【特別企画】マガハイ髪の毛特集!その名も”マガ髪”

BeYonD 編集部

こんにちは!
今回はマガハイ特別企画ということで、
マガハイ参加者の髪型特集をしていきたいと思います!

 

「普段はオシャレな髪型なんて興味ない」

「バイトの関係で染められない」

「頭皮のダメージが怖い」

 

って方々も、気張って染めてくるようで。

 

その中でも異彩を放ち、

フォトジェニックで、ファンタスティックで、ビューティフルな髪型の

プレーヤー、マネージャーを特集しました!

 

entry no.1

マガハイ恒例のこの色!!

albumtemp

慶應キッカーズA

小林大輔(2年=暁星)
「人工芝と間違えて蹴られないように頑張ります。」

人工芝の緑色は、大会でも多く発見されています。
まさにお手本のような髪型とコメント。

今年もマガハイ始まったな〜
そんな気分でいると

 

entry no.2

albumtemp

早稲田理工サッカー部

人工芝群に出くわしました。
四人続けて人工芝のように蹴り倒したいほどに綺麗に染まっています!

 

entry no.3

マガハイ随一のイベントである開会式が今年は残念ながら雨で中止。
この大会期間、晴れた空を見上げることはできるのかと皆さん不安を抱いたでしょう。

albumtemp

中央大学サッカー同好会マイムマイム
佐々木一成(3年=札幌第一)

濁りのない青に、屈託なき笑顔!
そんな不安を吹き飛ばして私たちの心を空とともにピーカンにしてくれました!!
この後の写真撮影ではゴープロ片手に常にチームの中心にいました。

 

 

entry no.4

albumtemp

FC GUSTA
大貫杏華

雨が上がれば。そうですよね。

毛先が虹色に、綺麗に染まっています!
その背中からは、手間と苦労が垣間見れました。

 

 

entry no.5

 

albumtemp

早稲田大学FC.GUSTA

若杉晃太郎(2年=済々黌)

 

有無を言わせずパイナップルです!
ハーフタイムにお邪魔して写真を撮らせてもらいました!
前半、屈強な相手に負けず劣らず競り合っていた彼。
いくら競り負けても髪の毛だけは常に上を向いていました!!あっぱれ!!

 

entry no.6

albumtemp
早稲田大学理工サッカー部 A

大寺泰楽(2年=滝川)

 

赤いちょんまげに『420』の文字。
意味はここでは言えないと知ることはできませんでした。
彼がマガハイ後、髪が生えるまで420とどう過ごして行くのか。
気になることが多すぎて、夜も眠れず朝も起きれません。

 

entry no.7

 

albumtemp
青山学院理工サッカー部

黒澤礼央(3年=栗の木FC)

幼き頃に食べた知育菓子を連想させるこの色。
青山のオシャレ軍団は我々の常識を凌駕した、ファッションの最先端を常に疾走していますね!!

 

長いマガハイも遂に明日で最終日となりました。

みなさん最後の試合まで全力で楽しみ、夏休み最高の思い出を作ってください!!

Written by

BeYonD 編集部

beyond

BeYonD編集部です。

Keywords

Recommend

コラム 2020.09.10

【特別企画】体育会からサークルへ活躍の場を移した選手たち

こんにちは!   BeYonD編集部です。   今回は体育会からサークルへ活躍の場を移した3人の選手たちにスポットライトを当てインタビューしました。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2019.11.10

【新関東リーグ2019・1部第6節マッチハイライト】優勝争いと残留争いが2極化!運命は最終節に委ねられた!

2019年11月10日、鹿島ハイツ第5グラウンドにて新関東リーグ第6節が行われた。 今節の特徴は2つ、 「引き分けの対戦がなかったこと」 「順位変動が起きなかったこと」 である。 今…

read more 高橋佑輔
コラム 2017.07.03

【明治大学学内戦決勝】フォトギャラリー

9番井上(3年=浦和西)は確かなテクニックで前線で溜めを作り、チームに落ち着きをもたらしてきたが決勝では中々足元にボールを収めきれず。留学生クリストファーの通訳としての活躍が目立った。 …

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.26

MVとは? 〜伝えたいメッセージ〜

こんにちは、BeYonD編集部です🌻 この夏、大きな大会に参加したり、イベントを行うチームも多いのではないでしょうか🌈 そこで今回は、サッカーサークルや同好会に所属している人には馴染みの深い、モチ…

read more 中込 こころ
コラム 2017.05.26

【BMOM44】柴田拓海(3年=東山) “攻守に躍動したCRACKSの頼れるキャプテン”

【関西同好会トーナメント1回戦】 立命館大学FC.CRACKS(以下CRACKS) vs 立命館大学 FC原谷(以下原谷) 奇しくも立命館ダービーとなったこの一戦のヒーローは紛れもなくCR…

read more BeYonD 編集部
コラム 2023.03.12

【新歓記事vol.7】新入生必見!!早稲田大学サッカーサークル比較してみました!!

こんにちは!BeYonD編集部です!今回は新歓記事第7弾!早稲田大学の紹介です。圧倒的サークル数を誇る早稲田大学の中から今回調査にご協力いただいたサークルに絞り紹介していきます!早稲田大学進学予定の皆…

read more 柴田尋生
コラム 2023.03.03

【新歓記事vol.2】新入生必見‼️中央大学、青山学院大学のサッカーサークルを比較してみました!!

中央大学、青山学院大学の新入生必見!サッカーサークルを比較してみました!! こんにちは、BeYonD編集部です! 今回は昨日に引き続き、新歓記事第2弾!! 中央大学、青山学院大学のサッカ…

read more 土屋茜音
コラム 2017.05.23

【BMOM41】伊東大地(3年=勝田)長身から繰り出される多彩なプレーでチームを勝利に導く!

新関東カップ2017 2回戦東京理科大II部(以下理科大)vs日本大学経済学部サッカー部(以下日経)との試合は日経が2-1で勝利を収めた。日経が理科大DFを圧倒する場面があったがその中心にいたのが伊東…

read more BeYonD 編集部
コラム 2022.07.06

【新関東カップ2022 得点王】新谷 唯我(3年=日大三高)今大会8得点をマークし見事得点王に輝く!!

6月7月と約1ヶ月にかけて行われた新関東カップ2022で大事な場面でも大きな仕事を果たし、さらにはハットトリックを2回達成し、計8得点と驚異の得点力で見事得点王に輝いた中央大学サッカー同好会の10番新…

read more 杉本 竣平
コラム 2017.03.30

【スパイク特集vol.4】アディダスジャパンフットボール商品開発・企画担当者の山口さんにインタビュー!

ご無沙汰しております、スパイクコラムを担当いる古平です。スパイクコラムは同好会カテゴリの選手向けにスパイクの選び方などを伝授するためのものでしたが、正直なところ自分の趣味感覚で記事を作成していました。…

read more BeYonD 編集部

-PICKUP CIRCLE-