【新関東リーグ2022・1部・4節マッチハイライト】今年も激しい優勝争いと残留争い!勝利を手にするのはどのチームか!?

山口輝

第4節:早稲田大学稲穂キッカーズVS明治大学生田サッカー部蹴友会

3節終了時点で、3勝の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:早稲田稲穂)と1勝2分の明治大学生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)の無敗同士の対決となった。両チームとも堅守が売りで、一点を争うゲームになりそうだ。

 

前半は明治生田のペースで試合が進む。14番有山佑汰(3年=日大藤沢)がアンカーでボールを貰いながら後ろで回し攻勢を仕掛けていく。一方、早稲田稲穂はロングボールをサイドに散らしながら、11番蔵田旺祐(3年=早稲田実業)のスピードを活かしクロスで明治生田の守備をおびやかす。
そんな中試合が動く。明治生田8番水野真成(2年=真岡)のシュート気味のクロスから45番川浪空(3年=日体大柏)が反応、一度は早稲田稲穂DFに弾かれるも、こぼれ球に反応した13番杉原偲音(1年=前橋)が見事なボレーシュートで先制。第3節まで無失点だった早稲田稲穂の牙城を初めて崩す。

 

このままじゃ終われない早稲田稲穂、前半と同様ロングボールを活用しながら、得意のセットプレーで攻撃を仕掛けていく。しかし明治生田も必死に跳ね返していく。このまま試合終了と思われたその時、セットプレーのこぼれに反応した早稲田稲穂がサイドでボールの球際で粘り、明治生田13番杉原のクリアに反応した稲穂7番奥野開(3年=早稲田実業)がシュートし同点に追いつく。注目の上位対決はどちらも譲らずドローに終わる。

第4節:中央大学体同連フースバルクラブVS早稲田大学HUMAN F.C.

前節初勝利を挙げた中央大学体同連フースバルクラブ(以下:中央フース)と集中開催2日目を2連勝で終え、勢いに乗る早稲田大学HUMAN F.C.(以下:早稲田ヒューマン)の対決。優勝を目指す両チームにとって、落とせない大事な試合である。

 

序盤から主導権を握ったのは早稲田ヒューマンだった。その勢いのまま早稲田ヒューマンが先制する。
前半8分60番梅澤周作(3年=小松川)のパスから8番竹野豪(2年=奈良)が強烈なミドルシュートをニアサイドに突き刺しゴール。
そのまま早稲田ヒューマンの流れで進むと思われたが、前半17分中央フース76番小嶋和典(4年=アビスパ福岡)の豪快なミドルシュートで同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。
同点のまま試合を折り返したかった中央フースだが、前半31分早稲田ヒューマン28番小山尚紀(2年=静岡学園)のコーナーから13番豊倉博斗(1年=仙台育英)が合わせ、早稲田ヒューマンが勝ち越し、1-2で試合を折り返す。

 

後半3分中央フース76番小嶋和典のロングフィードに抜け出した33番大塚信太朗(2年=座間)がシュートを決め再び同点に追いつく。しかし、後半10分早稲田ヒューマン8番竹野ボール受けて反転してシュートを決めて、早稲田ヒューマンが再び勝ち越す。
試合終了間際に中央フースが猛攻を仕掛けるも、ゴールは遠く、2-3で試合終了。早稲田ヒューマンが打ち合いを制した。

第4節:早稲田大学理工サッカー部VS立教大学サッカー愛好会

3節終了時点で1勝2敗と苦しむ早稲田大学理工サッカー部(以下:早稲田理工)と開幕戦以降勝利のない立教大学サッカー愛好会の対決となった。

 

早稲田理工の良い雰囲気のままもつれ込んだ後半30分、77番奥田大夢(2年=専修大松戸)の個人の打開から相手を引き付け華麗にスルーパス、走り込んだ19番青木信篤(3年=米子東)のシュートでゴール。試合終了間際に早稲田理工が待望の先制点を決める。そのまま早稲田理工が逃げ切り、1-0で勝利を収める。

第4節:青山学院大学理工サッカー部VS明治大学Groovy kids.

ここまで3連敗中の青山学院大学理工サッカー部(以下:青山学理工)と1敗2分と未だ未勝利の明治大学Groovy kids.(以下:明治グルービー)の昇格組対決となった。両チームここまで未勝利であり、どちらのチームが初勝利を飾ることが出来るのか注目だ。

 

立ち上がりから明治グルービーが押し込む展開となる。前半明治グルービーが圧倒、前半1分明治グルービー68番久峩遼太郎(2年=宮崎日大)のクロスに6番稲田龍(4年=長崎南山)が飛び込むもゴールならず。
前半6分明治グルービー76番岡本涼晴(2年=大分上野丘)のクロスから35番橋本航輝(2年=市立浦和)がダイレクトで押し込み先制。
その後も明治グルービーがチャンスを作るも追加点が取れないまま前半を終える。

 

後半は青山理工が押し込む展開となる。青山理工は25番宍戸大雅(3年=浜名)を中心に攻める。何度も決定機を作るも、明治グルービーの身体を張ったディフェンスによりなかなかゴールを奪うことが出来ない。終了間際、青山理工がロングスローから得点したかに見えたが、キーパーチャージをとられ得点ならず、そのまま試合終了となる。明治グルービーが初勝利を飾る

 

 

 

 

開幕から負けなしの早稲田稲穂が首位をキープ。それを早稲田ヒューマンが勝ち点1差で追う形となっている。また、3位から7位までが勝ち点2差の中におり、激しい残留争いが繰り広げられている。青山理工は開幕4連敗と苦しい展開が続くが、ここで踏ん張り、巻き返して欲しい。
残り3節となり今まで以上に目の離せない展開になることであろう。今年も新関東リーグは激熱である

Written by

山口輝

hikaru

Keywords

Recommend

コラム 2017.06.07

【BMOM58】森本麗(2年=広島国泰寺) グルービーのラスボスが青理の攻撃をシャットアウト

Zozopark Honda Football Area で行われた新関東カップ2017準々決勝。明治大学 Groovy Kids(以下:グルービー)と青山学院大学理工サッカー部(以下:青理)がベスト…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.12.01

【新関東FL1部入れ替え戦】マッチプレビューまさに天国と地獄。1部の最後の一枠を手にするのは?

先週11月25日zozoparkで行われた自動昇格戦で前半に時間帯に先制するも逆転を許してしまい自動昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペ)。一方で去年悲願の1部昇格を果たすも2年連…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.06.02

【BMOM129】小竹直輝(3年=新潟明訓)試合を決めたのはやはりこの男!

5月25日(土)神栖市矢田部サッカー場にて中央大学フースバルクラブ(以下:フースバル)vs慶應義塾大学FC e.l.f.(以下:慶應e.l.f.)の試合が行われた。 主導権を握り何度もチャンスを作る…

read more BeYonD 編集部
コラム 2021.05.09

【特別企画】プロを諦めた元Jユースキャプテンが目指すサッカーサークル日本一

こんにちは!こんばんは!BeYonD編集部です。昨今のサッカーサークル界には、全国高校サッカー選手権経験者やJユース出身者なども所属し、レベルの高い試合が繰り広げられています! 今回の記事では、中央…

read more 大田智輝
コラム 2016.11.22

【BMOM15】浅田 拓郎(2年) 次世代の怪物が前線で躍動

怪物でごわす   立教愛好会は、先日の新関東リーグ最終戦で中央同好会と対戦した。結果は3-0で立教愛好会が勝利した。闘将村山のゴラッソなどを含む3得点と攻撃陣が躍動。その攻撃陣の中心…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.10.09

サッカーマガジンカップ オープン大会2023 大会総括

9月8日から12日にかけて行われた『第41回サッカーマガジンカップ オープン大会 2023(以下:マガハイ)』は中央大学サッカー同好会A(以下:中央サカ同)の優勝で幕を閉じた。 株式会社毎日コム…

read more 柴田尋生
コラム 2017.02.07

【BMOM23】‪石井諒(2年=桐蔭学園)‬ ‪爽やかな笑顔とボールコントロールが魅力的な石井がリコタイ攻撃陣を牽引し、新シーズンを彩るタイトルを獲得した!!‬

新人戦2年生大会の決勝は慶應義塾大学理工体育会サッカー部Champagena FC(以下リコタイChampagena)が法政大学Irishを0-3で下し、プレミアカップ準優勝の雪辱を果たし、見事優勝を…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.05.31

【BMOM50】中島剣士郎(1年=早大本庄)名門の攻撃を牽引した”超絶怒涛のスーパールーキー”

激戦区の早稲田大学学内戦で優勝を逃した早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)。今年も名門としての強さを示すにはこの男が一番のカギになるかもしれない。 名門のスーパールーキー中島剣士郎(1年=早大…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.03.19

【BMOM31】田中圭介(1年=日大藤沢) ”食いしん坊ドリブラー”

【BMOM31】法政学団連サッカー部  MF17 田中圭介(1年=日大藤沢)   先日行われたGuam Championship 鹿島ハイツラウンドにて法政大学学団連サッカー部…

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.05

【BMOM138】三橋智哉(3年=國學院久我山)因縁の対決を勝利に導いたのは、待ちに待ったこの男!

リーグ戦優勝を占う大事な一戦、3節を終えて1位の早稲田大学稲穂キッカーズ(以下:稲穂)と3位の早稲田大学FC.GUSTA(以下:グスタ)の因縁の早稲田ダービーは2対1でグスタの勝利に終わった。 この…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-