「マネージャー経験」は強い武器?!その経験を就活で活かすコツとは

川田 珠莉

今回の記事は、マネージャーの就活事情が知りたい!との声から

 

『サークルマネージャーの強みとは何か。』
『マネージャーで培った経験は、就活にどう活かせるのか。』

 

サークルと就活を両立させたい!と頑張るマネージャーに向けて、サークルマネージャー出身の先輩2名による就活体験談をお伝えします!

 

3年生の皆さんは、
現役最後の期間でありながら、徐々に本格化する就職活動に不安を抱えている人も多くいるでしょう。

 

この記事が、何か就活のヒントになれば嬉しいです!

 

1人目は、

大竹彩郁さん(中央大学 サッカー同好会・21卒)

 

日本一を目指すチームに『私が』貢献できること

就活では「サッカーが好きな子」と認知してもらえるほど、サークルのことだけを話していました。役職には就いていませんでしたが、主に、サカ同生活で一番喜怒哀楽があった時期のことを、何を目標に頑張っていたのかとあわせて話していました。ガクチカは、具体的に自分が行動したことでチームがどう変わったのかを書いてましたね。周りからはよく、お節介、世話好き、人の為に頑張れる人、応援したがりと言われていたので、その背景を振り返りました。自己分析や他己分析を通して、置かれてる環境に対して頑張る力があることを強みにしていました。

『所詮サークルでしょ』の一言が悔しかった

面接では「マネージャーっていっても、そんなに仕事しないんでしょ」など意地悪な質問をされることもありました。面接官の持つ"サークルマネージャー=遊んでいるだけ。"という先入観を払拭させるために、どれだけ本気で取り組んでいたかを伝えたことで「マネージャーってそこまでやるの!」と興味を持ってもらえたこともありました。例えば、プレイヤーのミーティングに参加してチームの戦略を把握したり、対戦予定チームの試合を個人的に分析して、分析した資料を基に代表と戦略を練ったりしていました。マネージャーは、サポーターという立場でありながら、目標に向かって一緒に戦うことができる仲間でもあると思います。後悔したくないからこそ、思い立ったらとにかく行動に移してチームに貢献していました。

サポート次第でどこまでも強くなるチームの姿を実感

就活を通して、「マネージャーなのに何でそこまでやるの?」「モチベーションは何?」と聞かれることが多かったです。確かにマネージャーは、いなくても成り立つ存在ではあるけれど、いることでチームを強くすることができると思います。自分達の力で、日本一を目指すプレイヤーをどれだけ鼓舞することができるか。 100%で頑張るプレイヤーに対して、マネージャーがそれ以上の力でサポートすると、またそれに応えようとしてくれる。そうやってチームが全体で強くなって成長していくのが嬉しかったです。分達の力でチームはどこまで強くなれるのかという期待感と、日本一のマネージャーになりたいという思いが自分の原動力になると伝えていました。勝ったら全力で喜んで負けたら本気で悔しがるみんなの姿を見て、自分もチームに貢献したいと思ったからプレイヤーの一部になって背中を押し続けましたね。

就活生へのメッセージ

まずは自分が所属するチームの好きな部分をとことん好きになって、残りのサークル活動を楽しんでほしいです。合宿や試合の数が少ない分、後悔しないように、マネージャーとして出来ることを探して1回1回全力で挑んでください。その経験を自分の言葉で伝えることが大切だと思います!

 

 

2人目は、

宮下友佳さん(早稲田大学 稲穂キッカーズ・22卒)

 

見返りを求めずに、人の為に行動してきたマネージャーの経験は最大のアピールポイント

現役時代は、副マネ幹として実務的な仕事をこなしていました。マネージャーの経験から"専門性を活かして、挑戦する人の力になりたい"と思うようになり、世の中の会社や人を支えることができる金融業界を選択しました。総合職の志望者は、主体性などをアピールする人が多いなかで、私はあえて人の為に尽くせる力をアピールしていました。マネージャーは、自分の為ではなく、ひたすら人に尽くす仕事なので、常に周囲を見て判断して、時に自ら考えて行動する力が必要です。人に尽くすマインドとそれを継続して行うタフさから、妥協せずに最善の対応を模索できることを強みにしていました。

指導者がいない『サークル』だからこそ、求められるのは自分で考えて行動する力

就活では、チームの日本一という目標に対して自分なりにどうアプローチしたのか、そこの因果関係を強調していました。また、朝練全員参加など規律が厳しい稲穂らしさを伝えることで、他のサークルとの差別化も図っていました。サークルの良いところは、モチベーション作りから全て自分達学生だけで運営できるところだと思います。コロナ禍では、活動が制限されるなかでイレギュラーな対応も自分達で考えて乗り越えたことを伝えていました。それにみんなと会えないなかでも、一人一人が新歓に参加しているんだと自分事として捉えてもらえるように、全員がチームの取り組みに関われるような環境づくりを行っていたことも話していました

サークルのマネージャーの強みは『人数の多さ』

「マネージャーの人数が多い。」これが部活のマネージャーにはなく、サークルのマネージャーならではの特徴なのかなと思います。人数が多いからこそ、方向性の違いが生まれることもありましたが、副マネ幹として、一人一人がモチベーション高く仕事に取り組むにはどうするべきか、全員を動かすためには何が必要かを考えて行動してきました。3年間のマネージャー生活の中で、人の気持ちを動かすために自分ができることは何かを模索し学んだことは、サークルのマネージャーならではの経験だなと思います。

就活生へのメッセージ

マネージャーの経験をガクチカで書くってなった時、意外と何をかけばいいのかわからなくなると思います。でも焦らずに、まずは最後まで活動をやり切って、そのやり切った経験を伝えることが1番大事だと思います。残りの現役生活、最後まで楽しんでやり切ってください!

 

『マネージャーなのになぜそこまで頑張れるのか。』

この質問は、大竹さん、宮下さん、そして筆者も、就活時に経験しています。

おそらく、マネージャーなら就活を通して1度はされる質問です。

 

自分は何を大切に活動しているのか、なぜここまで本気で頑張れているのかを改めて考えるのもいいかもしれないですね!

周りと比較せずに、自分のペースで頑張ってください!

Written by

川田 珠莉

Kawada

Keywords

Recommend

コラム 2019.05.25

【BMOM125】川島 優太(3年=東京ヴェルディ)圧倒的なサッカーセンスで相手を翻弄する

新関東カップ二回戦第三試合。慶応義塾大学慶応キッカーズ(以下:慶応キッカーズ)と、明治学院大学白金FC(以下:明治学院白金)の試合が5月18日(土)ATSU FOOTBALL FIELDにて行われた。…

read more 齋藤優
コラム 2017.04.17

【プレからの想い Vol.1】”マネは一番のサポーター”

○○くんありがとう。○○くんありがとう。 あ〜、サークルに入って良かった!! どうも、協力的な仕事ぶり、充実したサークル生活、BeYonDです!笑 さて、おふざけはこの辺にして本題に入りましょう…

read more 大貫 杏華
コラム 2017.11.10

【新関東リーグ2017・1部第6節】マッチプレビュー

2017年11月11日、ZOZOPARKにて新関東リーグ1部・第6節が行われる。 開幕からすでに5節消化し、残すところあと2節となり優勝争い、残留争い共に目が離せない展開となった。 そこで今回は第…

read more 大塚朝史
コラム 2017.08.18

【文教大学学内戦決勝戦】フォトギャラリー

1番桐ヶ谷(3年=久喜北陽)はビッグセーブを連発し、ゴール前の番人となった。優勝の立役者はこの人に違いない。 10番関(1年=千葉経済大学附属)は豊富な運動量と共に、攻撃のリズム…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.04.15

【選考直結!?面接対策!?】4月24日就活イベント開催決定!

  こんにちは!   就活解禁から1ヶ月が過ぎました、、、 みなさん、いかがお過ごしでしょうか   人によっては、内定を貰い就活の終盤を迎…

read more 篠田 麻衣
コラム 2020.09.10

【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

こんにちは!   BeYonD編集部です。   今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。 …

read more 狩野幹太郎
コラム 2016.12.06

【BMOM19】岩間稜(1年) 同点ゴールにつながるファール獲得など、途中出場で流れを変える

ジョーカー岩間 明治生田9年振りの新関東FL1部昇格を引き寄せたのは、期待のニュースター岩間稜(1年=座間)であった。リーグ戦を通して、チームのジョーカー的な存在を担い幾度となく流れを変えてきた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.15

【BMOM63】小田島圭吾(3年=國學院久我山) 重戦車”改”となったこの男が2得点の活躍!

新関東カップ2017準決勝で明治大学Groovy kids(以下:グルービー)は早稲田大学HUMAN FC(以下:HUMAN)と対戦し2-1で勝利を果たした。決勝へ進むべく絶対に負けることのできないこ…

read more 高橋佑輔
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.2

中央大学サッカー同好会 チームPR サッカーにも遊びにもガチ‼️ 注目選手 新谷唯我(3年・日本大学第三高等学校):サカ同の10番。そして稲穂フェスタMVP! 注…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

[BMOM3]DF村山一輝(3年)闘将が魂ヘディングで決勝点

闘将 村山   立教大学サッカー愛好会は第4節、3位青山大学理工サッカー部との対戦。試合開始早々から両チームにチャンスが訪れ、8分、立教愛好会が先制点を挙げる。決めたのは、「立愛の闘…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-