【新関東リーグ2021・1部第2節マッチハイライト】絶対に負けられないこの戦いを勝ち抜いたのは!?

BeYonD 編集部

大雨、強風でかなり気温も低く最悪の天候で行われた第2節。開幕戦と連戦で疲労も溜まっているが、激戦が繰り広げられたその結果がこちら!

 

早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と立教大学サッカー愛好会(以下:立教愛好会)の第1試合。天候の影響でいつものサッカーができていない中、早稲田理工のペースになる。しかし前半20分、流れを裏切るかのようにクロスのこぼれ球に合わせた立愛20番小柳直也(3年=北海)が右隅に突き刺す。流れに乗った立教愛好会は27分にもコーナーから77番高田悠生(2年=真岡)が追加点を決める。早稲田理工も負けられず90番島田俊作(3年=東工大付属)が決め返す。さらにPKで90番島田俊作(3年=東工大附属)で同点弾を決めるも、そのまま試合が終了。お互い悔しい引き分けとなった。

 

もうひとつの第1試合は明治大学体同連サッカー部(以下:明治体同連)と中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)の戦い。天候の影響もあり、試合は拮抗し蹴り合いが続く。両チームにイエローカードが出るほどの激しい試合。そんな中、後半ラスト10分で明治体同連15番川戸亮輝(3年=帝京)がコーナーキックを強風を利用して直接ゴール決める。そのまま明治体同連は勝利を決めた。

 

第2試合は明治大学生田蹴友会(以下:明治生田)と早稲田大学HUMAN F.C.(以下:早稲田ヒューマン)。去年の新関東リーグ1部で下位同士の対決でお互いに燃えていた。その中先制点を決めたのは明治生田。39番松永祐太郎(3年=日野台)のクロスに65番中塚聖斗(3年=国分寺)が合わせる。さらに後半に41番大川俊哉(3年=緑ヶ丘)がヘディングで追加点を決め、逃げ切った明治生田が勝利を収めた。

 

最後は優勝候補同士の激戦、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学FUSSBALL(以下:中央フース)だ。試合は拮抗し、中々落ち着かない展開が続き、蹴り合いになる。そこで左からのクロスに合わせた34番外輪三四郎(5年=狛江)が先制点を決める。早稲田稲穂も後半にPKで27番奥野開 (2年=早稲田実業)がしっかり決める。王者同士の激戦は引き分けで幕を閉じた。

 

引き分けが多かった第1節に続き、順位が変動してきた第2節。来週は試合がなく、再来週から再開となる第3節以降も激戦が繰り広げられることは間違いな。全チームまだまだ長い戦いとなるため全力で優勝を目指してほしい。

なお、慶應大学理工サッカー部と早稲田大学FC.GUSTAの試合は延期となった。

 

[第2節]

早稲田理工 2-2 立愛

明治体同連 1-0 中央サカ同

明治生田 2-0 早稲田ヒューマン

早稲田稲穂 1-1 中央フース

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.10.02

第2回 マネージャーカレッジ開催!

  みなさんこんばんは! 10月になったはずなのにまだまだ暑い日が続きますね。。。 秋らしくなるのはいつ頃? . さて、前回ご好評いただいたマネージャーカレッジ? 第2回の開催が決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.16

【新関東リーグ2018】2部A 第1節ハイライト

今年も新関東リーグ1部への狭き門へ挑戦する新関東リーグ2部が10月13日に開幕した。 2部Aブロックは、降格してきた明治大学グル―ビーキッズ(以下=明治グルービー)や昨年惜しくも昇格戦に敗れ、昇…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.18

【18卒サッカー経験者限定招待】採用直結『蹴活イベント』開催決定!

【18卒サッカー経験者限定招待】BeYonD×株式会社アイ・パッション 採用直結『蹴活イベント』開催決定!   サッカーをしながら採用されちゃおう!という企画です。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.07.05

【BMOM102】小竹直輝(2年=新潟明訓)決勝戦で1G1A!初優勝の立役者に!!

7/1(日)、埼玉スタジアム2002第4グラウンドにて、新関東カップ2018の決勝戦が行われ、早稲田稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)が対戦。 後半…

read more 遠藤瞭介
コラム 2022.04.23

今後のサッカーサークル界を牽引する11人を紹介!【前編】

【学年別ROUND 1年生 ベストイレブン】 先日スポーツマネジメント株式会社が主催するFOOTBALL COMPETITION 2022【学年別ROUND】1年生が開催されました。また、決勝戦…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.04.14

サッカーサークル マネージャーの仕事

こんにちは! 桜の木に新緑が芽吹き、新入生のみなさんは入りたいサークルの目星がついてきた頃ではないでしょうか? 今回は、そんな新マネージャーさんにぴったりの、「マネージャーの仕事内容」を紹介す…

read more 田中菜々美
コラム 2017.10.17

【新関東リーグ2017・2部Bブロック第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日本大学法学部サッカー部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝の早稲田大学HUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.15

【BMOM98】西出有佑(3年=座間)が伝統の中大ダービーを制する決勝点!!

来たる6月10日、中央大学フースバルクラブ(:以下中央フースバル)と中央大学サッカー同好会(:以下中大サカ同)の両チームが待ちわびた因縁の中大対決がサークル界の「埼玉スタジアム2002」、ZOZOパー…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-