【ユニオンチャンピオンシップ決勝】前期王者vs後期王者のPK戦までもつれ込んだ熱戦!!

BeYonD 編集部

RESULTS

ユニオンチャンピオンシップ

早稲田大学
A.C.Campione
2-2
早稲田大学
荒友キッカーズ
10 PK 9

2019年2月20日多摩フットボールセンター・南豊ヶ丘フィールドでユニオンチャンピオンシップ決勝が行われた。

対戦カードは前期のリーグ王者A.C.Campione(以下:カンピ)と後期のリーグ王者荒友キッカーズ(以下:荒友)。カンピは後期のリーグは6位と調子が上がらず、直近の対決でも荒友が1ー0と勝利している。

しかしタイトルのかかる試合とあって両者ともアップから気合が入っており白熱した試合が予想された。

890f4c5f-87a7-4cd8-8237-12302f6bbe4e

カンピスターティングメンバー

2b31393e-7df5-4e72-9253-e327fa412e08

荒友スターティングメンバー

前半

サッカー日和の心地いい天気の中キックオフ。ロングボールを入れてそのこぼれを拾い攻撃を展開していく荒友のサッカーに対し、両サイドを広く使いそこから攻撃を仕掛けるカンピのスタイル。

両チーム共集中した入りとなり膠着状態が続くなか、試合が動いたのは前半12分。荒友の狙っていた形から前線にボールが入り、サイドハーフの荒友5番伊藤(1年=本郷)が裏に抜け出し綺麗なループシュートでゴール。

狙い通りの形からの先制点に荒友ベンチも一体となって盛り上がる。しかし喜びもつかの間、得点の3分後に前線からプレスをかけていたカンピ14番濱口(1年=星稜)が荒友ディフェンスラインのパスをインターセプト。

そのまま持ち込んで自らゴール。すぐさま同点に追いつく。それからの両チームはボールをゴール前まで運べても、両ディフェンスラインが粘り強く対応しシュートをなかなか打つことができない。

決勝戦らしいピリピリとした雰囲気の中で前半が終わる。

後半

荒友は後半から2メートル近い長身の2番西牟田(1年=本郷)を投入。ロングボールのターゲットをより明確にして、戦い方を確立する。

これに対しカンピはキャプテンの4番清野(2年=桐朋)を中心としたディフェンスラインが集中を切らさずに戦う。

後半立ち上がりの荒友5番伊藤がスピードを生かしドリブル突破を試みるも、清野の気迫のこもったディフェンスがそれを封じる。

キャプテンの気迫に応えたいカンピ攻撃陣は後半12分、11番秋間(1年=大田原)がサイドを綺麗に突破し、クロスを上げる。それをファーサイドで待っていた99番高澤(1年=拓大一)がダイビングヘッドで逆転ゴールをゲット。

これにはカンピベンチも盛り上がりこの日一番の盛り上がりを見せる。しかし荒友もチャンスを逃さない。

カンピディフェンスの一瞬の隙を逃さずドリブルを仕掛ける。これをペナルティーエリア内で倒してしまいPKを献上。

このPKを荒友99番徳原(3年=富山中部)が冷静に沈め再び振り出しに戻る。そこから両チームはセットプレーなどでゴールまで迫るも共に高い集中力でゴールを割らせず、決着はPK戦へともつれ込む。

PK戦

カンピ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
荒友     ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ×

10人目のキッカーまで続いた緊迫したPK戦はカンピのGK17番宮川(2年=早稲田佐賀)がストップ。白熱した試合を見事終わらせた。

35f641c0-ab41-4fc3-9eb1-e6a4d8779f4b

前期を制しながら、後期は6位と調子が上がらなかったカンピが見事にPKで勝ちきり、真のユニオン王者になった。

これからもユニオンリーグの熱い戦いに注目していきたい。

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

試合情報 2017.05.20

【新関東カップ2017 2回戦】日大理工が前線のフィジカルを活かして東大駒場を退ける。

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 2回戦

日本大学
理工学部サッカー部
2-0
東京大学
駒場FC
試合情報 2017.02.23

【早稲田大学学内戦決勝】終了間際に早稲田理工に追いつかれるも、いい雰囲気を保ち続けたHUMANがPK戦を制し、激戦区の早稲田を統一!

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
read more 古平 翔太

早稲田大学学内戦決勝戦

早稲田大学
HUMAN F.C.
2-2
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2017.04.23

【Guam Championship決勝戦】延長戦にもつれる好ゲーム。京産大が凄まじい勢いで試合を飲み込んだ。

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
read more 古平 翔太

Guam Championship決勝戦

東洋大学
FC.Liberte
2-3
京都産業大学
ONZE
試合情報 2018.07.11

【LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 powered by R.Project 第2節】明治学院は昨年の屈辱を晴らせるか

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第2節

早稲田大学 足猿キッカーズ
3-1
明治学院大学フットサル部 SAjugaria
read more BeYonD 編集部

LEGRO FUTSAL LEAGUE2018 第2節

早稲田大学 足猿キッカーズ
3-1
明治学院大学フットサル部 SAjugaria
試合情報 2017.03.18

【Guam Championship 鹿島Round 決勝】何度も決勝で涙を拭った法政学団連がPK戦を制し、悲願の優勝を果たす!!

Guam Championship 鹿島Round 決勝

法政大学
学団連サッカー部
1-1
早稲田大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

Guam Championship 鹿島Round 決勝

法政大学
学団連サッカー部
1-1
早稲田大学
理工サッカー部
試合情報 2017.06.02

【関西同好会トーナメント】TRIOSが京大理工を退け、準決勝に駒を進める!

関西同好会トーナメント

関西大学
FC. TRIOS
2-1
京都大学
理工サッカー部
read more BeYonD 編集部

関西同好会トーナメント

関西大学
FC. TRIOS
2-1
京都大学
理工サッカー部
試合情報 2017.02.23

【専修大学学内戦決勝】専修大学Pink Monky’sがチャンスを確実にモノにし、昨年の雪辱を晴らす。

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
read more BeYonD 編集部

専修大学学内戦決勝

専修大学
Pink Monky's
2-1
専修大学サッカー愛好会
試合情報 2017.10.23

【新関東リーグ2017・1部第2節】試合巧者立愛が強豪フースバルを4得点で下す!!

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
read more 高橋佑輔

新関東リーグ2017・1部第2節

立教大学
サッカー愛好会
4-2
中央大学
体同連フースバルクラブ
試合情報 2016.10.31

【関西同好会リーグ1部第5節】首位攻防戦は首位同志社三ツ葉が阪大同好会を下す

関西同好会リーグ1部第5節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
3-0
大阪大学
サッカー同好会
read more BeYonD 編集部

関西同好会リーグ1部第5節

同志社大学
三ツ葉キッカーズ
3-0
大阪大学
サッカー同好会
試合情報 2017.04.29

【新関東カップ2017 1回戦】主力の負傷退場がありながらもチーム全体で盛り上げた明治ESPERANZAが混戦をものにする。

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
Sunday S.C.
0-1
明治大学
ESPERANZA
read more BeYonD 編集部

新関東カップ2017 1回戦

早稲田大学
Sunday S.C.
0-1
明治大学
ESPERANZA

-PICKUP CIRCLE-