【新関東FL1部昇格戦】マッチプレビュー

古平 翔太

各リーグ熱戦を制し、新関東FL1部昇格への挑戦権を得た2チーム

早稲田F.C.GUSTA明治生田サッカー部蹴球会

2年前の自動昇格戦と同カードになるとは、
いったいどんな神のいたずらなのだろうか。

 

2years ago(2014.11.29@鹿島ハイツ第5グランド)

4勝3分と鉄壁の守備を誇り2部Aを無失点で突破した明治生田に対して、7試合24得点と圧倒的な攻撃力で2部Bを6勝1敗で制した早稲田FC.GUSTAの対戦となった。雨の中での鹿島ハイツの一戦は予想通り、GUSTAの攻撃を明治生田が迎え撃つかたちとなり、お互い数少ないチャンスをものにできずスコアレスドローで前半を終えた。迎えた後半15分、GUSTAに待望の先制点が生まれる。0番野々村(3年=国学院久我山)のふわりとした浮き球を右サイドから走りこんだ81番鷲田(1年=早大本庄)がダイナミックなヘディングシュートでゴールへ流し込んだ。その後、明治生田が猛攻を仕掛けるもGUSTA守備陣が体を張ってゴールを死守。鷲田の挙げた1点を守り切り、初の1部昇格を果たしたのであった。

 

And now!!

2年前と同じく2部Aを優勝したのは明治生田、2部Bは1年での1部復帰を目指す早稲田FC.GUSTA。不思議なことに両チームのリーグ戦でのスタッツも2年前と類似している。一時は慶應リコタイに首位を明け渡すものの、最終節リコタイがFC.e.l.f.に敗戦したため土壇場の逆転で優勝をつかみ取った。15得点9失点と安定した戦いぶりを見せてきた明治生田だが、対する早稲田FC.GUSTAは全勝優勝を逃したものの21得点2失点と圧倒的な強さを見せ、6勝1分で2部Aを突破した。昇格戦という舞台で再度顔を合わすことになった両チーム。2年前と同様GUSTAがボールを支配し、1部昇格を決めるのか。はたまた、明治生田が2年前の雪辱を晴らすことができるのか、1部昇格をかけた大一番が今始まる。

 

早稲田大学FC.GUSTA

%e6%98%87%e6%a0%bc%e6%88%a6gusta2年前の決勝ゴールを決めた11番鷲田を筆頭に、2年前の入れ替えを1年生時に経験した選手が学年を重ね3年生となった今年、再び1部の昇格に向けて大手をかけた。今季のGUSTAは昨年からメンバーがほとんど変わっていないためチームとしての成熟度が高く、1部で圧倒的な強さを誇り全勝優勝した稲穂キッカーズとも何度も死闘を繰り広げてきた。そのチームに即戦力となる1年生を数人加え、参加した大会合宿のほとんどでタイトルを獲得してきた。
これまで明治生田との戦績は、2年前のプレミアカップで一度負けているくらいで、苦手意識はないはずだ。その中で気を付けたいのが生田77番吉崎を中心としたセットプレーだ。GUSTAは小柄な選手が多く、セットプレーでの高さに不安がある。そこで、GUSTAの怪物27番近藤(3年=早稲田実業)が生田の吉崎との空中戦を制し、ゴールを守り抜くことができるかがカギとなる。

 

 

明治体同連生田サッカー部

%e6%98%87%e6%a0%bc%e6%88%a6%e7%94%9f%e7%94%b0

今期、明治学内戦と理工系カップ2つのタイトルを獲得した今期、2年前のリベンジもあるが3度もGUSTAにタイトルを奪われるわけにはいかない。2部Aで得点王を獲得した77番吉崎(2年=八千代)の高い身体能力を活かしたセットプレーも大きな武器になるが、それ以外の得点パターンも持っているのが今年の明治生田だ。ディフェンスラインから丁寧に繋ぎ、相手を押し込み崩していくような攻撃もリーグ戦では数多く見られた。
しかし、吉崎ら主力が数名不在の中行われたGUSTAとの練習試合では、一方的にボールを支配され0-3で敗戦してしまった。やはりこの大一番ではエース吉崎が得点を決められるかがカギとなってくるだろう。圧倒的な得点能力を持つ吉崎は厳しいマークを受けることが予想されるが、そのマークを物ともせずGUSTAの粘り強い守備陣から得点を決めることができるか。吉崎がGUSTA ゴールをこじ開けることができれば1部昇格に大きく近くだろう。

Written by

古平 翔太

Shota Kodaira

早稲田大学 FC.GUSTA

Keywords

Recommend

コラム 2017.02.22

【新人戦1年生大会②】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月9~10日に行われた新人戦1年生大会②において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかった…

read more 古平 翔太
コラム 2017.07.10

【新関東カップ2017】ベストイレブン

6月24日、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下稲穂)が明治大学Groovykids(以下グル―ビー)を下し、見事な3連覇で幕を閉じた新関東カップ2017。この大会で活躍した選手からベストイレブンを選出させ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.28

【美女マネ特集vol.10】記念すべき第10回は同好会カテゴリー最古の歴史を誇り、来年で77期を迎えるあのチームのマネ!

  みなさんこんにちは!   なんと、、、。   美女マネが、、、。   ついに第10回を迎えました!! &nb…

read more 上野澄人
コラム 2017.02.15

【新人戦2年生大会】~まだまだいるぞ、今後の注目選手たち~

2月5~6日に行われた新人戦2年生大会において、惜しくも上位進出は叶わなかったチームにもまだまだ素晴らしいパフォーマンスを発揮し活躍した選手たちが数多くいます!今回は、そんな上位進出は叶わなかったもの…

read more 古平 翔太
コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more 狩野幹太郎
コラム 2017.04.26

【Guam Championship決勝戦】フォトギャラリー

12番天下谷(3年=実践学園)が先制ゴールを挙げ、歓喜のLiberteイレブン 東洋Liberteは同点に追いつかれるも、長身を生かした16番西岡(3年=東久留米総合)がドンピシ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.27

【新入生必見!同好会チームガイドvol.3】早稲田大学編その3

第3回も第1回、第2回に引き続き「早稲田大学」の特集です! 新入生は数あるサッカーサークルの中から選ぶことになると思いますが、 今回もユニオンリーグに所属するチームを始め、計6チームをピッ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.21

【東洋大学学内戦決勝】フォトギャラリー

東洋大学を制したF.C.FLITT、アットホームカップ本大会にも期待したい。   圧倒的な存在感で決勝のマンオブザマッチに輝いた矢部(3年=埼玉栄) &nb…

read more 大塚朝史
コラム 2019.11.01

【BMOM】神山知也(2年=座間)エスペ期待の2年生エースが2発で勝利を呼び寄せた!

10月27日に行われた第3節は、明治大学エスペランサ(以下:明治エスペ)と明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の明治ダービーとなった。明治エスペは前半から積極的にゴールを狙い、守備でも…

read more 高橋優斗
コラム 2020.02.22

【BMOM 140】橋爪健(1年=西武文理)中央フースバル、期待の新人エースが優勝の立役者に!

2/17(金)に日野陸上競技場で行われた中央大学学内戦の決勝戦はPKの末、中央大学体同連フースバル(以下:中央大学フース)が中央大学サッカー同好会(以下:中央サカ同)に勝利し、中央大学No.1の栄光を…

read more 落合陸

-PICKUP CIRCLE-