のサッカーを仕上げていくか注目していきたい。

立教大学 サッカー愛好会のチームページ

Written by

落合陸

Ochiai

Keywords

Recommend

コラム 2018.04.19

【新歓記事2018 vol.9】日本大学のチーム紹介

第9弾は日本大学のサッカーサークル紹介です! 日本大学教育サッカーBAMBINO ・自分達のサークルを一文で表すなら (笑) ・大学、チーム名 日本大学教育サッカーBAMBINO…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.29

【新歓記事2019 vol.4慶應義塾大学その2】

  慶應義塾大学の新歓記事の第2弾です!  慶應義塾大学トータス FC ・大学・チーム名 (慶應義塾大学/トータスFC)   ・自分達のサークル…

read more 成瀬将希
コラム 2017.08.26

【プレからの想いvol.3 】”マネはスパイス”

夏の合宿もほとんど終わり、3年生にとっての最後の夏が終わろうとしています。 久々のこの企画… プレからの想い 今回はユニオンリーグから、 早稲田大学 GIOCATORE このサークル…

read more 大貫 杏華
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2018.02.12

【BMOM89】工藤敬太(2年=検見川)勝利を手繰り寄せるスーパーゴール!!

先日行われた学年別round 2年生大会で見事優勝を収めた中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)。大方の予想に反して今大会のダークホースとして大躍進した中央MAPLEの中でも一際異彩を放ち、決勝で…

read more 高木啓行
コラム 2019.05.29

【BMOM127】中村亜門(2年=横河武蔵野)決勝点でチームを3年ぶりのベスト8へ導く!

新関東カップ3回戦 慶應義塾大学慶應キッカーズ(以下:慶應キッカーズ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)の試合が5月25日に矢田部サッカー場にて行われた。 ポゼッションを得意とするチ…

read more 平野楓
コラム 2021.04.05

【新歓記事2021】vol.11日本大学

【新歓記事2021】最終回は、日本大学の特集記事です! 学部ごとにキャンパスが異なる日本大学だからこそ、サークルごとにそれぞれの良さが出てますね! 新入生はぜひサークル選びの参考にしてもらえると嬉…

read more 大田智輝
コラム 2018.11.10

【BMOM115】津幡康樹(3年=八千代) 首位を走る中央フースバルを支える影の大黒柱が活躍!!

11月3日土曜日、鹿島ハイツで行われた1部リーグ5節は首位維持のために勝ち続けたい中央大学体同連フースバスクラブ(以下:中央フースバル)と残留するために勝ちたい慶應大学キッカーズクラブ(以下:慶應キッ…

read more 落合陸
コラム 2017.05.26

【BMOM46】伊藤貴紀(1年=座間) 強心臓ルーキーの1発が試合を決める

新関東カップ2017の2回戦、明治大学ESPERANZAと明治学院大学白金FCが対決した。 猛暑の中で試合は拮抗し、両チームスコアレスのままPK戦に突入するかと思われたが、試合終了直前のところで1人…

read more 澤田結人
コラム 2017.11.06

【新関東リーグ2017・2部B第4節ハイライト】4連勝の明治エスペランサが首位をガッチリとキープ

早稲田HUMAN – 日大理工 早稲田HUMANが前半早々から圧巻のゴールショーを見せる。前半2分、菰原(3年=熊本国府)のゴールを皮切りに前半だけで3得点と自慢の攻撃陣が火を吹く。後半に入りそ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-