【BMOM110】山田隆太(3年=川和) ピッチを縦横無尽に切り裂く青理の「韋駄天」が躍動

BeYonD 編集部

10月20日に聖地、鹿島ハイツで行われた青山学院大学理工学部サッカー部(以下:青理)と早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)の一部リーグ強豪対決が行われた。

パスを繋ぎ相手を徐々に突き崩していく青理と攻めてきた相手を一撃のカウンターで打ち砕く稲穂の対照的なプレースタイルの対決となった。

稲穂は前線からの素早く連携の取れたハイプレスが特徴。

そんなハイプレスを物ともせずかいくぐる1人の男がいた。

その男が青理9番山田隆太(3年=川和)である。

この試合で得点という結果は残していないものの、山田は電光石火の快速と足元の上手さで相手を翻弄した。その快速を活かして稲穂陣地を切り裂いていた。

高校サッカー現役時代の50メートルはなんと驚異の6秒ジャスト。「半端ない」そのスピードは今も健在である。

1人2人と抜いていくその姿はベルギー代表のメルテンスを彷彿させるプレーだった。

今の青理の攻撃の起点は山田そのものだと言っても過言ではないだろう。

ff34014a-0a04-4e73-8ee4-0cd32bd28135

そんな山田に試合を振り返ってもらった。

「前半押し込まれる場面もあってヒヤヒヤしてたんですけどその中でもいくつかチャンスを作れていたので良かったと思います。後半は流れの中からいい時間帯に得点できたんですけど、稲穂さんの魔法にかけられて追いつかれてしまい残念です。内容が良かっただけに勝ちたかった試合でした」

と言わずと知れた稲穂の一撃の迫力を伝えてくれた。一撃の怖さと驚異のメンタルで負けていても食らいついてくるのが稲穂の「ヤバさ」である。その稲穂に良いテンポでパスを繋ぎゴールに迫る青理も相当「ヤバイ」チームであると感じた。

山田には試合中常に意識していることを聞いてみた。

「チャンスメイクの部分と得点を取ることを意識してます」と常に青理の強力な攻撃に献身的に絡んでいる山田らしいコメントを残してくれた。

最後に青理がチームとして目指しているリーグ戦の目標を聞いてみた。

「準優勝です」

と意外なコメント。なぜ準優勝なのか、理由を聞いてみたところ、

「フースバルは越せないと感じたからです」

と中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の驚異の強さも伝えてくれた。

青理とフースの前回のスコアは0対4。今回の一部リーグでは今のところフースは圧倒的である。

そのフースの破竹の勢いを殺す可能性のあるチームがわんさかいるのが、一部リーグの見ていて面白い所である。そんな群雄割拠のプレミアリーグのようなリーグ戦を準優勝とは言わず優勝も狙える力が青理にはあると私は見ていて感じた。

もう青理がフースとリーグ戦で今年当たることはもうないが、次にフースと青理が対戦したら同じ結果になるとは限らない。

今回山田には点こそ生まれなかったものの、稲穂を脅かした青理の攻撃の中心は彼であった。

正直私も山田とは「マッチアップしたくない」そう思わず思ってしまうようなスピードと技術を持っていた。

圧倒的なポゼッション軍団の筆頭格である山田のプレーにこれからも目が離せない。

これからのリーグ戦も青理の「韋駄天」山田に注目していきたい。

青山学院大学 理工サッカー部のチームページ

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2023.09.06

【マガハイ直前!】昨年度Best4サークルにインタビューvol2.

夏休みも後半戦に差し掛かってきたところではないでしょうか。どうもBeyond編集部です!いよいよ開幕を目前に控えた「第41回サッカーマガジンカップオープン大会2023(通称:マガハイ)」に向けて各サー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.05.26

【新関東カップ2022】出場チーム紹介 vol.1

真剣勝負の場である新関東カップが今週末の5/28(土)より開幕する。 今年度は新たに予選リーグが導入され、予選各グループ1位の7チームと各グループ2位のうち成績上位1チームを加えた計8チームが決…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.12

【マネの想いvol.4】”プレを支え、プレに支えられたマネージャー”

3年マネージャー特集 第三弾 明治大学KNIGHTS 鈴木志歩さん 「1人だったけど、みんなのおかげで1人じゃないと思えた」 −明治大学KNIGHTS(以下knights)に入った…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.10.29

【キャプテン特集】全員が入って良かったと思えるサークルへ

みなさんこんにちは! リーグ戦も始まり、ほとんどのチームがあと約1か月で3年生が引退してしまいます。 そんな中、今年2部から昇格しノリに乗っている 立教サッカー愛好会主将(以下:立愛) …

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.09

【美女マネ特集vol.4】第4弾は大統領選挙のトランプ氏のごとく新関東FL2部を首位で走るあのチームのマネ!

こんにちは!   トントントントンクリントン!でおなじみの美女マネ特集です!   いやークリントンさんも、トランプさんに負けてしまいましたね。 &nb…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.01

【美女マネvol.23】今回はフォトジェニックセミロングな美女マネ!!

  こんにちは!     最近の異常な暑さに、地球温暖化を改めて感じますね!     温厚な私でも、暑いとつ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.31

【BMOM80】川田朋典(3年=高松北) 劇的スーパーゴールでチームを勝利に導く!

BMOMに輝いた。と言うよりは選ばざるを得なかった。 明治大学Groovy kids(以下明治グルービー)は1節で大敗を喫し、2節では先制しながらもPKにより追いつかれドロー。 そしてこの試合…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.12

【関西サッカー同好会トーナメント】マッチプレビュー

関東では一足先にカップ戦が開幕しているが… 明日からは遂に、関西でも同好会トーナメントが開幕する。 気になるトーナメント表はこちら! 今年は大阪大学DACOTA、京都大学BONBERS、オチ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.05

【新歓記事vol.3】新入生必見‼️明治大学のサッカーサークルを比較してみました!!

明治大学の新入生必見!!サッカーサークルを比較してみました! こんにちは、BeYonD編集部です! 前回に引き続き、新歓記事第3弾! 今回は明治大学のサッカーサークル紹介です。 新…

read more 波田野渓人

-PICKUP CIRCLE-