サークル×就活のすゝめ(マネージャー編)

渋井颯太

3年生をはじめ、皆さん就活は始めていますか?

飲み会ばかりしてる場合じゃありませんよ!

今回はそんなみなさんの就活に対する疑問や不満を解消できる記事を書きました!

就活生は必見です!!

 

 

1人目:中央大学サッカー同好会 マネージャーC.K.さん(損害保険)

Q.就職活動はいつごろから始めましたか?

C.K.さん:始めようかなと思ったのは大学3年の4月です。当時は何から手を付ければいいのかわからなかったので、エンカレという就活支援サービスを活用していました。ただ、サークルの先輩に「今は何もやらなくて良いよ。」と言われたので、4月の1か月間だけやって、そこから引退までは合同説明会に少し出たのと自己分析に少し取り組んだだけですね。なので、夏・冬ともにインターンには参加していません。ただ、振り返ってみると絶対に参加したほうが良いと思います。以前に比べてコロナ禍で周りが就活にシフトするのが早いと感じたからです。

Q.サークルの活動期間に就活関連で何をしていましたか?

C.K.さん: 自己分析やSPIの勉強、1dayのセミナーなどに参加していました。週4日練習があって、しかもマネ長という立場で両立することは難しいとは思ったけど、できることをできるだけコツコツとやり続けることで引退後の就職活動をスムーズに進めていくことができると思います。

Q.どのようなスケジュール感で動いていましたか?

C.K.さん:10月から合同説明会とそこで気になった企業の説明会に出たり、SPIの勉強を少しずつ進めていました。そして、12月のサークル引退後は、毎日のように説明会に出たりベンチャー企業の選考をたくさん受けて、どういったエピソードが面接官に刺さるのかを練習の選考を通して探っていました。1月は生損保のイベントに参加したり、引き続き自己分析とSPIの勉強をしていました。2月は、志望度が高い損保業界をメインにOB訪問をやって、この1か月間で約40人の方々にお話を伺いましたね。イベントの参加率やOB訪問の回数が多いと、それだけで面接官に印象を与えることができるのでお勧めです。また、OB訪問は回数を重ねることでより年次の高い人にお話を聞くことができるので特にお勧めしたいです。3月からはESを毎日書いていて、損保業界以外にも各業界の人気企業にESを出していました。4,5月には運よく損保の早期選考に呼んでもらえて、OB訪問で得た情報と入念な自己分析を徹底することで、何とか内定を頂くことができました。

あと、3月1日から親友と毎日欠かさず1時間の模擬面接をしていました。振り返ると、これで面接慣れができたのかなと思います。

Q.最後に後輩へのアドバイスをお願いします。

C.K.さん:今凄く皆さん焦っているとは思うのですが、自分なりのやり方を見つけたらよいと思うし、早ければいいというわけでもないです。ファーストキャリアで人生が決まるわけではないで、そんな堅く考えずに今ある環境を存分に楽しんください!

 

2人目:早稲田大学FC.GUSTA マネージャーN.F.さん(専門商社・実践女子大学)

Q.就職活動はいつごろから始めましたか?

N.F.さん:11月のリーグ戦が終わってから始めました。引退を機にマネ長の仕事もなくなり、サークル活動が落ち着いた時期ですね。

Q.インターンには参加しましたか?

N.F.さん:どれも選考に通らなかったので参加していませんが、参加しなくても何とかなりましたね。

Q.引退後はアルバイトもかなりやっていたと聞きましたが、その両立というものは難しかったですか?

N.F.さん:難しかったですが月に20日働きながらでも両立はできましたね。自分のアルバイト先は居酒屋だったので基本夜に働いて日中は時間がありました。なので、毎朝8時に起床してアルバイトまでの時間で説明会に出たり、ESを書いたりしていました。こういった時間を管理することが難しかったですが、両立を実現させていた要因でもあると考えています。

Q.どんなスケジュール感で就職活動を進められましたか?

N.F.さん:11月の引退を機にまずは、住宅メーカーに絞ってその業界内で説明会に出たり自己分析を同時並行で行っていました。そして、年明けから徐々に選考が始まってきて、2月には週に4つぐらいの説明会に参加していました。3月の就活解禁からはとにかくESを出しまくりました。そして、3月中旬に商社とアパレルを視野に入れて就活を仕切り直しました。4月は説明会とESの繰り返しで、4月中旬からは面接中心の就活でした。6月中旬に今の内定先である専門商社から内定を頂くことができました。

Q.最後に後輩へのアドバイスをお願いします。

N.F.さん:自分の失敗から言うと、最初に業界を絞らずに満遍なく見たほうがいいと思います。あと、周りが内定をもらいだしたら焦ると思うけど、気負わずせらず自分のペースでやっていれば何とかなります!仲の良い友達と定期的にあっておしゃべりすることで刺激を貰うことも大事だと思います。頑張ってください!

 

この記事を見て皆さんはどのように感じましたか??

焦りや余裕など様々あると思います。早く就活を始めるに越したことは無いと思います。

今までの素晴らしい経験を言葉に換えて最高の就活にして下さい!!

この記事のいいねもお願いします!!(笑)

Written by

渋井颯太

shibui sota

Keywords

Recommend

コラム 2018.11.23

チェルシーファン必見!!ディディエ・ドログバの来日決定!我ら大学生が盛り上げろ!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?   本日は、チェルシーファンのみならずサッカーファンの胸が熱くなるようなイベント情報をお送りします!   チェルシーFC×…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.11

【BMOM8】FW赤塚武也(3年) 相手の隙をつき決勝点を挙げる

クールなストライカー赤塚 5位の青山学院大学理工サッカー部は、3位の中央大学フースバルクラブと対戦した。結果は1-0で青理が勝利し、2位に浮上。2位浮上への値千金のゴールを決めたのが、エース10番赤…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.09

【東西対抗戦】マッチプレビュー

同志社大学三ツ葉キッカーズ 関西代表は今年、関西同好会サッカーリーグの前身を含め、リーグ10連覇を達成した同志社大学三ツ葉キッカーズである。 1964年に創設され、52周年を迎えた三ツ葉は今年、「…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.05.10

【チーム特集】中央大学サッカー同好会

  今回は【インスタ企画 良い写いいね大会第二グループ】において、 3430いいねを獲得し見事優勝に輝いた「中央大学サッカー同好会」にインタビューしました。 会長の阿部拓哉…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.17

【高校別OB座談会vol.6】千葉県〇〇の強豪2校のOB座談会 高校時代の地獄のトレーニングから現在の苦悩までを語り合う!

日本トップのサッカー県、千葉。   今回はそんな千葉県にある幕張の 強豪校・幕張総合高校・渋谷幕張高校2チームまとめて座談会。   高校時代の"浜練"…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.07.09

【新関東カップ2017】敢闘賞

新関東カップで対価通り新関東1部のチームが上位進出を果たす中、トーナメント上位進出はならなかったものの格上相手にも勇敢に戦い、素晴らしい戦績を残したチームがいたことをみなさんはご存知だろうか。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2024.04.14

【新歓記事vol.6】中央大学新入生必見!中大サッカーサークル比較してみました!!

本日は、近年のサークルサッカー界を牽引しているともいえる中央大学のサッカーサークルを紹介する! 2年連続で全国制覇を成し遂げたチームから去年発足したばかりのチームなど計5チームを紹介していく! …

read more 西田祥人
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.11.17

【美女マネvol.27】現在ミスコン出場中!今回は黒いユニフォームのチームのマネを初特集!

こんにちは!   サークル生活もいよいよ終盤に入りましたね!   先輩たちが引退すればいよいよ幹部交代となります。   寂しいですね。…

read more 高橋佑輔
コラム 2023.09.06

【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-