【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

BeYonD 編集部

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん
「全てを懸けて。」

img_3860

−まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。
南アフリカW杯がきっかけで、サッカーを好きになって、高校ではサッカー部のマネをしていました。大学に入ってもマネを続けようと思って、真剣にサッカーしているサークルを探しました。早稲田の某最強サークルの練習にも行ったんですが、圧倒されてしまい(笑)高校の先輩や同期が入っていた早理を選びました。

−早理でのプレイヤーとの関係性はどうでしたか?
プレマネ仲良くて、取っ組み合いしたり、ブリッジさせられたりしてました。

−早理は他チームに比べてマネージャーの仕事する姿勢がすごかったように思うのですが。
3年になって、やりたいことを全部やろうと思って、自分のお小遣いで15Lのタンクを買いました。早理では、ポカリと水のボトルを用意していたのですが、ポカリが薄すぎてまずいのが嫌だったので、濃度を統一させようと思って、1年間、ポカリの粉を計量してチャック袋に詰めまくっていました。あとは、ぬるいドリンクを出すのが嫌だったので、いつも氷を大量に買って行ってました。多いときで35kg。氷を運ぶのはほんとに辛かったけど冷たいドリンクのためと思って耐えました。夏場はコートの周りに置いてあるボトルがすぐぬるくなるので、試合終了までずっと冷たい状態を保つために氷をたくさん入れたり、こまめにチェックしたりしてました。ハーフタイムにはいつも冷たいおしぼりを出すようにしてました。冬は温かいおしぼりを出してほしいとプレに言われましたがさすがに無理でした。あと、氷は値段が高いので必ず安い店を探して買っていました。100円ローソンは1.3kg108円でめっちゃ安いです。この世で1番100円ローソンに感謝しているのは私だと思っています。
あとは、ボール拾い。シュート練でボールが自分にぶちあたったときは、痛がって練習を中断させると申し訳ないので平気なふりをしていました。ロングキックが胸にあたったときも息ができなくなりさすがに死ぬかと思いましたがすぐにプレにボールを渡し、渡したあとに苦しみました。マガジンカップ(以下マガハイ)では雨でドロドロになっている山にボールが飛んで行ったんですが、木と枝と棘で通る道がない中フィジカルでぶちやぶって、プレも諦めたボールを救出できたときは嬉しかったです。試合前だし、怪我したら大変なのでプレに危険なことはさせないようにしてました。たくさん山に登ったので自分は山岳部に入ったのかと思いました。
あとテーピングできる人がいなかったので、勉強して、基本的なテーピングはできるようになりました。とにかく、サッカーしやすい環境づくりを心がけてました。マネ業が大好きなので、たくさん仕事できて、やりがいがあって1年間ほんとに楽しかったです。

img_3858

−1年間を振り返ってみてどうですか?
ウィンターカップ、グアムチャンピオンシップの予選と本大会、稲穂フェスタ、全部準優勝で、自分たちでシルバーコレクターとか言って自虐したときもあったけど、自分たちの代が始まってからたくさん1部(新関東FL)のチームを倒して、プレが日々たくましくかっこよく成長していく姿にはいつも感動させられてました。でも、アットホームカップの学内戦、カップ戦(新関東FL)、マガハイという大きな大会では結果が残せず辛い時期も多かったです。リーグ戦(新関東FL)は、直前の練習に22人すら集まらなくて大ゲームできなかったり、雰囲気も良くなかったりして、優勝争いにも入れず、こんなに呆気なく終わってしまうんだ、と思ってました。でも、引退合宿で、例年ならポジションを普段と変えたりしてゆるい感じでやるんですけど、みんな普段通りのポジションで臨んで、どんどん勝ち進み決勝では、怪我をしている人も含め全員が試合に出て優勝することができてほんとに嬉しかったです。最後の最後にみんなが本当に楽しそうにサッカーしてて、心から喜んで涙する姿を見れて、この人たちのマネをできてよかったって本気で思えました。今までのマネージャー人生の中で1番嬉しくて、感動した試合でした。

私は、高校サッカーに未練があって、もうあんなに真剣で熱い気持ちになれることはないと思ってました。部活とサークルのギャップに悩まされることも多かったです。体育会のマネをすればよかったって後悔してた時期もありました。でも、自分たちの代になって、自分たちがチームのために主体的に動くようになり、プレとも距離も近くなって、本気でプレーして、喜んで、悔しがって、悩んでいる姿をみて、サークルでもこんなに真剣な想いでサッカーをしている人たちもいると気付かされて、それからは高校サッカーへの未練もなくなって、最後の1年、全力でこの人たちに尽くしたいという気持ちになりました。こんなにも熱い気持ちにさせてくれたプレには本当に感謝してます。
サークルって難しくて、サークルだから、って諦めて割り切らないといけないことが多くて、もどかしい思いもありました。でも、本気でサッカーしてる人たちに報われて欲しくて、マネにはなにができるんだろうってすごく考えました。マネの仕事は、直接試合結果に関わることはないし、マネがいなくてもサッカーはできるし、実際何ができたのかはわからないけど、少しでもみんながいい環境でサッカーできるように、やれることは何でもやってきました。

−後輩に伝えたいことはありますか?
時間が過ぎるのは本当にあっという間なので、1日1日を大切に頑張ってほしいです。これから色んなことがあると思うけど、どんな時もマネはプレを支えてあげてね。マネは、プレのちょっとした言葉とか笑顔とかが力になってるので、プレもたまにはマネのことを気にかけてあげてね(笑)これからも応援してます。

−あなたにとって早理とは?
自分の全てを懸けてきた場所。

あんな場所でボール拾いをしたり、35kgの氷やボトルやタンクをもって、大量の汗をかきながら練習場まで行ったりしたマネージャーはいないのではないだろうか。彼女は言った。「みんなのためなら、普通なら無理だと思うこともなんだってできる気がしてた」と。
いつだって、マネージャーを熱くさせてくれるのは、プレイヤーの存在だ。プレイヤーが本気でサッカーする姿は、チームだけでなくマネージャーをも本気にさせてくれる。そしてマネージャーは想っている。本気にさせてくれて、サッカーをしているあなたを支えさせてくれて、ありがとう、と。
今後も、このようなマネージャーの存在が、プレイヤーだけでなく、サッカーサークル界を支えていくのかもしれない。

img_3859

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2023.06.23

【注目の1年生紹介記事vol.4】早稲田大学FC.GUSTAと中央大学体同連フースバルクラブの注目選手を紹介!

BeYonD編集部です! 今回は一年生紹介記事最終弾! これまで数々の新入生を紹介してきましたが、今回紹介する2名もこれからサークル界を牽引していく存在です。 技術派集団早稲田大学F…

read more 土屋茜音
コラム 2017.03.12

新チーム始動インタビュー第5弾”明治大学生田蹴友会 吉崎光”

昨年明大カップ優勝、新関東リーグ1部昇格と華々しい結果を残した明治大学生田蹴友会。3年生が引退し新チームの旗揚げとなった生田の代表吉崎光(2年=八千代)と副代表の 小林賢正(2年=海星)の2人に話を聞…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.02

【BMOM54】安東尚宏(2年=國學院久我山)久我山仕込みのテクニック!オレンジ軍団の新10番が攻撃を牽引する!!

早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)が同大学の早稲田理工サッカー部(以下:早理)を4-0で破ったこの試合。 歓喜の輪の中心にいたのはハットトリックを決めたグスタの新10番安東尚宏(2年=國學院…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.08.03

白金FC 〜快挙!全国大会出場の秘話に迫る〜

昨年度行われた at home cup で関東大会準優勝、全国大会ベスト4の史上初の快挙の成績を収めた白金FC(以下:白F)。 そこで今回は、白Fが誇るセンターバックの粂谷直輝(3年=市立橘高校…

read more 丸山拓海
コラム 2017.05.19

【あの人と対談vol.1】ユニオンリーグ幹事長:関根宏一郎(3年=荒友キッカーズ)”さらなる高みをめざし、心機一転のユニオン!”

サッカー同好会カテゴリーは、新関東だけではない。みなさん「ユニオンリーグ」というものをご存知でしょうか。サークル界でまだ認知度が低い「ユニオンリーグ」がどういうものなのか。 ユニオンリーグ幹事長…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.23

【新歓記事vol.0】大学サッカー同好会初の公式メディア”BeYonD”

こんにちは! 暖かい日が続き花粉が飛び交い、本格的に春が到来しましたね! あとは桜が咲き乱れるのを待つのみです。 さて、新学期が始まると同好会カテゴリーでは名物行事の ”新歓活動” …

read more 高橋佑輔
コラム 2019.02.20

【BMOM118】小林将真(2年=新潟明訓)中盤をオーガナイズし勝利に貢献!

2月15日(金)中央大学学内戦決勝が浅川スポーツ公園グラウンドにて行われた。 決勝戦は、昨年新関東カップ・新関東1部リーグの2冠を遂げた中央大学体動連フースバルクラブ(以下、中央フースバル)と新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.27

【OB・OGインタビューvol.2】同好会生活を共に過ごしたナオト・インティライミさんを支える、あの人にインタビュー!!

同好会カテゴリー出身で、現在社会で活躍されている方々に貴重なお話を伺うシリーズ第二弾です! 今回は、中央大学サッカー同好会33期OBで、同じく中大同好会34期OBのナオト・インティライミさんが所…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.26

【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。 パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.05

【同好会基礎情報vol.7】稲穂FESTAってなに?

  GWも終盤にさしかかってきましたね!   どのチームも新歓が終わり一息ついてるところだと思います!   そしたらやっぱり気になるのが、明…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-