【新関東リーグ2021・1部】大会総括

東 孝太郎

10月16日に開幕した『新関東リーグ・1部』は、早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の優勝で幕を閉じた。

 

2021年明治安田生命J1リーグでは、川崎フロンターレの歴史的な独走優勝で幕を閉じたが、新関東リーグ1部でも早稲田稲穂が無敗で独走優勝という結果となった。

 

サークルカテゴリーで最高峰とも呼び声高い『新関東リーグ・1部』。
今回はコロナウイルスの影響を受けながらも、白熱した今年の新関東リーグ1部を振り返っていく。

 

今年の1部リーグは波乱の連続だった。
リーグ開幕前、昨年度、一昨年度1部リーグで優勝し2連覇中の早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)が今年も優勝候補の一角としてリーグを牽引するかと思われた。また昨年度リーグ2位の早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)、3位の中央大学体同連Fussball club(以下:中央フース)も優勝争いに食い込んでくることが予想された。

 

第4節終了時、早稲田グスタ、早稲田理工、中央フースの3チームが未勝で、昨年度最下位だった明治大学生田サッカー蹴友会が2位という予想外の結果となった。

早稲田理工はその後復調し、最終的に3位まで登り埋めたものの、中央フースは最終節まで残留争いを強いられ、早稲田グスタはまさかの2部降格となってしまった。

 

優勝争いは早稲田稲穂が開幕から1度も首位の座を譲ることなく、8試合で5勝3分と圧倒的な力で優勝を決めた。チームとしての完成度の高さは抜けているものがあり、堅実なサッカーで他を寄せ付けなかった。
また今年2部から昇格を果たした立教大学サッカー愛好会は開幕から着実と勝ち点を積み重ね、最終順位2位と躍進した。

 

昨年の1部リーグで降格がなかったため、今年の新関東1部リーグは10チームで構成された。
開幕直前、慶應義塾大学理工体育会サッカー部がコロナウイルスの影響で不参加となり開幕前に降格が決まってしまったため、残りの9チームで優勝・残留が争われた。終節前には4位のチームまで降格の可能性があるという拮抗した展開で、最後の最後まで残留争いが繰り広げられた。9チーム中3チームが降格という厳しいレギュレーションは各チームを苦しめることとなった。

 

また、今年のリーグ戦も昨年と同様にコロナウイルスの影響を色濃く受けた。
会場の人数制限によりサークル員全員による来場の不可、発声を伴うの応援の禁止、試合当日1週間前からの体温測定の義務化など各チームに課された制約は多かった。
コロナウイルス感染が止まらない中でも新関東リーグ内での目立った感染拡大は存在しなかったのは、それらの制約を各チームが順守し感染拡大防止を徹底したこと、そして新関東委員による潤滑な運営があったからこそである。
新関東リーグの完遂に尽力した全ての人に感謝と賛辞を送りたい。

 

来年度の1部リーグは8チームで構成され、昇格・降格が2チームと例年通りのレギュレーションで行われる予定だ。
来年度はコロナウイルスによる制約がないリーグ戦となることを願うと共に、来年度の新関東リーグにも注目していきたい。

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

コラム 2017.03.13

【マネの想いvol.6】”全てを懸けて”

3年マネージャー特集 第六弾 早稲田大学理工サッカー部 大西夏未さん 「全てを懸けて。」 −まず、早稲田大学理工サッカー部(以下早理)に入ったきっかけを教えて下さい。 南アフリカW杯…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.08.31

【BeYonD History vol.3】BeYonDのお調子者・高木啓行

普段は中の人が見えないBeYonDのこれまでとこれからを紐解いていく、BeYonD Historyが1年ぶりの復活です!! BeYonD History vol.1とBeYonD History…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.07.14

【ユニフォーム特集 adidas編】サッカーユニフォームオーダー作成!かっこいいユニフォームどうやって作る?

皆さん、サッカーユニフォームのオーダー作成の際に、かっこいいユニフォームをどうやって作るのか興味ありませんか? ユニフォームのオーダー作成ってメーカーやデザイン、ロゴの種類や値段などなど、、悩むポイ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.10.22

【BMOM135】金田直輝(3年=國學院久我山)グスタの不動のエースが開幕戦で圧巻のプレーを魅せた!

10月19日、早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)と早稲田大学理工サッカー部(以下:早理)の早稲田ダービーで今季の新関東リーグが開幕した。試合前まで降り続いた雨の影響でグラウンドには大きな水溜り…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.16

【新関東リーグ2017・2部Aブロック第1節】新関東1部を懸けた険しい戦いが始まった!

先週末に行われた新関東FL2017 2部Aブロック第1節は鹿島ハイツにて行われた。1部への狭き門はどのチームが通ることができるのだろうか。 今年度、いい結果を残してきている慶應義塾大学理工サッカ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.21

【新人戦1年生大会②】総集編

【優勝】成蹊大学FC kanoa 安定した守備と厚みのある攻撃を武器に優勝という最高の結果を収めた。準決勝では法政PASSION AとPK戦までもつれ込むなど苦しい試合もたくさんあったはずだが勝…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.28

サークル×就活のすゝめ(マネージャー編)

3年生をはじめ、皆さん就活は始めていますか? 飲み会ばかりしてる場合じゃありませんよ! 今回はそんなみなさんの就活に対する疑問や不満を解消できる記事を書きました! 就活生は必見です!…

read more 渋井颯太
コラム 2017.07.31

【同好会情報vol.9】あの宮澤ミシェルが指導!?東西交流戦とは

ついにやってきましたね夏休み!!   テストやレポートに追われた日々ももうおさらばですね。   きっと寝坊してテストにいけなかったり、レポート提出を忘れてた…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.14

体育会でも、サークルでもない。新たな選択肢を体現するFC GRAN SUMAとは。

体育会サッカー部でも、サッカーサークルでもない。神奈川県社会人リーグ3部に大学生のみで参戦するFC GRAN SUMA。 「2年連続で惜しくも2部昇格を逃し、何としても今年は昇格を決めたい。」そう語…

read more 大田智輝
コラム 2017.05.25

【BMOM42】鉄羅周太(2年=郡山)驚異の無回転キッカーの強烈な一撃で試合を決定づける!

5月20日新関東3部所属の首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は、同リーグ2部所属の慶應義塾大学FC.e.l.f.(以下:e.l.f.)と対戦した。 立ち上がりの得点で試合を優位に進めた八雲だったが、…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-