【新関東リーグ2022・1部・6節マッチハイライト】1・2位直接対決や、負ければ降格が決まる試合など重要な試合がひしめく第6節。優勝、残留へ前進したのはどのチームか!?

片岡優汰郎

早稲田大学HUMAN F.C.vs早稲田大学稲穂キッカーズ

前半開始直後は早稲田稲穂ペースで2度の決定機を迎えるがゴールには繋がらない。前半7分アーク右隣からの直接FK。ヒューマン28番小山尚紀(2年=静岡学園)が蹴ったボールはGKの逆をつき弧を描いて左サイドネットに吸い込まれた。その後は雷により中断。試合は延期となった。

【延期】早稲田ヒューマン1-0早稲田稲穂

中央大学体同連フースバルvs青山学院大学理工サッカー部

前半5分青理が先制する。10番久保田健心(3年=桐光学園)が左サイドを突破し、クロスをあげ70番畑中凌雅(2年都立町田)がシュートをうち1度は弾くも17番笹尾俊輔(3年=刈谷)が押し込んでゴール。前半11分で雷雨により一時中断となる。
前半28分中央フースバル55番二井田樹(2年=広島皆実)のコーナーキックに76番小嶋和典(4年=アビスパ福岡)がヘディングで合わせて同点に追いつく。
前半29分青理の7番のスルーパスに抜け出した10番久保田が胸トラップからループシュートを決め、再び青理がリードする。後半26分中央フースバル33番大塚信太朗(2年=座間)の縦パスを44番磯辺光(2年=東福岡)がフリックし、抜き出した10番岡本共生(3年=東福岡)がキーパーと一対一を決め、中央フースバルが同点に追いつく。後半28分中央フースバル44番磯辺がクリアボールに反応し相手ディフェンスと入れ替わり、キーパーを交わしてスールパスを出す、抜き出した10番岡本が無人のゴールに流し込み逆転。ここで試合終了。

中央フースバル3-2青山理工

早稲田理工サッカー部vs 明治大学 Groovy Kids

ともに前節敗戦し、残留のためにはお互いになんとしても負けることのできない一戦。
前半は互いに譲らず0-0で終える。後半に入ると試合が動き始める。
後半5分、早稲田理工90番島崎(2年=正智深谷)のパスをゴール前で受けた97番長谷川(1年=トリプレッタ)がゴール。続けて後半15分、早稲田理工40番小柳(1年=桐光学園)のクロスにヘディングで合わせた97番長谷川が追加点。さらに後半30分、早稲田理工はこぼれ球に反応した8番佐々木(3年=早大本庄)が決め、3-0とした。後半32分サイドからのクロスを明治グルービー76番岡本涼晴(2年=大分上野ケ丘)が冷静に決めて一点返すもそのまま3-1で試合終了となり、早稲田理工が残留に向け大きな勝ち点3を得た。

早稲田理工3-1明治グルービー

明治大学生田サッカー部蹴友会vs立教大学サッカー愛好会

前半は生田のペース。5バックの立愛に対してサイドのスペースを有効に使い攻撃を仕掛ける。しかしながら前半20分、サイドの折り返しから明治生田がクリアし、そのこぼれに素早く反応した立愛11番晴山結介(3年)が押し込み先制点。明治生田は6節で初めて先制点を許す。
点を取って追いつきたい生田、後半は前半よりも前線に枚数を増やし攻撃を優先する。しかし後半5分、立愛が逆サイドに展開、明治生田が頭でクリアするが、そのクリアボールに反応した 23番上田翔太(2年)のシュートが生田の選手に当たり軌道を変えながらゴールに吸い込まれる。
後がない生田はその後も17番中野耕太郎(2年=國學院久我山)のシュートや8番水野真成(2年=検見川)の献身的な走りで何度もチャンスを作るが点を奪うことができず、そのまま試合終了。

明治生田0-2立教愛好会

 

【今節の結果】

雨による中断の影響などもあり優勝や降格、昇降格プレーオフは決定せず、最終節までもつれ込む大接戦となった。

 

Written by

片岡優汰郎

kataokayutaro

Keywords

Recommend

コラム 2019.07.12

【BMOM134】鷲田修一(3年=多摩)抜群の安定感とキャプテンシーでチームを優勝に導く。

7月7日、立教愛好会(以下:立愛)と青山理工サッカー部(以下:青理)の新関東カップ決勝戦が行われた。強い風と雨が吹き付ける悪天候の中の試合は前半に先制点を挙げた立愛がそのリードを守り切り、令和最初の新…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.10.11

【美女マネ特集vol.1】記念すべき第1回はこの夏日本一に輝いたあのチームのマネ!!

ついに始まった夢の企画。 同好会カテゴリーに所属する全プレーヤーが この日を待ちわびていたといっても過言でしょう。   はい、過言です。 しかし、この日のためにボー…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.15

【注目の1年生紹介記事vol.2】明治大学体同連サッカー部と中央大学サッカー同好会の注目の1年生を紹介!

前回に引き続き、注目の1年生紹介第二弾です!! 今回ご紹介するのは、2023年学年別ROUND2年生優勝・稲穂FESTA3位の明治大学体同連サッカー部と、中央大学学内戦優勝・稲穂FESTA優勝の中央…

read more 竹中莉夏
コラム 2023.06.20

【注目の1年生紹介記事vol.3】慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部と中央大学MAPLEの注目の1年生を紹介!

こんにちは!BeYonD編集部です。 前回に引き続き、注目の1年生紹介第三弾! 今回は、「慶應義塾大学理工学部体育会サッカー部」と「中央大学MAPLE」の2チームから、それぞれ注目の1年生を紹…

read more 高橋茉央
コラム 2017.08.30

【マネの技術vol.5 】〜プレを支えるテーピングの方法編〜

プレイヤーが足を痛めている…けど試合に出場したい… そんな時に必要なのがテーピング!! いつもプレイヤーがテーピングしている姿を見て、やってあげたいなと思っているマネさんもいるのではないでしょうか…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.10.24

【新関東リーグ2017・2部B第1節、第2節】明治エスペランサが2連勝、昨年一部同士の対決は中大同好会が土壇場で追いつきドロー決着

第1節は直近のアットホームカップで強豪チームを倒し決勝まで駒を進めた日大法学部(以下日法)と昨年一部早稲田学内戦優勝のHUMAN F.C(以下HUMAN)が激突。雨でピッチが濡れ足を滑らす場面もあった…

read more BeYonD 編集部
コラム 2017.06.26

【新関東カップ2017決勝】フォトギャラリー

重戦車23番小田島(3年=國學院久我山)は6番米澤(3年=早実)を突破することはできず。対する米澤は得点に絡む活躍で注目のマッチアップは明暗が分かれた。   22…

read more BeYonD 編集部
コラム 2016.11.22

【BMOM14】溝部 賢人(3年) 冷静かつ熱くゴールを死守

九州が生んだ冷静な番人 明治グル―ビーは、先日行われた新関東リーグ最終節で中央フースバルと対戦した。勝利した方が2位という大事な一戦。結果は0-0の引き分け。得失点で明治グル―ビーが上回り、2位でリ…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.06.23

【注目の1年生紹介記事vol.4】早稲田大学FC.GUSTAと中央大学体同連フースバルクラブの注目選手を紹介!

BeYonD編集部です! 今回は一年生紹介記事最終弾! これまで数々の新入生を紹介してきましたが、今回紹介する2名もこれからサークル界を牽引していく存在です。 技術派集団早稲田大学F…

read more 土屋茜音
コラム 2018.06.30

【BMOM101】小川潤之助(3年=杉並FC)同好会カテゴリーNo.1キーパー!?

6月30日、中央大学フースバルクラブ(:以下 中央フースバル)と日本大学法学部サッカー部(:以下日法サッカー部)が決勝への駒をかけて鹿島ハイツにて対決が行われた。 先に日法サッカー部8番(名前)…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-