【新関東リーグ1部入れ替え戦】先制を許すも試合巧者ぶりをみせた明治生田が新関東1部最後の一枠を掴み取る!!

BeYonD 編集部

RESULTS

新関東リーグ2017・1部入れ替え戦

明治大学
生田サッカー部蹴友会
2-1
明治大学
ESPERANZA

来年度行われる新関東1部リーグの最後の一枠をかけたまさに“死闘”が12月2日zozoparkにて行われた。先日行われた自動昇格戦では先制するも2失点を喫し悲願の1部昇格を逃した明治大学ESPERANZA(以下:明治エスペランサ)。明治大学体同連生田サッカー部蹴友会(以下:明治生田)は2年連続の入れ替え戦に挑むわけだが今年1年同好会カテゴリー最高峰の新関東1部リーグで闘い抜いた意地を見せられるか。

img_6708

 

前半

立ち上がりから細かくつなぎ主導権を握った明治生田は中央の10番小林(3年=海星)を中心に高い位置からプレスをかけ明治エスペランサに自由な時間を与えない。
明治生田はキャプテン77番吉崎(3年=八千代)をセンターバックに起用し相手のハイボールをことごとく跳ね返し相手陣地に押し込む展開。

一方の明治エスペランサは、立ち上がりから我慢の時間が続くがキャプテン28番高阪(3年=本郷)を中心に集中した守備で簡単にシュートを打たせない。
明治エスペランサも徐々にボールを前に運べるようになりめまぐるしく攻守が入れ替わる。

お互い集中した守備によりスコアレスのまま前半終了かと思われたが、前半34分、明治エスペランサ55番伊藤(1年=座間)がサイド深くでクロスを上げると明治生田DFが跳ね返したこぼれ球に反応した20番細矢(3年=伊奈学園)がゴール左上に突き刺すスーパーゴラッソ。

明治エスペランサが先制に成功し、このまま前半終了かと思われた前半ロスタイム、ドリブルで持ち上がった明治生田8番岩間(2年=座間)がラストワンプレーで右足一閃。ボールはGK頭上を越えそのままゴールイン。
土壇場で明治生田が同点に追いつき試合を振り出しに戻す。

img_6710

後半

後半も明治生田が押し込む展開。
後半立ち上がりから明治エスペランサSBの裏をよく突き高い位置で明治生田39番新井(1年=清水東)がタメを作りボールをうまく回すがここは20番細矢がいい守備を見せ決定機を作らせない。

徐々に明治エスペランサは高阪の競り合いのセカンドボールをうまく拾いペースをつかむと中盤の83番染川(2年=明大八王子)がうまくサイドにボールを散らしリズムを作る。

後半13分、明治生田11番辻森(2年=海星)が左からクロスを上げそれに合わせた48番大久保(3年=和光国際)のシュートは惜しくもポストを叩きゴールとはならない。
その後も激しい攻守の切り替えが続き両チーム共にゴールの匂いがしてきた。

そして後半27分、コーナーキックの混戦を明治生田37番今吉(2年=東京)が押し込み待望の勝ち越し弾。
何としても新関東1部に残りたい明治生田が見事な逆転劇を魅せる。

その後も明治生田が相手陣地でボールを保持し明治エスペランサに反撃の余裕を与えない。
明治エスペランサがハイボールで陣地を稼ごうとするもキャプテン吉崎を中心にしっかりとボールを跳ね返し簡単にはボールを前に運ばせない。
なかなかシュートまで持っていけない明治エスペランサに対して余裕を持った対応で時間を使い試合終了のホイッスル。
来年も明治生田が同好会カテゴリー最高峰の舞台新関東1部リーグへの権利を手にした。

img_6707

最後シュートを打たれそうな所で体を投げ出したスライディングやイエローカードスレスレのファールなど、ヒヤリとさせられる場面も多かったが、この試合にかける両チームの気持ちや熱量がプレーに出ていた。
現3年生は引退し新チームが発足していくわけだが、来年度の新関東リーグ2018では、今年度の新関東リーグ2017を超える見応えのある試合や盛り上がりが見られることを期待しよう。

明治大学
生田サッカー部蹴友会の詳細を見る
明治大学
ESPERANZAの詳細を見る

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.03.03

【スプリングカップ決勝】立教大学サッカー愛好会が優勝しグアムへの挑戦権を獲得する!

Guam Championship 鹿島ハイツRound

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

Guam Championship 鹿島ハイツRound

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
1-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.02.23

【専修大学学内戦決勝】専修大学Pink Monky’sがチャンスを確実にモノにし、昨年の雪辱を晴らす。

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2017.09.14

【マガジンカップ2017決勝】終了間際にエース長瀬がPKを沈め早稲田稲穂が新関東カップに次ぐ二冠達成!!!

マガジンカップ2017決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more 高橋佑輔

マガジンカップ2017決勝

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.10.29

【新関東リーグ2017・1部第3節】ポテンシャル軍団が劇的な勝利!!!首位立愛から悲願の勝ち点3を獲得

新関東フットボールリーグ1部・第3節

明治大学
Groovy kids
2-1
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東フットボールリーグ1部・第3節

明治大学
Groovy kids
2-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2016.11.23

【関西同好会リーグ第6節】同志社三ツ葉が優勝に王手

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ第6節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
4-0
立命館大学
FC原谷
試合情報 2016.11.08

【新関東FL1部第5節】首位決戦!稲穂キッカーズが好調立愛を下す。

新関東FL1部第5節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
5-0
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第5節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
5-0
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2022.11.28

【新関東リーグ2022・2部A・第7節】勝てば昇格戦。一方は勝てば初勝利。意地と意地のぶつかり合いに注目だ。

新関東りーグ2022・2部A・第7節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
0-1
日本大学
法学部サッカー部
read more 中嶋 快

新関東りーグ2022・2部A・第7節

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
0-1
日本大学
法学部サッカー部
試合情報 2016.11.20

【新関東FL第7節】2位争い!上位対決はスコアレスドロー

新関東FL最終節

明治大学
Groovy kids
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL最終節

明治大学
Groovy kids
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.09.23

【ユニオンリーグカップ戦2017決勝】三連覇を狙う早稲田水曜サッカー会と準決勝で強豪を倒し勢いにのる早稲田CHUTARが激突!

ユニオンリーグカップ戦2017決勝

早稲田大学
水曜サッカー会
2-1
早稲田大学
CHUTAR
read more BeYonD 編集部

ユニオンリーグカップ戦2017決勝

早稲田大学
水曜サッカー会
2-1
早稲田大学
CHUTAR
試合情報 2022.07.03

【新関東カップ2022】決勝戦 優勝の座を奪ったのはどこか!?

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教
read more 山崎冬弥

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教

-PICKUP CIRCLE-