【BMOM85】池田洋平(3年=八千代)負けられない一戦での値千金の先制ゴール!苦しみ続けたキャプテンが1部残留を手繰り寄せる。

BeYonD 編集部

【新関東リーグ2017・1部最終節】鹿嶋ハイツ第1グラウンド

早稲田大学FC.GUSTA 2-1 立教大学サッカー愛好会

早稲田グスタは残留のために負けられない一戦で見事勝利し、1部残留を果たした。

この試合で気持ちのこもったプレーでチームを鼓舞し続け、値千金の先制ゴールを決めたのがキャプテン7番池田洋平(3年=八千代)であった。

image

ボランチとして巧みにボールを捌く一方で、守備になると持ち前の豊富な運動量と球際の強さでことごとく、相手を潰し続けた。

絶対に負けられない一戦を前に池田は「勝てば、一部残留という目標を成し遂げられられる状況までなんとか持って来られたので、本当に勝ちたいと思っていました。」とこの試合にかける意気込みを力強く語った。

また、貴重な先制点のシーンに関しては「リーグ戦で初めて早い時間帯に先制点をとることができたので、喜びはありましたが、それよりも浮き足立って逆転される怖さがあったので、チームとしてより一層引き締めなくてはならないと感じました。」
とこれまでのリーグ戦の苦しい試合展開を教訓にし、キャプテンとして、チームのリーダーとして常に危機感を持って70分間を戦い抜いた。

池田の言葉通り、この日の早稲田グスタは後半開始早々に追加点を奪い、1点奪われても決して崩れることはなかった。最終節にして、最高のゲームを見せた。

学内戦、新関東カップ、マガジンカップ、と年間を通して中々思うような結果を出すことができなかった早稲田グスタ。しかし集大成となる新関東リーグにて、チームの最大の目標であった1部残留を果たした。

池田はキャプテンとして「一年間を通して、手応えを感じていても結果が残せないということが続いて、キャプテンとして責任を感じていました。
リーグ戦でもなかなか勝てない試合が続いて本当に苦しかったです。そんな中でも盛り上げてくれる人がいたり、支えてくれる人がいて、チームが残留に向けて一つになれたことが最後の2勝に繋がったのだと思います。結果的に4位になることができ本当に嬉しく思います」と、チームへの感謝、支えてくれた仲間への想いを語りながら、この1年間を振り返った。

キャプテンとして最高の形で後輩にバトンを渡した池田はこれから就職活動という新たな戦いに臨む。

創設9年目の若いチームに1部残留という、新たな歴史を作った池田の今後に期待したい。

image

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝
コラム 2017.05.08

【BMOM38】小川潤之助(2年=杉並FC) 守護神のビッグセーブ連発で稲穂フェスタ連覇達成!

ゴールデンウィーク最終日に行われた第15回稲穂フェスタ。中央大学体同連フースバルクラブ(以下:フース)の2連覇で幕を閉じた今大会。 その決勝戦、青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)との対戦で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.12.06

【新関東リーグ2022・1部・最終節マッチハイライト】遂に最終節を迎えた1部リーグ。最後に笑うチームはどこだ!?

新関東リーグ2022・1部最終節は12/3,4の2日に分けて開催された。また、雷雨の影響で延期となった第6節早稲田大学HUMANFCvs早稲田大学稲穂キッカーズの試合は、12/5に開催された。 12…

read more 大田智輝
コラム 2021.05.12

写真に秘めたマネージャーの想いに迫る!

  風薫る5月がやってまいりました! 新歓活動も終盤を迎えた頃ではないでしょうか? 今回は、新マネージャーもプレイヤーの皆さんも必見!! マネージャーの仕事の一つでもある、"写真撮影…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.09.15

【BMOM73】マガジン杯2017・王者稲穂を率いた”肩幅オバケ”闘将末永(3年=都立駒場)

早稲田稲穂キッカーズは2017年の夏を最高の形で締めくくった。 9/8~12の5日間、マガジンカップ2017が開催され、昨年度準優勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は明治大学体同連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.12

【BMOM 68】桐ヶ谷拓実(3年=久喜北陽) 安定したセービングで2連覇を達成!!

8月11日、アットホームカップ文教大学学内戦決勝が文教大学第三グラウンドにて行われた。 2年連続アットホームカップ本大会出場権獲得を目指す文教大学Flip F.C.(以下:Flip)は、文教大学…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.09

サッカーマガジンカップ オープン大会2023 大会総括

9月8日から12日にかけて行われた『第41回サッカーマガジンカップ オープン大会 2023(以下:マガハイ)』は中央大学サッカー同好会A(以下:中央サカ同)の優勝で幕を閉じた。 株式会社毎日コム…

read more 柴田尋生
コラム 2017.04.11

【新入生必見!同好会チームガイドvol.17】神奈川大学編

なんともいえない独特なマスコットキャラクター、JINくんとKANAちゃんでお馴染み、通称神大、神奈川大学のサッカーサークルのいくつかをご紹介します! お馴染んでないとの声が聞こえました。…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.03.28

【新歓記事2021】vol.4 慶應義塾大学サッカーサークル その2

    新歓記事vol.4では、vol.3に引き続き慶應義塾大学の3チームを紹介します! FC e.l.f ・チーム名 FC e.l.f. ・自…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-