「マネージャー経験」は強い武器?!その経験を就活で活かすコツとは

BeYonD 編集部

今回の記事は、マネージャーの就活事情が知りたい!との声から

 

『サークルマネージャーの強みとは何か。』
『マネージャーで培った経験は、就活にどう活かせるのか。』

 

サークルと就活を両立させたい!と頑張るマネージャーに向けて、サークルマネージャー出身の先輩2名による就活体験談をお伝えします!

 

3年生の皆さんは、
現役最後の期間でありながら、徐々に本格化する就職活動に不安を抱えている人も多くいるでしょう。

 

この記事が、何か就活のヒントになれば嬉しいです!

 

1人目は、

大竹彩郁さん(中央大学 サッカー同好会・21卒)

 

日本一を目指すチームに『私が』貢献できること

就活では「サッカーが好きな子」と認知してもらえるほど、サークルのことだけを話していました。役職には就いていませんでしたが、主に、サカ同生活で一番喜怒哀楽があった時期のことを、何を目標に頑張っていたのかとあわせて話していました。ガクチカは、具体的に自分が行動したことでチームがどう変わったのかを書いてましたね。周りからはよく、お節介、世話好き、人の為に頑張れる人、応援したがりと言われていたので、その背景を振り返りました。自己分析や他己分析を通して、置かれてる環境に対して頑張る力があることを強みにしていました。

『所詮サークルでしょ』の一言が悔しかった

面接では「マネージャーっていっても、そんなに仕事しないんでしょ」など意地悪な質問をされることもありました。面接官の持つ"サークルマネージャー=遊んでいるだけ。"という先入観を払拭させるために、どれだけ本気で取り組んでいたかを伝えたことで「マネージャーってそこまでやるの!」と興味を持ってもらえたこともありました。例えば、プレイヤーのミーティングに参加してチームの戦略を把握したり、対戦予定チームの試合を個人的に分析して、分析した資料を基に代表と戦略を練ったりしていました。マネージャーは、サポーターという立場でありながら、目標に向かって一緒に戦うことができる仲間でもあると思います。後悔したくないからこそ、思い立ったらとにかく行動に移してチームに貢献していました。

サポート次第でどこまでも強くなるチームの姿を実感

就活を通して、「マネージャーなのに何でそこまでやるの?」「モチベーションは何?」と聞かれることが多かったです。確かにマネージャーは、いなくても成り立つ存在ではあるけれど、いることでチームを強くすることができると思います。自分達の力で、日本一を目指すプレイヤーをどれだけ鼓舞することができるか。 100%で頑張るプレイヤーに対して、マネージャーがそれ以上の力でサポートすると、またそれに応えようとしてくれる。そうやってチームが全体で強くなって成長していくのが嬉しかったです。分達の力でチームはどこまで強くなれるのかという期待感と、日本一のマネージャーになりたいという思いが自分の原動力になると伝えていました。勝ったら全力で喜んで負けたら本気で悔しがるみんなの姿を見て、自分もチームに貢献したいと思ったからプレイヤーの一部になって背中を押し続けましたね。

就活生へのメッセージ

まずは自分が所属するチームの好きな部分をとことん好きになって、残りのサークル活動を楽しんでほしいです。合宿や試合の数が少ない分、後悔しないように、マネージャーとして出来ることを探して1回1回全力で挑んでください。その経験を自分の言葉で伝えることが大切だと思います!

 

 

2人目は、

宮下友佳さん(早稲田大学 稲穂キッカーズ・22卒)

 

見返りを求めずに、人の為に行動してきたマネージャーの経験は最大のアピールポイント

現役時代は、副マネ幹として実務的な仕事をこなしていました。マネージャーの経験から"専門性を活かして、挑戦する人の力になりたい"と思うようになり、世の中の会社や人を支えることができる金融業界を選択しました。総合職の志望者は、主体性などをアピールする人が多いなかで、私はあえて人の為に尽くせる力をアピールしていました。マネージャーは、自分の為ではなく、ひたすら人に尽くす仕事なので、常に周囲を見て判断して、時に自ら考えて行動する力が必要です。人に尽くすマインドとそれを継続して行うタフさから、妥協せずに最善の対応を模索できることを強みにしていました。

指導者がいない『サークル』だからこそ、求められるのは自分で考えて行動する力

就活では、チームの日本一という目標に対して自分なりにどうアプローチしたのか、そこの因果関係を強調していました。また、朝練全員参加など規律が厳しい稲穂らしさを伝えることで、他のサークルとの差別化も図っていました。サークルの良いところは、モチベーション作りから全て自分達学生だけで運営できるところだと思います。コロナ禍では、活動が制限されるなかでイレギュラーな対応も自分達で考えて乗り越えたことを伝えていました。それにみんなと会えないなかでも、一人一人が新歓に参加しているんだと自分事として捉えてもらえるように、全員がチームの取り組みに関われるような環境づくりを行っていたことも話していました

サークルのマネージャーの強みは『人数の多さ』

「マネージャーの人数が多い。」これが部活のマネージャーにはなく、サークルのマネージャーならではの特徴なのかなと思います。人数が多いからこそ、方向性の違いが生まれることもありましたが、副マネ幹として、一人一人がモチベーション高く仕事に取り組むにはどうするべきか、全員を動かすためには何が必要かを考えて行動してきました。3年間のマネージャー生活の中で、人の気持ちを動かすために自分ができることは何かを模索し学んだことは、サークルのマネージャーならではの経験だなと思います。

就活生へのメッセージ

マネージャーの経験をガクチカで書くってなった時、意外と何をかけばいいのかわからなくなると思います。でも焦らずに、まずは最後まで活動をやり切って、そのやり切った経験を伝えることが1番大事だと思います。残りの現役生活、最後まで楽しんでやり切ってください!

 

『マネージャーなのになぜそこまで頑張れるのか。』

この質問は、大竹さん、宮下さん、そして筆者も、就活時に経験しています。

おそらく、マネージャーなら就活を通して1度はされる質問です。

 

自分は何を大切に活動しているのか、なぜここまで本気で頑張れているのかを改めて考えるのもいいかもしれないですね!

周りと比較せずに、自分のペースで頑張ってください!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.09

【プレからの想い vol.4】 “マネは当たり前ではない。感謝すべき存在。”

マガジン杯が始まりましたね!!   プレイヤー、マネージャー、一丸となって戦っていますか??   また試合以外の時間はプレマネ仲良く過ごしていますか?? …

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.08

【BMOM60】三谷朋司(3年=国泰寺) 超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ

超強力攻撃陣を牽引し続けるマエストロ 三谷朋司(3年=国泰寺)   関西同好会トーナメント準決勝京都産業大学ONZE(以下ONZE)対立命館大学CRACKS(以下CRACKS…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.11.22

【新関東リーグ2020・1部第4節】スタイルの違う上位2チームが激突!

波崎では珍しい風もなく陽気な気候で行われた新関東リーグ一部第3節。4連勝を果たし首位に浮上したい中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)と優勝争いに食い込むために負けられない早稲田大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.11.28

【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ 前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2…

read more 片岡優汰郎
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.05

【美女マネvol.21】第21弾はプリティ八重歯でY字バランスを繰り出す美女!!

  お久しぶりです!   久しぶりすぎて気まずいですね!!   成人式などで久しぶりに会う友達も、最初何を話せばいいかわからなくて写真撮りが…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.11.07

【新関東リーグ2021・1部第6節マッチハイライト】大混戦の新関東リーグ2021一部。順位のの変動の行方は!?

11/7日(日)に新関東リーグ第6節が鹿島ハイツで行われた。結果は以下の通り。   第1試合目は、お互い昨年2部リーグから昇格してきた、立教大学サッカー愛好会(以下、立愛)と中央大学サッ…

read more 青木優太
コラム 2020.09.04

【必見!】足つり予防の新しい提案!

夏も佳境を迎え、気づけば9月に突入してしまいました。コロナウイルスの影響からサークル活動がうまくやれない中、苦労しながらこの夏を過ごしたチームも少なくないのではないでしょうか。今後も練習などを行ってい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.01.25

【美女マネvol.14】今回は昨年ミスユニバース埼玉にも選ばれた実力派のマネ!!

  こんにちは~!!   本格的に寒くなってきましたね~。   テストに追われている皆様、風邪と不正行為だけは気を付けてくださいね!! …

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-