【新関東リーグ2018 1部・第4節】勝ち点2差の天王山!果たして首位は入れ替わるのか?

小川雄矢

RESULTS

新関東リーグ2018 1部 第4節

中央大学
体同連フースバルクラブ
0-0
早稲田大学
FC.GUSTA

10月27日に矢田部グラウンドCにて中央大学フースバルクラブ(以下:中央フースバル)VS 早稲田大学FC.GUSTA(以下:早稲田グスタ)の試合が行われた。

開幕から怒涛の3連勝の首位中央フースバルと2勝1分と好スタートを切った2位早稲田グスタという、波に乗るチーム同士の首位争い。

中央フースバルの首位キープか早稲田グスタの首位争奪か優勝を賭けた注目の一戦となった。

9a62539e-c602-45b7-b877-35e6afa54aeb

(中央フースバルのスターティングイレブン)113d3979-f733-43f4-a13b-5f1cc52bee59(早稲田グスタのスターティングイレブン)

前半

注目の上位対決は早稲田グスタのキックオフで、大きく中央フースバル陣内に蹴り込みスタート。

開始早々の1分、中央フースバルの連携ミスにより早稲田グスタがコーナーキックを獲得する。

8番升田(3年=専大松戸)がニアに合わせようと試みるが、これは相手ディフェンダーにクリアされる。

10分、早稲田グスタにチャンス到来。
味方からのパスをゴール前で受け取った70番金田(2年=國學院久我山)が反転しシュートを放つ。しかし、相手ディフェンダーのスライディングに阻まれた。

続く15分、早稲田グスタに最大の決定機。
右サイドでボールを繋ぎ、11番日高(3年=大分上野丘)が裏へ抜け出し、ゴール前に走り込んできたフリーの97番三橋(2年=國學院久我山)にスルーパス。
ダイレクトでシュートを放つも、中央フースバル守護神GK小川(3年=杉並FC)がビッグセーブによりゴールならず。

徐々に相手ゴール前に押し込み早稲田グスタペースで試合が進んでいく。

だが、20分、中央フースバルにも決定機。
34番外輪(2年=狛江)が相手のパスをカットすると一気に前線へ。
78番小竹(2年=新潟明訓)が収めたボールを34番外輪がドフリーでシュートを放つも、これは相手GKの真正面。

少ないチャンスを中々生かすことが出来ない。

前半終了間際に早稲田グスタがコーナーキックを獲得。
8番升田の柔らかいボールに何人か突っ込み、ゴール前で混戦になったが、ここでも中央フースバルGK小川がしっかりとボールを捉え、ピンチを救った。

ここで前半終了のホイッスル。

aae13396-584e-434b-802e-413a0c7dd6c2

中央フースバルは7番若杉(4年=新潟明訓)と27番苅部の新潟明訓中盤コンビを中心に細かいパスサッカーで攻撃を組み立てようとするが、早稲田グスタの関(2年=浦和レッズU-18)を中心とした相手ディフェンダー陣にはじき返されシュートまでが遠い。

一方、早稲田グスタは前線の11番日高や00番大竹(3年=國學院久我山)に素早い縦のパスを送り続け、いくつかチャンスを生み出すも中央フースバル1番小川を砦とした固い守備陣を崩すことが出来ない。

前半は両チーム集中した守備を目の前にゴールを奪えず、均衡したゲーム展開となった。

後半

5分、中央フースバル14番大石(4年=藤枝東)のスルーパスに39番小竹が上手く抜け出すも、早稲田グスタGK樋口(3年=宮崎西)がタイミングよく飛び出しクリア。

続いて10分、27番苅部や55番中村(3年=洛南)がロングシュートを放つも、これは惜しくも枠を捉えきれない。

前半と変わって、後半立ち上がりから中央フースバルが徐々に試合の主導権を握っていた印象。

20分、中央フースバルに決定機。
右サイドからボールを受け取った26番西出(3年=座間)がフリーの14番大石へパス。しかし、この大石のシュートは大きくゴール上へと逸れてしまった。

早稲田グスタも短長のパスを上手く織り交ぜながら中央フースバルゴール前に迫ろうとするが、中々チャンスを作りきれない。

しかし、その状況下でも4番澤田(3年=小松川)と20番関の徹底された固い守備で相手の得点を許さない。

後半終了間際、中央フースにバル再び決定機。
右サイドからのクロスを55番中村が拾って、78番小竹にパス。
これを小竹がキックフェイントで相手DF2枚の間を突破し、左足でシュート。
しかし、これは早稲田グスタGK樋口がファインセーブに止められ、またしても得点ならず。

そして試合終了のホイッスル。

5e5b5f13-b57f-4528-8728-9d3f6bbb291e

試合は互いに決定機を決めることが出来ずスコアレスドローとなった。

中央フースバルの連勝はここで途絶えてしまった。勝って早稲田グスタとの勝ち点を広げたかったところだが、差は変わらず。

早稲田グスタは勝って首位争奪といきたかったところだが、惜しくも引き分け、悔しい結果となってしまった。

残り3試合、このまま中央フースバルが首位を独走し続けるのか、それとも他力本願ではあるが、早稲田グスタが首位に入れ替わるのか、首位争いからとても目が離せない。

中央大学
体同連フースバルクラブの詳細を見る
早稲田大学
FC.GUSTAの詳細を見る

Written by

小川雄矢

ogawa

Keywords

Recommend

試合情報 2017.05.29

【新関東カップ 4回戦】明治体同連が樋下田の2得点の活躍で日大生産工を下す!

新関東カップ 4回戦

明治大学
体同連サッカー部
3-1
日本大学
生産工学部サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ 4回戦

明治大学
体同連サッカー部
3-1
日本大学
生産工学部サッカー部
試合情報 2022.07.03

【新関東カップ2022】決勝戦 優勝の座を奪ったのはどこか!?

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教
read more 山崎冬弥

新関東カップ2022決勝

中央大学
サッカー同好会
5-0
立教大学
FC立教
試合情報 2016.11.30

【全国大学同好会サッカー選手権大会準決勝】TRIOSが関西の意地を見せつけ、早稲田HUMAN撃破!

全国大学同好会サッカー選手権大会 準決勝

関西大学
FC TRIOS
1-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
read more BeYonD 編集部

全国大学同好会サッカー選手権大会 準決勝

関西大学
FC TRIOS
1-0
早稲田大学
HUMAN F.C.
試合情報 2017.06.07

【関西同好会トーナメント準決勝】鉄壁の守備を誇るCRACKSだったが、ONZEが力の差を見せつけ決勝進出

関西同好会トーナメント 準決勝

京都産業大学
ONZE
3-0
立命館大学
FC.CRACKS
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント 準決勝

京都産業大学
ONZE
3-0
立命館大学
FC.CRACKS
試合情報 2021.11.10

【新関東リーグ2021・1部第6節】今年1部に昇格した2チームが残留をかけて直接対決!貴重な勝ち点3を手にするのは!?

新関東リーグ1部・第6節

中央大学
サッカー同好会
0-1
立教大学
サッカー愛好会
read more 杉本 竣平

新関東リーグ1部・第6節

中央大学
サッカー同好会
0-1
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2017.06.04

【新関東カップ2017準々決勝】立愛が苦しみながらも逆転で体同連を下し準決勝へ駒を進める!

新関東カップ2017 準々決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 準々決勝

立教大学
サッカー愛好会
2-1
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2017.05.21

【新関東カップ2017 2回戦】堅守を誇った八雲がe.l.f.を完封し、強烈な一撃でゲームを締めくくる!

新関東カップ2017 2回戦

首都大学東京
八雲FC
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

首都大学東京
八雲FC
3-0
慶應義塾大学
F C e . l . f .
試合情報 2021.10.21

【新関東リーグ2021・1部第2節】サッカーサークル界を引っ張る2チームが激突した試合は両者一歩も引かずにドロー。

新関東リーグ2021・1部2節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 青木優太

新関東リーグ2021・1部2節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-1
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2019.10.23

【新関東リーグ2019一部・第2節】早稲田グスタが2発先制も中央フースバルが追いつき、痛み分け

新関東リーグ2019一部・第2節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2019一部・第2節

早稲田大学
FC.GUSTA
2-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2018.06.13

【新関東カップ2018準々決勝】怒涛の新関東1部崩し!!日大法学部が実力の高さを見せつけ青山理工を下す!!

新関東カップ2018

青山学院大学
理工サッカー部
1-4
日本大学
法学部サッカー部
read more 古平 翔太

新関東カップ2018

青山学院大学
理工サッカー部
1-4
日本大学
法学部サッカー部

-PICKUP CIRCLE-