【チームの根vol.1】 “責任と誇り” 慶応キッカーズ58th 宮武勇旗 (3年=サレジオ学院)

BeYonD 編集部

サッカーサークルはなにも試合に出ている花形のプレイヤーや、チームの華としてプレイヤーを支えているマネージャーだけではない。彼らがいなくては一サークルとして成り立たない。そんな“根っこ”のような存在がいるのだ。今回はその根っこに焦点を当ててみる。

 

慶応キッカーズ58th      宮武 勇旗 (3年=サレジオ学院)

img_8963

まずはキッカーズ入団から1,2年時の自分を振り返ってもらった。

なんと彼は高校三年の頃からキッカーズを知っていたという。

「自分が高校生の時に今のアットホームカップで優勝していたので」

しかし、「大学に入ったときは、そもそもサッカーを一度やめようとしていた。新しいスポーツを始めて体育会にも興味があって」

ただ経験のある人もいるだろう。

「けれど少しだけサッカーと離れたときに、やっぱり違うかなぁと、やっぱりサッカーかなぁと思って。それで一度キッカーズの先輩にはすいませんという話はさせてもらっていたのですが急遽行かせてもらって、新歓合宿に参加してそのまま入部しました」と、すんなりキッカーズ、そしてサッカーを選んだわけではないことを明かしてくれた。

キッカーズに入部を決めるも、周りとのギャップに1,2年時は苦しんだこともあるという。

「周りのレベルがすごく高かった。中学高校のときとは背景が全く違う選手ばかりで、そこですごい苦しんだ」と答えた。試合や練習で自分が持つと、ミスすると流れが止まってしまう。このレベルの中に自分はいていいのか、うまい人に合わせられない自分が嫌だと悩み苦しみ「試合に出れる出れないとかではなく、キッカーズに乗り気でない時期が1、2年の時は何度かあった」とまで明かしてくれた。

ただ最後には“同期”の存在を強く訴えていた。「同期と過ごす時間がすごく楽しく、気がついたら友達もキッカーズばかりになっていました(笑)」と笑顔で語ってくれた。こうして2年生の夏を迎えた彼は、“主務”に任命されるのであった。

 

そして、一つ上の代が引退し、自分たちの代となった。

「一個上の代は稲穂フェスタも獲って、うまい選手もたくさんいた。そんな人たちが引退して、前線はほとんどスタメンがいなくなってしまった」。その状況の中で幹部4人(代表・副代表×2・主務)を中心にスタートを切る。

不安とともにスタートを切った自分たちの代。キッカーズは三月の合宿で青山大学理工サッカー部、五月の稲穂フェスタで明治体同連、稲穂キッカーズを破った。「春の最初の時期に、(新関東リーグ)一部相手にもなんとかやれる、自分たちのサッカーが通用したってことで希望は抱けた。ただ…」

続く新関東カップではベスト8、アットホームカップではグループリーグ敗退。そして彼らが最も重きを置くという新関東リーグでは強豪ひしめいた二部Aブロックで首位に勝ち点2及ばず三位という結果に終わってしまった。「ある程度結果が残っているときのサッカーが続けられなかった。ベストなサッカーをすれば勝てない相手ではなかったけれど、結局個人頼みのサッカーになってしまって、全員でやるサッカーの難しさを痛感した」と、最後までいい時を続けられず終えてしまったことへの強い後悔を感じさせた。

 

続いて主務という立場について語ってもらった。

「自分は試合に出られる立場ではなかったけど主務という立場になって、サッカーに関して口出ししなきゃいけない。でも試合に出ていないくせにと思われて、なにか言われたらっていう怖さもあって強く言えなかった」彼はジレンマの中で常に戦っていた。「新関東で集まるときも周りはキャプテンとか試合に出ているやつら。その中にポツンと自分が一人いたりして自分がキッカーズを語っていいのかっていうのもあって、試合に出てない幹部って立場は難しかった」

また「Aチームに入りたいって思ったときに、練習にならだれよりも行ったし、マネージャーになったら俺もAチームに入れるのかなぁ。みたいな変なことを何度も考えるレベルにプレイヤーという縛りはきつかった」と苦悩とともに戦っていたことを明かしてくれた。

 

もしかしたら一年間を通じてつらい思いのほうが多かったかもしれない。

しかし彼は「上の主務をみると、代々しっかりした人がなっていた。そこに入るとなって不安はあったけど、運営を一人でやるからには『キッカーズの運営は俺一人で十分。あいつがいれば運営は大丈夫だ』ってことを常に意識したし、試合に出ているヤツに運営のことは意識させない、誰にも口出しはさせないようにした」

また「もともとキッカーズは高校時代から知っていることもあって、一サークルというより憧れのチームで、うまい人しかいなくて、強いチームで・・・。そんなチームに入って良いのかってところはあったけれどなんとか二年間続けてきて、最後の一年間を同期からの推薦もあって幹部として任されることになって、慶応キッカーズ、そして同期に恩返しをしたかった。だからこの一年間はこのサークルを守りたいっていうのが常にあった」

さらに「主務っていう仕事を通して自分の居場所を確認できたというのもあるけど、なによりもキッカーズにいたかったから」と、主務は彼にとって仕事以上の何かであることを感じさせた。

 

主務をやれてよかったかと投げかけると「間違いなく」と力強く答えてくれた。具体的なエピソードを求めると引退時に後輩からもらったアルバムを挙げてくれた。

「主務の仕事はあまり形に残るものがない。けどそのアルバムにはたくさんの後輩からの感謝の言葉があった。普段あまり絡むことのない一年生から試合に出ててとがってる感じの二プレとかから『宮武さんのおかげで』とか、一つ一つの仕事に対しての感謝が並んでいるのを見たときはやってよかったなと感じた」

 

img_8961

58thの慶応キッカーズを語るうえでは避けては通れない話がある。同じく58thのキッカーズの代表粂田と宮武は中高時代の先輩後輩にあたるのだ。代表と主務という最も密接な関係の中で一つ上の先輩との関わりを語ってもらった。

「うちの中高は別にサッカーの強豪校ってわけではないんだけれど、その中で10番をつけててキャプテンで、試合中とかもよく怒っているのを目にしてて、まぁ、その、怖かった(笑)それで大学に入って、キッカーズの新歓合宿に行ったら粂田さんがいて・・というかいらっしゃって」と当時の上下関係を連想させる言い直しを交えながら、そのことはいまだに印象的だと教えてくれた。当時はやはりやりづらさを感じていたようだ。言いたいことも言いづらく、やりたいこともやりづらかったようだ。ただ三年になって最も近い関係性になった。「合宿の代表者会議も二人で行くし、そのあと二人でお風呂に入ってるときとか、ふと我に返ると俺すごいことしてるな、って思うこともあった。一緒にスノボとか言ったこととかも高校の同期に話をするとビビられる(笑)でも三年間、特に最後の一年間は近い関係になって、いまでも変わらないこともあるけど先輩後輩以上の関係にはなれたかなと語り、

「自分以上に代表のほうが気を使ってくれていた。俺がのびのびやれてないんじゃないかとかをすごい考えてくれてて感謝をしているし、あの人がいるからやらなきゃっていう使命感で仕事ができるところもあった」と、感謝の気持ちとそれに近いものを述べていた。

 

 

最後に“宮武にとって主務とは?”を聞いてみた。

「ありきたりかもしれないけど“責任と誇り”かな。自分の小さなミスがチームの金銭面やその他の面で大きなマイナスになってしまう。だから常にミスはしないようにしたし確認もした。それを一年間通して自分なりの主務を勤め上げられた。だからこそ誇りもある」

そう語る彼の目に曇りはなかった。

後輩の主務に伝えたいこととして強調していたのが“チームみんなのこと”だ。

「チーム全員を見てあげること。じゃないと離れて行ってしまう。最初はたくさん人数が入ってくるけどどんどん少なくなってしまう。多分主務としての一番の成功は一年生が入った人数のまま引退していくこと。離れて行ってしまうっていうのはサークル側の問題で、主務の責任でもある。サッカーに繋がるために、サッカー以外の楽しい面、雰囲気を伝えて、サッカーまでの準備をチーム全員のことを考えながらやることかな」

「常にプレイヤー、マネージャー、チームみんなの顔を思い浮かべて仕事をすること。こいつらのためになにができるか、なにをしてやれるかってことを考えればきっと自然にやろうと思える」

きっとこうして彼も長い一年間、一人でチームを支えていたのだろう。自分の役割に徹し、常にチームを最優先に、チームみんなと戦い続けたのだろう。59thの主務は久々にスタメンを張る選手だという。「自分が見れなかったピッチの中からもチームを見れる」

そう期待を寄せた。彼の背中を見て、彼の意志を継いだ主務を中心に慶應キッカーズはまた一段と強いチームになって、今シーズンを戦い抜くだろう。

img_8962

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2017.12.26

【プレからの想いvol.5】”女の子のチームメイト”

プレイヤーが、サークルのマネージャーのことをどう想っているのかを聞いてきたこの企画。 今回は、マネージャーへの想いだけではなく、新関東FLについても聞いてみました。 お忙しい中、取材を受けてくださ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.14

【BMOM62】長瀬良太(3年=國學院久我山) エースの自覚!圧巻の2ゴールで稲穂を3年連続決勝の舞台へ導く!

新関東カップ2017準決勝で早稲田稲穂キッカーズ(以下:稲穂)は立教サッカー愛好会と対戦し、見事決勝進出を果たした。3連覇への王手をかけたこの重要な一戦で、背番号10はいつも以上に輝きを放っていた。長…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.02

【美女マネ特集vol.3】第3弾は同好会カテゴリー随一のスタイリッシュ集団、あのチームのマネ!

おひさしぶりです。   先日の第2回記事も、相変わらずものすごい反響でした。   この初期段階で何千人という規模の方が見ていることに驚きが隠せません。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.04.18

【新歓記事vol.9】新入生必見!サッカーサークル所属者のバイト事情

さて、そろそろ2つくらい授業を切り始めた時期ではないでしょうか。どうもBeYonD編集部です! 新歓記事題9弾!今回は、サークルとバイトの両立に不安を感じている方向けの記事です! サッカー…

read more 鶴我史弥
コラム 2018.11.06

【BMOM112】谷口諒(3年=桃山学院) 立愛の勝利に導く決勝点をアシスト!

10月20日、鹿島ハイツにて新関東リーグ・1部第3節、立教サッカー愛好会(以下:立愛)と慶應義塾大学キッカーズフットボールクラブ(以下:慶應キッカーズ)との試合が行われた。 お互いに丁寧にボールをつ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.28

1マネが語るサッカーサークルのイメージとは?

今回は、この夏新たにサークルデビューした 3人の1マネにサッカーサークルについてインタビューしました。   サッカーサークルを選んだ理由や印象、実際入ってみて感じたことなど…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.01

【BMOM51】磯島悠太(2年=真岡) ピッチを駆け回るHUMANのチャンスメーカー

早稲田大学HUMAN FC(以下:ヒューマン)は新関東カップ2017の3回戦で明治大学BeeVooと対戦し、6-1の快勝を見せた。ヒューマンの豊富なタレント、特にこの日ハットトリックを見せた藤林(3年…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.10.05

【関西同好会リーグ2018】関西で繰り広げられる熱き戦い!その展望を紹介!

間も無く開幕する関西同好会リーグ2018。開幕に先立ち、リーグ戦1部の注目チームを紹介したい。 本命はやはり同志社大学三ツ葉キッカーズだろう。これまで関西同好会リーグを幾度となく制してきた彼らは…

read more BeYonD 編集部
コラム 2020.09.04

【必見!】足つり予防の新しい提案!

夏も佳境を迎え、気づけば9月に突入してしまいました。コロナウイルスの影響からサークル活動がうまくやれない中、苦労しながらこの夏を過ごしたチームも少なくないのではないでしょうか。今後も練習などを行ってい…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM49】巽健(3年=都立三鷹)”持っている男”のシュートセンスがジャイアントキリングを巻き起こす!

1回戦から勝ち進んできた首都大学東京八雲FC(以下:八雲)は昨年2部上位で慶應義塾大学の学内戦を制した慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部(以下:リコタイ)と対戦した。 格上との対戦となった八雲…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-