【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

片岡優汰郎

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ

前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2年=静岡学園)が蹴ったボールはGKの逆をつき弧を描いて左サイドネットに吸い込まれた。その後は雷により中断。試合は延期となった。

【延期】早稲田ヒューマン1-0早稲田稲穂

中央大学体同連フースバルvs青山学院大学理工サッカー部

前半5分青理が先制する。10番久保田健心(3年=桐光学園)が左サイドを突破し、クロスをあげ70番畑中凌雅(2年都立町田)がシュートをうち1度は弾くも17番笹尾俊輔(3年=刈谷)が押し込んでゴール。前半11分で雷雨により一時中断となる。
前半28分中央フースバル55番二井田樹(2年=広島皆実)のコーナーキックに76番小嶋和典(4年=アビスパ福岡)がヘディングで合わせて同点に追いつく。
前半29分青理の7番のスルーパスに抜け出した10番久保田が胸トラップからループシュートを決め、再び青理がリードする。後半26分中央フースバル33番大塚信太朗(2年=座間)の縦パスを44番磯辺光(2年=東福岡)がフリックし、抜き出した10番岡本共生(3年=東福岡)がキーパーと一対一を決め、中央フースバルが同点に追いつく。後半28分中央フースバル44番磯辺がクリアボールに反応し相手ディフェンスと入れ替わり、キーパーを交わしてスールパスを出す、抜き出した10番岡本が無人のゴールに流し込み逆転。ここで試合終了。

中央フースバル3-2青山理工

早稲田理工サッカー部vs 明治大学 Groovy Kids

ともに前節敗戦し、残留のためにはお互いになんとしても負けることのできない一戦。
前半は互いに譲らず0-0で終える。後半に入ると試合が動き始める。
後半5分、早稲田理工90番島崎(2年=正智深谷)のパスをゴール前で受けた97番長谷川(1年=トリプレッタ)がゴール。続けて後半15分、早稲田理工40番小柳(1年=桐光学園)のクロスにヘディングで合わせた97番長谷川が追加点。さらに後半30分、早稲田理工はこぼれ球に反応した8番佐々木(3年=早大本庄)が決め、3-0とした。後半32分サイドからのクロスを明治グルービー76番岡本涼晴(2年=大分上野ケ丘)が冷静に決めて一点返すもそのまま3-1で試合終了となり、早稲田理工が残留に向け大きな勝ち点3を得た。

早稲田理工3-1明治グルービー

明治大学生田サッカー部蹴友会vs立教大学サッカー愛好会

前半は生田のペース。5バックの立愛に対してサイドのスペースを有効に使い攻撃を仕掛ける。しかしながら前半20分、サイドの折り返しから明治生田がクリアし、そのこぼれに素早く反応した立愛11番晴山結介(3年)が押し込み先制点。明治生田は6節で初めて先制点を許す。
点を取って追いつきたい生田、後半は前半よりも前線に枚数を増やし攻撃を優先する。しかし後半5分、立愛が逆サイドに展開、明治生田が頭でクリアするが、そのクリアボールに反応した 23番上田翔太(2年)のシュートが生田の選手に当たり軌道を変えながらゴールに吸い込まれる。
後がない生田はその後も17番中野耕太郎(2年=國學院久我山)のシュートや8番水野真成(2年=検見川)の献身的な走りで何度もチャンスを作るが点を奪うことができず、そのまま試合終了。

明治生田0-2立教愛好会

 

【今節の結果】

雨による中断の影響などもあり優勝や降格、昇降格プレーオフは決定せず、最終節までもつれ込む大接戦となった。

 

Written by

片岡優汰郎

kataokayutaro

Keywords

Recommend

コラム 2017.09.06

【BMOM72】亀田峻平(2年=成立学園)が最初で最後の背中でのゴール!

9月4日に行われたアットホームカッププレーオフ決勝戦、國學院大学ROSSO(以下ROSSO)と専修大学サッカー愛好会(以下愛好会)の試合が行われた。 試合は両者ロングボールを多用する展開…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.15

【BMOM69】”圧倒的存在”遊佐拓矢(3年=川越南)が成蹊の頂点に導く決勝弾!!

8月17日に行われた成蹊大学学内戦の決勝戦。 成蹊大学アースエラスティックサッカー(以下:ARSE)と成蹊大学フットサルクラブ(以下:SFC)が頂点を争った。 前半からギア全開のARSEに押さ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.04.06

【新入生必見!同好会チームガイドvol12】法政大学編その2

同好会チームガイドMARCH特集も大詰めを迎えました! MARCHのトリを飾るのは法政大学の4チームです! 法政大学工体連サッカー部 【所属リーグ】 新関東フットボールリーグ2部、理工…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.06.13

ドイツの地で海外サッカー挑戦をしてみませんか??同好会で磨いたその実力を海外でみせつけよう!

同好会選手の皆さん!こんにちは、初めまして!FC BASARA Mainzです。 もうすぐ4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップが開催されますね。 日本代表選手のうち、7名もの選手がブンデスリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.13

【新関東リーグ2017・1部】ベストイレブン

2017年11月18日、新関東リーグは早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)の二連覇という形で幕を閉じた。 多くのドラマがあった今大会の中で、活躍した選手からベストイレブンを選出した。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.12.21

【美女マネ特集vol.9】第9回はシリーズ史上初となるユニオンリーグに所属するあのチームのマネ!

  こんにちは!   審判の言うことは~??     ぜった~~い!!   でおなじみの美女マネ特集で…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.11.05

【新関東リーグ2017・2部A第4節ハイライト】慶應の2チームが勝ち点で並び首位争いを展開!!

日本大学教育サッカーBAMBINO – 日本大学生産工サッカー部 日大BMBINOはサイドバックのオーバーラップを活かした攻撃で攻め立て、日大生産工も中盤でのボール奪取からのカウンターで得点チャ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2018.03.30

【フットサル新歓記事vol.3】立教大学・青山学院大学編( RCC.univ、Diavolo S.P.F.C.、コモエスタ青山)

立教大学 RCC.univ ・自分達のサークルを一文で表すなら 遊びもフットサルも100%真剣に楽しむ!! ・大学、チーム名 立教大学 RCC.univ ・活動地域 埼玉県、東京都…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.08.24

【チームの根vol.7】”つなぎ役” World Cup Kickers 屋久凌馬(4年=市立浦和)

チームの根第7弾は、ユニオンリーグから初参戦の早稲田大学World Cup Kickers(以下:ワールド)。ユニオンリーグの強豪を会計兼副キャプテンとしてチームを支えた男を取材した。 早稲田大学W…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-