【プレからの想い vol.2】”家族であり、クラスメートのような存在”

BeYonD 編集部

どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!
プレからマネへの想いを知るための企画“プレからの想い”第二弾です!

さてさて、今回ご紹介するのは「プレマネ仲良すぎて嫉妬不可避」がキャッチコピーの…

法政大学 学団連サッカー部

学団連は、学年ごとに試合に出場している珍しいチームです。そのため、横のつながりが強く、プレマネ本当に仲がよく感じます。また、学団連は強豪サークルながらも新関東リーグに所属していないという特徴もありますね。

今回は、<代表 新田樹さん><副代表 田嶋晃太郎さん><会計 藤田翔生さん>にお話を伺いました。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e3%80%80%e4%b8%89%e4%ba%ba

なぜ部活ではなくサークルを選んだのですか?
:法政のサッカー部はスポーツ推薦や高校の顧問の推薦などでセレクションを受けた人しか入れないから、、、まず入るという選択がなかったかな。
:けど、部活に入るという選択がないから、サークルを選ぶときに真面目に練習して本気でサッカーが出来ると思ったのが学団連だと思って学団連に入った。
:みんな本気でサッカーしたいとは思ってて、だからこそ学団を選んだ。
:サークルの中でもメリハリがあったからいいと思ったかな。
(部活という選択がなかったからこそ、今があるんですね。)

みなさん高校時代マネージャーがいたそうですが、大学のサークルでもマネージャーがいてどうでしたか?
:上の代からマネージャーはちょっと特別みたいなところがあったから、まず高校のマネージャーとは違う存在だった。高校のマネと比べないのは、サークルのマネはそういうものだと思っていたから。プレもマネも自主参加だったし。
:高校の時はマネがいるのが当たり前で、仕事をするのも当たり前だった。けど、サークルのマネは来てくれるだけでありがたいと思ってたかな。だから、合宿の時とかユニフォームとか靴下を洗ってくれるのを見てびっくりした。高校の時は逆に洗濯自分たちがやらされてたから。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0029

マネージャーがしてくれて嬉しかったことは?
 <サークルの面>
全員2年の学年大会ではミサンガ、3年のオール法政ではお守りとモチベーションビデオを作ってくれたのがすごく嬉しかった。プレイヤーだけでもやる気になっていたけど、マネがそうやってくれることによってより一層頑張ろうと思えた。それが結果につながったと思う。
:本当にマネは脇で応援しててくれるだけで嬉しかった。サイドハーフにいる時にマネからの圧を感じた(笑)
<学業面>
:幹部は練習に必ず行かないといけなかったんだ。そんな中、学業も疎かにならなかったのは学団のマネのおかげかな。授業内容を教えてくれたりしたから、サークルの幹部という立場にありながら単位も取れた。
(サークルのことだけでなく、学業でも助け合っていて素敵ですね)

学団連ならではということはなんだと思いますか?
大会で優勝したときにマネにメダル渡してたのは学団連ならではなのかな。メダルもらうとすごく喜んでくれるから、勝って渡してあげようと思えた。
:学年毎だから、縦のつながりがあまりない分、横のつながりがとても強かった。九十九里のコテージにみんなで行った時は、海行ってスイカ割りしたり、プレマネ混合のリレーをしたなぁ。リレー時はマネをこけさせてた(笑)
:あと、学年ごとだから全部敵なのが面白いとこかな。全体としての目標はあるけど、それぞれ目標を持ってたから。だから、自分たちが新歓で強い子を入れると敵が増えてたね(笑)%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0009

マネ同士もとても仲が良かったそうですね!
:はじめはマネ同士割れちゃうところもあったけど、後半は本当にみんなで練習とか試合に来てくれてた。だから、車の手配大変だった(笑)。マネは絶対車に乗せてあげたいから、たまに乗れないプレが電車で行ったこともあるくらい。
(本当にマネを大事にしているんですね)
:いい意味で自己主張強い人がいないから、その分みんなで仲良くなったのかなと思う。学団のマネは、落ち着いてる雰囲気で、でも元気に応援してくれる姿が良かった。マネが引退した瞬間に彼氏作ってたから、学団のマネは本当に一途だと思う(笑)
:サッカーは本当に真面目にやるけど、サークルっていうゆるい感じも大事にして、マネも楽しめるようにするっていうのが難しかったかな。サークルのゆるさとサッカーの真面目さのギャップを埋めるメリハリを大事にするのが代表として大変だったところかな。サッカー以外でマネがいてくれたのはサークルっぽさに必要なところだったかな。

%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e9%80%a3

プレにとってマネはどういう存在でしたか?
:モチベーションでもあるかな。メダルとかで本当に喜んでくれるから、頑張らなきゃと思う。
:同じ立ち位置にいる一つのチームの一員だった。サッカーするしないはあるけど、それ以外は変わらないと思っていたし、プレマネの垣根はなかったと思う。
家族のようでもあり、クラスメイトみたいな存在。イベントも全員参加だし、みんなで楽しい思い出を作る仲間。サークルは、サッカーする場でもあるけど、交流の場でもあって、だからマネージャーも仲良く楽しく過ごせていたかな。%e5%ad%a6%e5%9b%a3%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%84%e5%86%99_170513_0023

 

学年同士本当に仲がいい学団連さん。サッカー面だけでなく学校でも仲が良く、本当にクラスメイトのようで羨ましい限りですね。新関東に所属しないが強いチーム学団連。これからもサッカー面もプレマネの仲の良さにも期待ですね!

法政大学 学団連サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.02.22

【BMOM 140】橋爪健(1年=西武文理)中央フースバル、期待の新人エースが優勝の立役者に!

2/17(金)に日野陸上競技場で行われた中央大学学内戦の決勝戦はPKの末、中央大学体同連フースバル(以下:中央大学フース)が中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)に勝利し、中央大学No.1の栄光を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.30

激闘!!関東同好会トレセンがスペイン遠征を振り返る!!

2016年12月18日 鹿島アントラーズがクラブワールドカップ決勝戦で欧州王者のレアルマドリードを苦しめていたまさにその時、 関東同好会トレセンの選手達がマドリードの空港へ降り立ちました。 そん…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.03.30

包装業界リーディングカンパニー主催『VR展示会×生中継×企業研究』

今年度より新スポンサーになって頂いた包装業界のリーディングカンパニーである株式会社フジキカイ様のイベントに関するお知らせです!! そもそも包装業界って学生にはあまり馴染みない業界ですよね。 し…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.08

【マネの想いvol.10】”サークルの枠を超えた日本一のチームへ”

同志社大学三ツ葉キッカーズ 野村まどかさん −三ツ葉キッカーズ(以下三ツ葉)についておしえてください。 プレは同志社大学、マネは同志社大学と同志社女子大学で構成されていて、私たち…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.19

【特別企画】Jユース出身の私たちが大学サッカーサークルを選んだ理由[前編]

今回の記事は、高校時代にはJユースに所属していたが、大学ではサッカーサークルを選んだ早稲田大学HUMANFC(以下:ヒューマン)の3選手に迫ります。 大野友太郎(4年=ロアッソ熊本ユース)、鈴木…

read more 大田智輝
コラム 2021.04.04

【新歓記事2021】vol.10専修大学サッカーサークル

こんにちは!新歓記事vol.10では専修大学の2チームについて紹介していきます!   専修大学サッカー愛好会 ・大学名・チーム名 専修大学サッカー愛好会 ・自分達の…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.01

【同好会基礎情報vol.2】関東だけじゃない!関西同好会サッカー連盟とは?

大学サッカー同好会カテゴリーの現状について解説するこの連載企画。 第1弾はこのサイトでよく見かける「新関東」について紹介しました! そして、今回の第2弾。 近年、急速に発展・拡大してきている関西…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.25

【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。 前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM7】GK山崎亮輔(2年) ビッグセーブ連発でチームを救う

最後の砦 山崎 第5節、7位早稲田大学HUMAN.F.Cは、8位中央大学サッカー同好会と対戦。結果は4-0でHUMANが快勝した。スコアだけを見れば、簡単な試合に見えるが、幾度となくピンチが訪れる危…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔

-PICKUP CIRCLE-