【新関東リーグ2018 1部 第3節 】 今期マガ杯王者vs今年度 at home cup ベスト4の注目の激戦!

成瀬将希

RESULTS

新関東リーグ

立教大学
サッカー愛好会
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ

 

10月21日(土)快晴の中、鹿島スポーツプラザ第1グランドにて新関東リーグ1部第3節が行われた。対戦カードは現時点5位の立教愛好会(以下:立愛)と現時点7位の慶應キッカーズ(以下:キッカーズ)の組み合わせ。

立愛は今年度のマガジン杯王者。

対するキッカーズは1部に昇格したばかりとはいえ 今期のat home cupでベスト4とお互いに実績のあるチーム同士の対戦となった。

 

28cc3ff9-47e2-4afc-a638-1769a2f983a9

 

立愛スターティングメンバー

 

f076800c-4d1d-4f14-a1d0-91c7e7b1ce02

 

キッカーズスターティングメンバー

 

前半

 

立ち上がりは様子を見ながら形を探り合う両チーム。キッカーズは4-4-2の布陣。対する立愛は4-3-3と攻撃的な布陣を敷いていた。

序盤は立愛ペース。前半6分左サイドの崩し。7番岡田(3年=國學院久我山)→2番高橋(3年=立教池袋)→そして前線の40番赤間(2年=八千代)が抜け出す。角度のないところからシュートを放つもこれは枠外へ。

続く8分立愛の攻撃。2番高橋のオーバーラップからのクロス。10番谷口(3年=桃山学院)が中でヘディングで合わせるもキーパー正面。

守備の硬い立愛。キッカーズは右サイドから攻めに行くも対人の強い立愛守備陣がそびえ立ち、キッカーズの攻撃の芽を摘んでいく。また、7番岡田と4番内海(3年=春日部共栄)のビルドアップが非常に落ち着いていてチームのリズムを作り出していた。

25分、立愛2番高橋のクロスのこぼれ球に反応した10番谷口。右足一閃するもキッカーズDF陣に阻まれる。

前半終了間際キッカーズにチャンスが訪れる。スルーパスで抜け出した53番仲(1年=渋谷幕張)が2人を交わしそのままシュート。惜しくもキーパー正面。

キャプテン伊藤(3年=慶應義塾)の落ち着いた声かけと指示により徐々にキッカーズが落ち着きを取り戻し、キッカーズの心臓43番下嶋(2年=慶應義塾)、キッカーズのファンタジスタ67番川島(2年=ヴェルディユース)を中心に攻撃の形が見え始めたところで前半が終了する。

 

3e9d43db-419d-4531-b410-c8962bbc555a

 

後半

 

0-0で後半スタート。お互いに先制点が欲しい試合展開。

10分立愛5番播磨(3年=桃山学院)がインターセプトからのミドルシュート。DF陣の果敢な攻撃参加でキッカーズゴールを脅かす。

15分立愛に決定機。FKのチャンス。7番岡田のヘディングでの折り返しに4番内海の強烈なヘディングシュート。ボールはゴールマウスを捉えたがここはキッカーズキーパー生島(1年=桐蔭)がジャンプ1番のファインセーブ。1年生がチームの危機を救う。

対するキッカーズも18分。67番川島が圧倒的なドリブルテクニックで立愛DF陣を翻弄。4人を引きつけ、代わった17番中村(1年=東京武蔵野シティ)にラストパス。倒れこみながらシュートを放つも立愛ゴールをこじ開けることはできず。

キッカーズ側にも得点の匂いがし始めキャプテン伊藤もチームを鼓舞する。普段はチームのムードメーカー的存在である伊藤だが試合では絶大なキャプテンシーを発揮する。

20分。立愛にFKのチャンス。蹴るのは4番CBの内海。ここでまさかのブレ球。会場が大きく湧く。しかしここもキッカーズ1年生キーパー生島の好判断により弾かれてしまう。

そして24分ついに均衡が破れる。立愛10番谷口の絶妙なスルーパス。これが40番赤間へ通る。これを赤間ガ冷静に決め立愛がついに先制点をあげる。

その後キッカーズも最後の猛攻を見せるもタイムアップ。注目の対戦カードは1-0で立愛の勝利に終わった。

やはり1部というカテゴリーなだけあり選手1人1人のクオリティが高く、レベルの高さを感じた試合であった。これからも1部の試合には注目していきたい。

 

4f66c4ad-b3b3-41e5-b267-389fa4972a7c

立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブの詳細を見る

Written by

成瀬将希

naruse

Keywords

Recommend

試合情報 2017.08.09

【千葉大学学内戦決勝】FORZZAが堅実な試合運びで”熱戦”を制し、本大会への切符を掴む!!

千葉大学学内戦決勝

千葉大学 FORZZA
2-0
千葉大学 TRABESSO
read more 大塚朝史

千葉大学学内戦決勝

千葉大学 FORZZA
2-0
千葉大学 TRABESSO
試合情報 2017.05.21

【新関東カップ2017 2回戦】堅守を誇った八雲がe.l.f.を完封し、強烈な一撃でゲームを締めくくる!

新関東カップ2017 2回戦

首都大学東京
八雲FC
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

首都大学東京
八雲FC
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .
試合情報 2016.10.23

【新関東FL1部第2節第4試合】今年3度目の対戦は打ち合いの末Groovy kidsが勝利

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第2節

明治大学
Groovy kids
3-2
中央大学
サッカー同好会
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】終始ゲームを支配した明治大学BeeVooが無傷の4得点で力を見せつける。

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
CRUYFF
0-4
明治大学
BeeVoo
試合情報 2020.09.21

【Memorial Cup・決勝】法政Irish VS 慶應リコタイ Memorial Cupの栄冠を手にしたのは?

Memorial Cup・決勝

法政大学 Irish
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more 大田智輝

Memorial Cup・決勝

法政大学 Irish
2-0
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2017.02.23

【専修大学学内戦決勝】専修大学Pink Monky’sがチャンスを確実にモノにし、昨年の雪辱を晴らす。

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2016.11.07

【新関東FL1部第4節】今季最注目!首位決戦は早稲田稲穂が中大フースバルを退ける。

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第4節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
2-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2017.05.24

【関西同好会トーナメント1回戦】京大理工サッカー部が2点差を追いつき、PK戦を制した

関西同好会トーナメント 1回戦

京都大学
理工サッカー部
2-2
立命館大学
FC.Tridente
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント 1回戦

京都大学
理工サッカー部
2-2
立命館大学
FC.Tridente
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】早稲田稲穂と明治体同連の激闘は稲穂に軍配!!

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.10.30

【新関東リーグ2017・1部第3節】残留のために勝ち点が欲しい早稲田グスタが中央フースバルの猛攻に耐え勝ち点1を分け合う。

新関東リーグ2017・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 斉藤 耕兵

新関東リーグ2017・1部第3節

早稲田大学
FC.GUSTA
0-0
中央大学
体同連フースバルクラブ

-PICKUP CIRCLE-