【復活!!マネの想いvol.1】”仲間はいて当たり前の存在、なくてはならないもの”

大貫 杏華

約1年半ぶりにこの企画が復活します!

“マネの想い”

大学サッカー同好会カテゴリーにおいて必要不可欠な存在
また、そのあり方もチームによって大きく異なるマネージャーに迫るこのコラム。
様々なチームのマネージャーの想いをインタービュー形式で探っていきたいと思います。
記念すべき復活第1弾は…

早稲田大学 HUMAN F.C.
4年 岸本知奈実さん

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%bf −HUMANに入ったきっかけを教えてください
早稲田の所沢キャンパスへの入学が決まった頃に、早稲田大学理工サッカー部に所属していた兄に”HUMAN一回行ってみな”と勧められたことがきっかけです。3月のガイダンスの時の新歓に参加し、優しい先輩方やサッカーやっていない人でも盛り上がって楽しそうに活動する雰囲気に魅力を感じて、その時点ですぐHUMANに入ろうと決めました。

−どんなマネージャーを目指していましたか?
一番信頼される存在になるということを目指していました。だから、絶対練習には参加して一緒にいる時間を大切にしていた。プレの頑張りを一番に近くで支え理解していると思っていたから、たとえ試合に勝てなくても、普段の努力を見ていたからこそ心から“お疲れ様”と言えました。プレも、水など渡してもらえることが当たり前と思わずに“ありがとう”と声をかけてくれ、お互いに感謝の気持ちを忘れない関係性でした。

−1,2年生はどんな2年間でしたか?
本当に楽しかった!HUMANは、3年生が仕事をして1,2年生は楽しむことを1番に優先欲しいというサークルなんです。だから、1,2年の頃は3年生に甘えて楽しく過ごさせてもらって、HUMANがこれからどうなるとか難しく考えずにただその時を楽しむことが出来ました。代々HUMANの上の代の方々がすごく後輩思いでやってきたことに感謝しています。

−3年生ではマネ長を務めていましたが、マネ長として心がけてきたことはありますか?
マネ長になり、HUMANのこれからのことを考える上で、自分が1、2年の頃に楽しませてもらったことを思い出しました。今の1、2年生にもそうしたいと思って、同期はもちろんだけど、後輩がどう感じるかを一番に考えて行動してきました。だから、マネ長から次のマネ長への引き継ぎノートを作りました。試合や合宿後に、よかった点・反省点・来年のアドバイスなどを書いたものです。代替わりの時に後輩に渡し、少しでも役に立てばいいと思いました。

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%bf%ef%bc%91−最も大変だったなと思うことはありますか?
マガハイでABCに分かれて出場したのですが、Aが下位トーナメントでBが上位のトーナメントになってしまったことです。HUMANとしては、Bが上位に入ったのは嬉しかったけど、Aの雰囲気が落ちてしまいました。夜のMGでは、この結果を受け止めて、下位の中で優勝しようと決め、無事叶えることができました。1年間の目標が1部昇格だったから、そこで諦めずに切り替える力が試され、お互いの励ましなどHUMANとしての結束力が改めて感じられました。

−マネージャーもミーティングに参加するんですね!
マネージャーも参加するから、プレはサッカー面よりも全体の雰囲気などマネでも分かる話を中心にしてくれました。マネも、“あのプレーがカッコよかった!”とか、色々言い合えるミーティングでした。プレがどういう想いでプレーしてるかを知る良い機会でもあると感じていました。

−HUMANはどういう人が多いと感じますか?
これぞ十人十色っていうくらい色々な人がいます。サッカーやっている人もやってない人もいたけど、みんな周りのことを思って、HUMANのことを思って、感謝の言葉を忘れない人が多かったです。
また、HUMANに染まった人を表すHUMANISTAという言葉があるくらい、HUMANが好きでHUMANに染まるHUMANISTAが溢れていました(笑)

−後輩に伝えたいことはありますか?
何より大事なのは楽しむことかな。苦労することも間違いなくあるけど、必ず最後得るものがあります。とにかく、今を一生懸命にやって欲しい。

−最後に、あなたにとってHUMANとは?
大学生活の全て。大学の友達もHUMANだし、HUMANがなかったら自分の大学生活こんなに楽しくなかったと思います。それくらい、HUMANNの仲間はいて当たり前の存在であり、なくてはならないものだと思います。
一緒に授業受けたり、食堂でご飯食べたり、一緒に練習に行ったり、遊んだり、普段の日常も含めて本当に楽しかったです。家族みたいという人も多いけれど、私にとっては本当の家族以上に気を使わない存在でした。

%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%bf%ef%bc%92

参加不参加自由のサークルの中で、彼女は欠かさず練習や合宿に参加してきた。それは、プレーヤーと一緒に過ごす時間、HUMANで過ごす時間を1番に考えてきたからだ。また、インタビュー中も同期のマネージャー、後輩のマネージャーに多くの感謝を語っていた。
だからこそ、HUMANにとっても彼女はとても大きな存在だったのではないかと感じた。
これから夏休みに入り、多くのサークルが合宿やイベントを控えているでしょう。きっと参加するしないは、自分次第。しかし、仲間と一緒に過ごす時間は何か大切なことを教えてくれるかもしれない。
今しかできないことを精一杯やって、仲間と一緒に過ごす令和最初の最高の夏にしてください!!

早稲田大学 HUMAN F.C.のチームページ

Written by

大貫 杏華

onuki

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2018.03.27

【フットサル新歓記事vol.1】慶應義塾大学編(慶應義塾大学フットサル倶楽部エルレイナ、FC Pierrot)

BeYonDフットサルの立ち上げは、昨年サッカーで大好評だった、「新歓記事」で飾ります! 大学フットサルを盛り上げるために、チームの運命を左右すると言っても過言ではない新歓活動を応援します! …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL2部A第6節】マッチプレビュー

  1位 慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部 集中開催を終え、混戦の2部Aにおいて勝ち点12で首位に立っているのは慶應大学理工サッカー部。第2節で明治生田戦を1-3で落とし…

read more 古平 翔太
コラム 2017.02.28

【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.24

【BMOM136】シャバシュ哲生(2年=暁星)豪華絢爛たる早稲田稲穂のキーマン!

2019年10月19日、新関東リーグが幕を開けた。2試合目の対戦カードである早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と明治大学生田サッカー蹴友会(以下:明治生田)の戦いは早稲田稲穂が3得点を挙げ完…

read more 高橋佑輔
コラム 2019.05.28

【BMOM126】菅原弦人(2年=駒澤大高) 快速ストライカーが攻守に渡って躍動!!

5月19日(日)矢田部サッカー場で行われた新関東カップ2回戦、中央大学サッカー同好会(以下、中大サカ同)と駒澤大学サッカー同好会(以下、駒澤サカ同)の一戦が行われた。 前評判では先日の稲穂フェスタで…

read more 落合陸
コラム 2017.03.10

【高校別OB座談会vol.1】技巧派集団國學院久我山。文武両道の高校ならではの異様な光景!?

高校別座談会第1弾は言わずと知れた東京都の技巧派集団國學院久我山!左から明治グルービーキッズ 小田島圭吾(2年)、早稲田大学稲穂キッカーズ 長瀬良太(2年)、青山学院大学理工サッカー部 高橋涼…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.02.12

【BMOM89】工藤敬太(2年=検見川)勝利を手繰り寄せるスーパーゴール!!

先日行われた学年別round 2年生大会で見事優勝を収めた中央大学MAPLE(以下:中央MAPLE)。大方の予想に反して今大会のダークホースとして大躍進した中央MAPLEの中でも一際異彩を放ち、決勝で…

read more 高木啓行
コラム 2019.06.10

【BMOM132】太田陸生(3年=桜丘)勝利へ導くラストプレーの劇的ゴール!!

2019年6月2日に鹿島ハイツで新関東カップ準々決勝が行われた。第1試合の法政工体連サッカー部(以下:工体連)と青山理工サッカー部(以下:青理)の試合はラストプレーでゴールを決め、劇的な展開で終了。2…

read more 丸山椋大
コラム 2017.06.08

【BMOM59】高橋昌樹(3年=暁星国際) 相手のロングボールを弾きに弾いたエアバトラー

先日行われた新関東カップ準々決勝。ベスト4への切符を懸けた一戦の地はZOZOPARK。早稲田大学HUMAN.F.C.(以下ヒューマン)は稲穂フェスタ王者中央大学フースバルクラブ(以下フースバル)を迎え…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太

-PICKUP CIRCLE-