【サッカーサークル対談】 新関東リーグ強豪の早稲田2チームが語り合う

BeYonD 編集部

今回はサッカーサークル対談の第一回として、同じ早稲田のサッカーサークルとしてお互いに高めあい、今年は同じ新関東リーグ一部にも所属する、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)で対談を行った。サッカーサークル界では、現在のコロナウイルスの影響から対面ではなく、zoomを活用し開催した。

今回は以下の4つに関して語り合った。

・お互いの印象

・サッカーの面では

・早稲田のサッカーサークルについて

・体育会との差

s__202735781

s__67723698

 お互いの印象は?

Human 「グスタはチャラそうっていうイメージだったかな。笑

本キャンだし、マネもインカレだからキラキラして見えるね。けど、それが羨ましかったっていうのもあるかもしれない。」

GUSTA 「ヒューマンはワイワイしてて、良い意味でうるさいサークルだなって思ってたかな。マガハイでの応援とか最初見たときは圧倒されたもん。グスタには当時そのうるささは無かったから、逆に俺らからしたら憧れてた部分もあるかもね。」

Human「でも、去年からのグスタの雰囲気とかめちゃ良くなかった?」

GUSTA「うん、確かにそうかも。サッカーの成績もだけど、俺ら自身も盛り上げてたし、何よりマネが一緒にやってくれたのが大きかったかな。でも、毎年同じ様に全員で盛り上がってるヒューマンのマネジメントは幹事代になってから余計に凄さを感じてるかな。グスタは歴史浅いから自由に変えやすいし、代によっても雰囲気は全然変わってくるから。」

 

お互いのサッカー面についてはどう?

human「グスタは久我山が多いから、パスサッカーっていうイメージかな。」

GUSTA「確かにね。サッカーは久我山が中心になることが多いし、今年のキャプテンも久我山出身だから。逆にヒューマンは何か軸みたいなものはある?」

Human「俺らは代によって全然変わるかな。その年の強みを生かしたサッカーをやる感じかもしれない。」

GUSTA「今年の代とか一個下にJの下部組織とか強豪出身者とかめちゃめちゃ多くない?」

Human「所沢キャンパスだからそういう選手が集まるのはヒューマンの一個の魅力かもしれないね笑」

GUSTA「ヒューマンはどんな感じで練習してるの?」

Human「キャプテンが主体でメニューとか考えてるかな。グスタは?」

GUSTA「俺らもそんな感じ。雰囲気とかは?」

Human「結構和気藹々とやってるかも。キャプテンとかもミスったらいじられたりもするし、声出し練習もする笑」「でもやるときはちゃんとやるのは大事にしてるよ」

GUSTA「俺らも練習はそんな感じかも。うちもメリハリは結構大事にやってるかな。声出し練習はないけど笑」

 

早稲田のサークルについてはどう思う?

Human「数が多いことじゃない?」

GUSTA「そうだね。学内戦のチーム数も他大学と比べ物にならないもんね笑

その分新入生とかは自分の雰囲気に合ったところを選びやすいよね。」

Human「確かに。学内戦の熱量もどこも半端ないしね。」

GUSTA「準決勝のヒューマンとの試合は盛り上がったよね。俺らはpkで負けたけど。笑」

Human「盛り上がったね笑ただ、そこで燃え尽きた感も否めなくて稲穂に優勝を持ってかれた感がすごい。言い訳かもしれないけど。笑」

GUSTA「結局稲穂か、ってなっちゃったもん。笑」「なんだかんだ稲穂にはどこのサークルもライバル意識は持ってるかもね。」

Human「確かに。予選リーグでは早理が稲穂に勝ってたし、その4チームが新関東の1部にいるのって面白いよね」

GUSTA「俺らも早理とベスト8で当たったけど、逆転勝ちでめちゃ熱い試合したよ。」

Human「あんまり差はない感じしたよね。これからの新歓がめちゃ大事になってくるね。」

 

体育会との差はどう感じてる?

Human「やっぱり体育会は尊敬してるよね。しかもア式も自分たちのこと理解してくれてる人多いよ。サークル入った当初は、後ろめたさもあったけど、今はサークルに胸張れる。」

GUSTA「そうだね。尊敬する部分も多いけど、今はあこがれではなくなったかな。あとはやっぱりベクトルの差が大きいよね」

Human「体育会はみんなのベクトルが元から一緒の人が多いけど、サークルはそうじゃないやつも多いからね。」

GUSTA「ベクトル違うやつが多いのもサークルの魅力だよね。そんな奴らをまとめて運営するのはサークルでしかできないよね」

Human「でもここまで考えてるサークルも実際少なくない?ちゃんとやってないサークルと一緒に見られるのは悔しいよね」

GUSTA「それめっちゃわかる。なんか悔しい。やっぱり自分たちのような存在をもっと知ってもらわないといけないね。」

 

今回サークル座談会第1回として、グスタとヒューマンで行った。お互いの印象など、改めて第三者からすると自分のサークルはこう思われていると、お互い自分たちを俯瞰的に見ることができたのではないだろうか。また同じ大学のサッカーサークルに所属しているからこそ、横のつながりがより増えることはとても大切だと感じた。

また私自身としても、サークルの良さを再認識した面と、より一層サークルの認知度向上に向けて、BeYonDとして努力しなければならないと感じた。

s__67723695

s__202735783

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.05.12

写真に秘めたマネージャーの想いに迫る!

  風薫る5月がやってまいりました! 新歓活動も終盤を迎えた頃ではないでしょうか? 今回は、新マネージャーもプレイヤーの皆さんも必見!! マネージャーの仕事の一つでもある、"写真撮影…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.07

【美女マネ特集vol.7】第7回は学力、サッカーともに同好会カテゴリーを牽引するあのチームのマネ!

おひさしぶりです!!   2週間ぶりの美女マネ特集でございます。   少し寒くなってきましたが、皆様風邪などひかず元気にお過ごしだったでしょうか? &…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.07

【GK特集】知ってるようで知らないGKの気持ち

どうも、コムドットにはまり 「内定もらえない可能性これ一切なーい」と調子に乗っていましたが 「内定が一切ない」になりそうな森です。 今回は今まであまり触れられてこなかったポジションに…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.12

【新関東FL1部第6節】 マッチプレビュー

第1試合 中央大学サッカー同好会 vs 早稲田大学稲穂キッカーズ 早稲田稲穂と中大同好会、この2チームは新関東リーグを語るには欠かせない2チームである。新関東リーグ創設時から2チームはライバル関係と…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.03.26

【3/27(水)開催!】第1回 サークル×体育会 交流会!! チーム早稲田を結成しよう!

みなさんこんにちは! もうすぐ春休みが終わり、学年が変わろうとしていますね! そんな季節の変わり目に、大学サッカー界は新たな試みにチャレンジをしていきます!!! 今まで混ざることがな…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.06.04

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.8

明治大学ESPERANZA チームPR サッカーも遊びも全力! 注目選手 山崎宙也 (都立三鷹):スピードと技術を兼ね備えたアタッカー! 注目新入生 今…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.27

【キャプテン特集vol.1】サークル屈指の熱き闘将

こんにちは! 今回の記事はキャプテン特集です! 第一弾は昨年、悲願の新関東1部昇格を決めノリに乗ってる 慶應義塾大学理工学部サッカー部 3年 田中崇太 さんです。 キャ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.20

【BMOM22】臼田海人(2年)先制点に最優秀選手賞、有終の美を飾る

中央のセルヒオ・ラモス 2016/12/17・18の二日間で行われたpremiere cupは4年ぶりに中央大学サッカー同好会(サッカー同好会)が無失点優勝を成し遂げだ。 慶応義塾大理工体育会サッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.26

MVとは? 〜伝えたいメッセージ〜

こんにちは、BeYonD編集部です🌻 この夏、大きな大会に参加したり、イベントを行うチームも多いのではないでしょうか🌈 そこで今回は、サッカーサークルや同好会に所属している人には馴染みの深い、モチ…

read more 中込 こころ
コラム 2018.06.18

【高校別OB座談会vol.7】昨年全国出場を果たした強豪校!桐蔭名物麻婆唐揚げとは…?

中大同好会4年山本璃來、中大フースバル2年橋本光一郎、慶應リコタイ4年石井諒、法政学団連3年町田晃司、早稲田稲穂キッカーズ3年景山亜月、慶應キッカーズ3年堀口創平、元立教愛好会4年鈴木志遠、明治エスペ…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-