【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

BeYonD 編集部

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん
「全てを懸けて。」

img_3860

−まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。
南アフリカW杯がきっかけで、サッカーを好きになって、高校ではサッカー部のマネをしていました。大学に入ってもマネを続けようと思って、真剣にサッカーしているサークルを探しました。早稲田の某最強サークルの練習にも行ったんですが、圧倒されてしまい(笑)高校の先輩や同期が入っていた早理を選びました。

−早理でのプレイヤーとの関係性はどうでしたか?
プレマネ仲良くて、取っ組み合いしたり、ブリッジさせられたりしてました。

−早理は他チームに比べてマネージャーの仕事する姿勢がすごかったように思うのですが。
3年になって、やりたいことを全部やろうと思って、自分のお小遣いで15Lのタンクを買いました。早理では、ポカリと水のボトルを用意していたのですが、ポカリが薄すぎてまずいのが嫌だったので、濃度を統一させようと思って、1年間、ポカリの粉を計量してチャック袋に詰めまくっていました。あとは、ぬるいドリンクを出すのが嫌だったので、いつも氷を大量に買って行ってました。多いときで35kg。氷を運ぶのはほんとに辛かったけど冷たいドリンクのためと思って耐えました。夏場はコートの周りに置いてあるボトルがすぐぬるくなるので、試合終了までずっと冷たい状態を保つために氷をたくさん入れたり、こまめにチェックしたりしてました。ハーフタイムにはいつも冷たいおしぼりを出すようにしてました。冬は温かいおしぼりを出してほしいとプレに言われましたがさすがに無理でした。あと、氷は値段が高いので必ず安い店を探して買っていました。100円ローソンは1.3kg108円でめっちゃ安いです。この世で1番100円ローソンに感謝しているのは私だと思っています。
あとは、ボール拾い。シュート練でボールが自分にぶちあたったときは、痛がって練習を中断させると申し訳ないので平気なふりをしていました。ロングキックが胸にあたったときも息ができなくなりさすがに死ぬかと思いましたがすぐにプレにボールを渡し、渡したあとに苦しみました。マガジンカップ(以下マガハイ)では雨でドロドロになっている山にボールが飛んで行ったんですが、木と枝と棘で通る道がない中フィジカルでぶちやぶって、プレも諦めたボールを救出できたときは嬉しかったです。試合前だし、怪我したら大変なのでプレに危険なことはさせないようにしてました。たくさん山に登ったので自分は山岳部に入ったのかと思いました。
あとテーピングできる人がいなかったので、勉強して、基本的なテーピングはできるようになりました。とにかく、サッカーしやすい環境づくりを心がけてました。マネ業が大好きなので、たくさん仕事できて、やりがいがあって1年間ほんとに楽しかったです。

img_3858

−1年間を振り返ってみてどうですか?
ウィンターカップ、グアムチャンピオンシップの予選と本大会、稲穂フェスタ、全部準優勝で、自分たちでシルバーコレクターとか言って自虐したときもあったけど、自分たちの代が始まってからたくさん1部(新関東FL)のチームを倒して、プレが日々たくましくかっこよく成長していく姿にはいつも感動させられてました。でも、アットホームカップの学内戦、カップ戦(新関東FL)、マガハイという大きな大会では結果が残せず辛い時期も多かったです。リーグ戦(新関東FL)は、直前の練習に22人すら集まらなくて大ゲームできなかったり、雰囲気も良くなかったりして、優勝争いにも入れず、こんなに呆気なく終わってしまうんだ、と思ってました。でも、引退合宿で、例年ならポジションを普段と変えたりしてゆるい感じでやるんですけど、みんな普段通りのポジションで臨んで、どんどん勝ち進み決勝では、怪我をしている人も含め全員が試合に出て優勝することができてほんとに嬉しかったです。最後の最後にみんなが本当に楽しそうにサッカーしてて、心から喜んで涙する姿を見れて、この人たちのマネをできてよかったって本気で思えました。今までのマネージャー人生の中で1番嬉しくて、感動した試合でした。

私は、高校サッカーに未練があって、もうあんなに真剣で熱い気持ちになれることはないと思ってました。部活とサークルのギャップに悩まされることも多かったです。体育会のマネをすればよかったって後悔してた時期もありました。でも、自分たちの代になって、自分たちがチームのために主体的に動くようになり、プレとも距離も近くなって、本気でプレーして、喜んで、悔しがって、悩んでいる姿をみて、サークルでもこんなに真剣な想いでサッカーをしている人たちもいると気付かされて、それからは高校サッカーへの未練もなくなって、最後の1年、全力でこの人たちに尽くしたいという気持ちになりました。こんなにも熱い気持ちにさせてくれたプレには本当に感謝してます。
サークルって難しくて、サークルだから、って諦めて割り切らないといけないことが多くて、もどかしい思いもありました。でも、本気でサッカーしてる人たちに報われて欲しくて、マネにはなにができるんだろうってすごく考えました。マネの仕事は、直接試合結果に関わることはないし、マネがいなくてもサッカーはできるし、実際何ができたのかはわからないけど、少しでもみんながいい環境でサッカーできるように、やれることは何でもやってきました。

−後輩に伝えたいことはありますか?
時間が過ぎるのは本当にあっという間なので、1日1日を大切に頑張ってほしいです。これから色んなことがあると思うけど、どんな時もマネはプレを支えてあげてね。マネは、プレのちょっとした言葉とか笑顔とかが力になってるので、プレもたまにはマネのことを気にかけてあげてね(笑)これからも応援してます。

−あなたにとって早理とは?
自分の全てを懸けてきた場所。

あんな場所でボール拾いをしたり、35kgの氷やボトルやタンクをもって、大量の汗をかきながら練習場まで行ったりしたマネージャーはいないのではないだろうか。彼女は言った。「みんなのためなら、普通なら無理だと思うこともなんだってできる気がしてた」と。
いつだって、マネージャーを熱くさせてくれるのは、プレイヤーの存在だ。プレイヤーが本気でサッカーする姿は、チームだけでなくマネージャーをも本気にさせてくれる。そしてマネージャーは想っている。本気にさせてくれて、サッカーをしているあなたを支えさせてくれて、ありがとう、と。
今後も、このようなマネージャーの存在が、プレイヤーだけでなく、サッカーサークル界を支えていくのかもしれない。

img_3859

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.05.07

【チーム特集】中央大学MAPLE

今回は【インスタ企画 いい写いいね大会】において、 第3グループで見事優勝いたしました「中央大学MAPLE」に独占インタビューさせていただきました!! 幹事長の吉武友樹さん、マネー…

read more 渋井颯太
コラム 2017.08.14

【BMOM68】門倉怜央(1年=正智深谷) 全国経験者の大きな貢献

先日行われた大東文化大学AVANZRE(以下AVANZRE)と大東文化大学GLANZ(以下GLANZ)による大東文化大学学内戦決勝戦は1点を争う好ゲームを繰り広げた。 前半はGLANZがボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.26

【同好会基礎情報Vol. 1】新関東フットボールリーグってなに?

大学同好会カテゴリーでサッカーをしていると、よく聞く『新関東』という言葉。 『新関東』ってなんなのさ?!と思ったそこのあなた。遅くなりましたが出来るだけ分かりやすくご説明させて頂きます。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.09.09

【チーム特集】同志社大学 三ツ葉キッカーズ

こんにちは、BeYonD編集部です。 今回は関西同好会リーグ1部や京都府社会人リーグにも所属する関西強豪サークル、同志社大学三ツ葉キッカーズにインタビューさせていただきました!! 三ツ葉代…

read more 渋井颯太
コラム 2022.07.01

【告知】あの埼玉スタジアム隣でサークルの試合が開催!?

5月下旬に開幕した新関東カップ2022も明日7/2(土)で決勝を迎える。 5試合20得点と爆発的な攻撃力を武器に勝ち進んできた中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)。迎え撃つのは今年度新関東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.01

【BMOM18】苅部杜行(1年) 決勝点アシストに加え、攻守で圧倒的な存在感を発揮

フースバルの心臓 苅部 中央大学体同連フースバルクラブは全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦で関西大学FC TRIOSに3-1と快勝し、全国制覇を成し遂げた。その試合で決勝点のアシストとなるロング…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.12.16

【新関東リーグ2021・1部】大会総括

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。   2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史…

read more 東 孝太郎
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.09.02

【9/22(土)開催決定】日系大手ベイカレント新卒担当者による、サッカーサークルだけの特別選考会へのご案内!

長いようで短い大学生夏休みも折り返しを迎えました。 サッカーサークルの皆さんはどのような夏をお過ごしでしょうか?   特に三年生。 これまでの活動の集大成となるこの夏…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-