【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

BeYonD 編集部

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。

パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく青理と攻めてきた相手を一撃のカウンターで打ち砕く稲穂の対照的なプレースタイルの対決となった。

稲穂は前線からの素早く連携の取れたハイプレスが特徴。

そんなハイプレスを物ともせずかいくぐる1人の男がいた。

その男が青理9番山田隆太(3年=川和)である。

この試合で得点という結果は残していないものの、山田は電光石火の快速と足元の上手さで相手を翻弄した。その快速を活かして稲穂陣地を切り裂いていた。

高校サッカー現役時代の50メートルはなんと驚異の6秒ジャスト。「半端ない」そのスピードは今も健在である。

1人2人と抜いていくその姿はベルギー代表のメルテンスを彷彿させるプレーだった。

今の青理の攻撃の起点は山田そのものだと言っても過言ではないだろう。

ff34014a-0a04-4e73-8ee4-0cd32bd28135

そんな山田に試合を振り返ってもらった。

「前半押し込まれる場面もあってヒヤヒヤしてたんですけどその中でもいくつかチャンスを作れていたので良かったと思います。後半は流れの中からいい時間帯に得点できたんですけど、稲穂さんの魔法にかけられて追いつかれてしまい残念です。内容が良かっただけに勝ちたかった試合でした」

と言わずと知れた稲穂の一撃の迫力を伝えてくれた。一撃の怖さと驚異のメンタルで負けていても食らいついてくるのが稲穂の「ヤバさ」である。その稲穂に良いテンポでパスを繋ぎゴールに迫る青理も相当「ヤバイ」チームであると感じた。

山田には試合中常に意識していることを聞いてみた。

「チャンスメイクの部分と得点を取ることを意識してます」と常に青理の強力な攻撃に献身的に絡んでいる山田らしいコメントを残してくれた。

最後に青理がチームとして目指しているリーグ戦の目標を聞いてみた。

「準優勝です」

と意外なコメント。なぜ準優勝なのか、理由を聞いてみたところ、

「フースバルは越せないと感じたからです」

と中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の驚異の強さも伝えてくれた。

青理とフースの前回のスコアは0対4。今回の一部リーグでは今のところフースは圧倒的である。

そのフースの破竹の勢いを殺す可能性のあるチームがわんさかいるのが、一部リーグの見ていて面白い所である。そんな群雄割拠のプレミアリーグのようなリーグ戦を準優勝とは言わず優勝も狙える力が青理にはあると私は見ていて感じた。

もう青理がフースとリーグ戦で今年当たることはもうないが、次にフースと青理が対戦したら同じ結果になるとは限らない。

今回山田には点こそ生まれなかったものの、稲穂を脅かした青理の攻撃の中心は彼であった。

正直私も山田とは「マッチアップしたくない」そう思わず思ってしまうようなスピードと技術を持っていた。

圧倒的なポゼッション軍団の筆頭格である山田のプレーにこれからも目が離せない。

これからのリーグ戦も青理の「韋駄天」山田に注目していきたい。

青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2019.10.28

【新関東リーグ2019・1部第3節マッチハイライト】早稲田稲穂の単独首位を追撃するのはどのチームだ!?

10月27日、波崎ユニオングラウンドにて新関東リーグ第3節の4試合が行われた。   第1試合は開幕から2連勝と波に乗っている早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と開幕から…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.17

【新関東FL1部第2節】マッチプレビュー

第4試合 明治大学Groovy kids VS 早稲田大学FC GUSTA 明治Groovy(勝ち点0)と早稲田GUSTA(勝ち点0)、この試合は大事な初戦をものにできなかったチーム同士の対戦となる…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.05

【BMOM131】田村和己(3年=FCトリプレッタ)工体連のファンタジスタが格上相手に躍動。

5月25日ZOZOパークで新関東カップ3回戦FC.GUSTA(以下:グスタ)と法政大学工体連サッカー部(以下:工体連)の試合が行われた。試合は華麗なパスワークから多彩な攻撃を仕掛けるグスタに対し、工体…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.26

【新歓記事2021】vol.2 早稲田大学サッカーサークルその2

新歓記事vol.2ではvol .1に引き続き早稲田大学の6チームを紹介します!     早稲田大学荒友キッカーズ ・自分たちのサークルを一言で表すと! …

read more 東 孝太郎
コラム 2017.10.25

【BMOM78】浅田拓郎(3年=農大一高)怪我からの完全復活を果たしたこの男が試合を決めた!

新関東リーグ1部第2節、立教大学サッカー愛好会(以下立愛)と中央大学体同連フースバルクラブ(以下フース)の一戦が行われた。 前節、明治大学生田蹴友会に3-0で勝利し、初戦から調子の良い立愛は、今節で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.15

【新関東リーグ2017MVP】やんちゃな王様から、真の王様へ。早稲田稲穂、長瀬が新関東リーグ2017MVPに輝く。

新関東リーグ1部2017が閉幕。優勝した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)が東西対抗戦も制し、日本一に輝いた。 優勝した早稲田稲穂から、攻守ともに気迫溢れるプレーでチームを牽引したMF…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.20

【BMOM88】鯵坂賢(多摩大目黒=1年)技巧派FWがプレミアカップ連覇を手繰り寄せる。

プレミアカップ2017は中央大学サッカー同好会(以下:中央同好会)の2連覇で幕を閉じた。新関東FL1部や2部の強豪チームや、アットホームカップでも躍動したチームが数多く出場した激戦必至の2日間であった…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-