【マガ杯2023・準決勝】サークル日本一へ準備万端!中央サッカー同好会が予選から無失点で決勝戦進出!

東 孝太郎

RESULTS

第41回マガジンカップ2023 準決勝

中央大学
サッカー同好会
3-0
立教大学
サッカー愛好会

9月8日から開幕した第41回マガジンカップ2023は、12日終焉を迎える。
12日は決勝戦が行われ、サークル日本一が決定する。

中央サッカー同好会A(以下:中央サカ同)はこの大会で唯一予選から一度も失点を許していない。
4番阿部真珠(3年=日大山形)と8番野田翔太(3年=甲府商業)の両センターバックを軸に堅い守備でここまで順調に勝ち進んできており、まさに盤石の状態だ。

そんな中央サカ同は準決勝で立教大学サッカー愛好会(以下:立愛)と対戦した。
立愛は準々決勝で優勝候補早稲田大学HUMAN FCを破り勢いに乗るチームだ。
大会を通じて急成長している立愛を相手にどんな試合を繰り広げるのか注目である。

中央大学サッカー同好会Aスターティングメンバー

立教大学サッカー愛好会Aスターティングメンバー

前半

試合開始直後から立愛が前線からのプレスで果敢に攻め込む。

中央サカ同はディフェンスラインからのロングボールで、9番主将の信岡光(以下:日大藤沢)と21番高田聖也(2年=真岡)にボールを送る。

序盤は互いにロングボールを使いながら様子を伺っていたが、7分にこの試合初めてのチャンスが訪れる。
立愛77番主将の高田舜(3年=駒込)の左サイドからの鋭い突破からクロスを上げると、これに64番中村凛太郎(3年=都立大泉)が反応したがうまく合わせることができない。

10分今度は中央サカ同がチャンスを迎える。
9番信岡が中央でボールを受けると、相手GKが前に飛び出していることを確認しロングシュートを放つも僅かに外れる。

中央サカ同はボールを繋ぎながら前線の9番信岡にボールを集めながら攻撃を仕掛け、試合を支配し始める。

一方の立愛は集中した守備で中央サカ同にシュートを打たせず、77番高田を中心としたカウンターでチャンスを伺う。

23分、中央サカ同は右サイドバックの58番太田爽平(2年=座間)のクロスに、9番の信岡が頭で合わせるも惜しくもゴールできない。

このまま前半終了。

ここまで中央サカ同ペースで試合が進んでいるが、シュートをそこまで打たせてもらえず立愛の集中した守備に苦戦している。
一方の立愛はここまでシュートがほとんどなく、後半に一矢報いたいところだ。

後半

開始早々試合が動く。

ロングボールに9番信岡が競り勝ち、背後に逸らしたボールに抜け出した17番滝口颯太(2年=松本山雅)がキーパーの頭上を超える技ありシュートで得点。ここまで押し込んでいた中央サカ同が先制した。

先制した中央サカ同の勢いは止まらない。
6分、左サイドからの縦パスに9番信岡がポストプレーで展開すると、72番途中出場の仲川颯一(1年=日大藤沢)と2番長友星澄(2年=実践学園)の見事な連携から2番長友が抜け出し、ドリブルで持ち込んで得点。
中央サカ同は後半の早い時間帯に追加点を奪い、勢いに乗る。

中央サカ同はまだまだ止まらない。

10分、GKのロングキックに72番仲川が競り勝つと、9番信岡がそのボールを拾い一気に抜け出して冷静にゴールに流し込む。これがゴールネットに突き刺さり、ダメ押しの3点目を決めた。

立愛は前半は集中を切らさない守備を見せていたものの、立て続けの失点で足が止まってしまい防戦一方の状態に。

そんな立愛だがまだ諦めていなかった。
途中出場の98番内藤大夢(2年=新潟明訓)と23番上田翔太(3年=都立城東)の両スピードアタッカーを中心に徐々にチャンスを演出する。

両サイドの攻撃で幾度となくコーナーキックを獲得し攻め込む立愛であったが、中央サカ同4番阿部を中心とした堅い守りで失点を許さずこのまま試合は終了。

中央サカ同はこの試合も無失点で決勝進出を決めた。

 

サークル日本一に向け、まさしく盤石の体制である。
それは堅い守備だけでなく、9番信岡を中心とした爆発的な攻撃力もその要因である。

またそんなプレイヤーを支えているのはマネージャーの存在だ。
試合中誰よりも声を出し選手を鼓舞するだけでなく、ドリンクの準備からアイシングの用意まで選手を支えている。
特に中央サカ同のマネージャーの応援には目を光らせるものがあり、今大会でも輝いている。

プレイヤーだけでなくマネージャーも含めたチームの一体感で決勝戦でも中央サカ同の雰囲気に会場を包んでくれるだろう。

決勝は9月12日13時30分より、同志社大学三つ葉キッカーズAと対戦する。

中央大学
サッカー同好会の詳細を見る
立教大学
サッカー愛好会の詳細を見る

Written by

東 孝太郎

higashi

Keywords

Recommend

試合情報 2016.12.06

【新関東FL1部入れ替え戦】明治生田がPK戦を制し、悲願の1部昇格!

新関東FL1部入れ替え戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部入れ替え戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
1-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
試合情報 2017.05.27

【新関東カップ2017 3回戦】これぞジャイアントキリング!!首都大八雲が脅威の粘りで慶應リコタイを逆転で下す!

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 3回戦

首都大学東京
八雲FC
3-2
慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
試合情報 2017.05.28

【新関東カップ2017 3回戦】”堅守の早理” 終了間際の1点で激闘をものにする!!

新関東カップ 2017 3回戦

早稲田大学
理工サッカー部
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
read more BeYonD 編集部

新関東カップ 2017 3回戦

早稲田大学
理工サッカー部
1-0
慶應義塾大学
キッカーズフットボールクラブ
試合情報 2022.12.14

【東西交流日本一決定戦2022】東の早稲田稲穂、西の同志社三ツ葉。日本一の栄冠はどちらの手に。

東西交流日本一決定戦2022

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
read more 大田智輝

東西交流日本一決定戦2022

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
0-1
早稲田大学
稲穂キッカーズ
試合情報 2018.12.04

【新関東リーグ2018・入替戦】気持ちの伝わる好ゲーム!明治大学ESPERANZAが悲願の1部昇格を果たす!

新関東リーグ2018・入替戦

明治大学
ESPERANZA
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東リーグ2018・入替戦

明治大学
ESPERANZA
1-0
青山学院大学
理工サッカー部
試合情報 2016.10.24

【新関東FL1部第2節第1試合】 中央フースバルvs立教愛好会は激しい打ち合いをするも引き分け!

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

新関東F1部第2節

中央大学
体同連フースバルクラブ
2-2
立教大学
サッカー愛好会
試合情報 2022.11.03

【アットホームカップ2022•決勝】厳しいトーナメントを制し全国を決めた両チームが優勝をかけぶつかる!!

アットホームカップ

中央大学
サッカー同好会
3-0
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
read more とーや Dしゅんぺい

アットホームカップ

中央大学
サッカー同好会
3-0
日本大学体育会スポーツ科学部サッカー部
試合情報 2016.10.31

【新関東FL1部第3節】早稲田稲穂と明治体同連の激闘は稲穂に軍配!!

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
read more BeYonD 編集部

新関東FL1部第3節

早稲田大学
稲穂キッカーズ
1-0
明治大学
体同連サッカー部
試合情報 2016.12.01

【全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦】中央フースバルが全国制覇で30thの有終の美を飾る!

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
read more BeYonD 編集部

全国大学サッカー同好会選手権大会決勝戦

中央大学
体同連フースバルクラブ
3-1
関西大学
FC TRIOS
試合情報 2019.05.31

【新関東カップ2019・3回戦】炎天下の中行われた好ゲームは慶應リコタイが競り勝つ。

練習試合

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会
read more BeYonD 編集部

練習試合

慶應義塾大学
理工学部体育会サッカー部
2-1
明治大学
生田サッカー部蹴友会

-PICKUP CIRCLE-